猛虎図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 猛虎図鐔の意味・解説 

猛虎図鐔

常陸国水戸江戸後期
地竪丸形高彫
82ミリ横78.5ミリ
切羽厚さ4ミリ
水戸金工藤田元晴は泰山元孚おおやまもとざね)の門人で、正確な構図高彫を得意とする工。密に詰んだ地を肉高に彫り出して金象嵌を、深山滝水には銀象嵌を施す。虎の視線行方には、重く垂れこめた裏面)が配され、雲間身を置く龍の存在暗に示されている。
猛虎図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「猛虎図鐔」の関連用語

猛虎図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

葵葉透図鐔

獅子図小柄

立鶴図小柄

杜若紅葉図鐔

若松図鐔

松樹図鐔

梅樹透図鐔

数珠繋図鍔





猛虎図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2016 Weblio RSS