関寺の牛塔とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 関寺の牛塔の意味・解説 

関寺の牛塔

読み方せきでらのぎゅうとう

逢坂二丁目長安寺境内にある石造宝塔。昔この地に関寺という大寺があったが、平安時代中頃地震倒壊。その復旧工事の際の資材運搬用の牛が、仏の化身と噂された。牛塔は、その牛が死んだため供養にたてたものという。高さ3.3メートル鎌倉時代のもので、重要文化財

交通アクセス

京阪電車京津線上栄町駅下車山手徒歩3分

関寺の牛塔





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

関寺の牛塔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地主神社

瀬田唐橋

琵琶湖疏水の竪坑

近江八景

比良八講

法光寺

木の岡古墳群

聖衆来迎寺





関寺の牛塔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2016 Weblio RSS