防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > 防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲の意味・解説 

防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ)

防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(「EPZEmergency Planning Zone」ともいう)とは、原子力施設からの放射性物質又は放射線異常な放出想定し、周辺環境への影響周辺住民等の被ばく低減するための防護措置短期間効率良く行うため、あらかじめ異常事態の発生仮定し、施設特性等を踏まえてその影響の及ぶ可能性のある範囲技術的見地から十分な余裕持たせ定め範囲をいう(原子力安全委員会の「原子力施設等の防災対策について」(防災指針)による)。 防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲」の関連用語

防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

緊急炉心冷却装置

研究炉

電離作用

周辺監視区域

ウラン燃料成型加工

オフサイトセンター

スリーマイル島原子力発電所事故

核燃料輸送物





防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2016 Weblio RSS