竹春蘭図縁頭とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 竹春蘭図縁頭の意味・解説 

竹春蘭図縁頭

たけにしゅんらんずふちがしら
赤銅地平象嵌
江戸中期山城国京都摂津大阪
縁幅39ミリ腰高13.5ミリ
長さ35ミリ
上製落込桐箱
極上質の赤銅地をしっとりとした艶のある磨地に仕上げ、金の平象嵌の手法のみにて春蘭若竹を描き出し繊細上品な趣が横溢する作。作者江戸時代京金工界を代表する一宮長常作風一門中最も良く継承した長義である。長義は長常の実子とも養子とも伝えられているが謎が多く今後研究待たれる。作域が広く技量優れ、しかも構成力が巧みであり独自の美意識を持って作品を展開させており、この縁頭でもその美意識の高さが余すところ無く発揮されている。
竹春蘭図縁頭
竹春蘭図縁頭




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「竹春蘭図縁頭」の関連用語

1
100% |||||

竹春蘭図縁頭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

源氏香透図鐔

松樹図鐔

白鳥図小柄

菊軍鶏図大小鐔

洛中洛外図鐔

猛禽図大小縁頭

米俵図鐔

波兎図鐔





竹春蘭図縁頭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS