河骨図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 河骨図鐔の意味・解説 

河骨図鐔

こうぼねずつば
河骨図鐔
江戸時代後期槌目地高彫色絵象嵌
縦;56ミリ横;48ミリ

東龍斎派の名工高橋良次の手になる、この派特有の造り込み佳品。良次は徳次郎と称し天保十三年生まれで、父および田中寿に学んで個性の強い作を遺し、また岡田峨を育てているが、おしむらくは明治六年三十二歳短命に終わっている。この鐔は金工鐔としては例の少な仕立て造り込みで、その地面表情濃密空気感をも思わせる地斑状に変化しており、清楚な花と肉高の鋤き出しと金色絵加え部分には珍しい鉄地を象嵌して風合い異趣持たせている。その彫り様は実体的であり、花の持つ情感が的確に表現されている。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「河骨図鐔」の関連用語

1
100% |||||

河骨図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

源氏香透図鐔

米俵図鐔

寿老人留守模様図笄

竹春蘭図縁頭

龍田川図鐔

花喰鳥図大小目貫

河骨図鐔

棕櫚図鐔





河骨図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS