熱間鍛造とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 熱間鍛造の意味・解説 

熱間鍛造

英語 hot forging

鍛造素材加熱温度により次の3種類に大別される。(1)熱間鍛造(2)温間鍛造(3)冷間鍛造このうち、熱間鍛造は素材(材料)を加熱し、再結晶温度以上固相温度未満範囲で行う鍛造。熱間鍛造は鍛錬効果により鍛流線(ファイバーフロー)と結晶粒微細などにより、機械的性質が向上される。また材料加工性がよく、形状寸法制約少ないことから、自動車部品大型部品として、クランクシャフト、フロントアクスル、小物部品としてミッションギヤ、コネクティングロッド、ピニオンギヤなどに幅広く使用されている。しかし鍛造品高精度とともに素材占める熱間鍛造品の割合低下てきている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熱間鍛造」の関連用語

熱間鍛造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シリンダーヘッド

オイルパン

ストラットタワー

トゥデイ

自動料金収受システム

トーイン

トルネオ

クランクシャフトダンパー





熱間鍛造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS