瑞雲透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 瑞雲透図鐔の意味・解説 

瑞雲透図鐔

ずいうんすかしずつば
時代室町時代
鉄鎚目地丸形小透
縦;83ミリ横;80.5ミリ
古刀匠に美的要素求めるのは本来の目的から逸脱ていよう。だが時と共に生じた鐔表面の錆は厚く黒色化して光沢を生み、地造りの際の目や腕抜き緒のための小透しが持つ素味わいを補ってなお高め要素となり、自ずとここに作者求め得なかった芸術性が立ち現われてくるのである本作瑞雲唐花文が陰に透かされた作で、これだけでも愉しめるが、黒く光沢の強い肌合い通して戦国時代戦野ざわめきここから聞こえてくるようである。

瑞雲透図鐔






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「瑞雲透図鐔」の関連用語

1
100% |||||

瑞雲透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

杜若紅葉図鐔

竹春蘭図縁頭

橋杭図鐔

数珠繋図鍔

立鶴図小柄

車透図鐔

猛禽図大小縁頭

獅子図小柄





瑞雲透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2016 Weblio RSS