冷間鍛造とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 冷間鍛造の意味・解説 

冷間鍛造

英語 cold forging

常温金属素材金型挿入し、所望形状成形すること。常温のため材料変形抵抗大きいので熱間鍛造比べ変形量が小さく、1回の加工による形状制約がある。しかし生産性が高い、寸法精度が高い、表面肌が滑らかなどの長所を生かして機械加工大幅短縮できて材料歩留まりも高い。プレスなどの成形機の作業環境がいいだけでなく、自動化が容易で、しかも順次加工度を上げる多段成形によってかなり複雑な形状成形できる。これらの特徴によって、自動車産業では冷間鍛造が安価な部品大量生産するプロセスとして重要である。適用範囲は、ボルトナットからトランスミッションギヤシャフトボールジョイントなど非常に広い。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

冷間鍛造

【英】cold forging

材料再結晶温度以下において,工具加圧工具形状沿って押出しまたは充満させて所定品物をつくる加工で,変形抵抗大きいという性格上,高い加工圧力が必要である。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

鍛造

(冷間鍛造 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/13 10:47 UTC 版)

鍛造(たんぞう、forging)とは、金属加工塑性加工法の一種。金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する。古くから刃物や武具、金物などの製造技法として用いられてきた。




「鍛造」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

冷間鍛造に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「冷間鍛造」の関連用語

冷間鍛造のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ユーノス800

吸気ポート噴射

シティ

スバルR-2

スパークプラグ

ポールリカール

ケネス・エリクソン

グループA





冷間鍛造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鍛造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS