洛中洛外図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 洛中洛外図鐔の意味・解説 

洛中洛外図鐔

江戸中期山城国京都
鉄石目地丸形毛彫象嵌打返
八一七六
切羽厚さ四・一
上製落し込み桐箱
鑑定書
細野左衛門まさもり政守には、主に朧銀地に毛彫平象嵌した作柄と、地を毛彫平象嵌する表現とがある。いずれも線画調で絵巻風の表現になり、細線の表情妙味感じ取ることができる。この鐔では、京都近郊取材した、晩秋東山に月の美し夕景色、淀あるいは近江膳所の城であろうかその近景、荷を積んだ牛が歩みかかる大橋裏面近江琵琶湖であろう比良山並み遠景帆掛舟の湖上と、いずれも情趣溢れ景色を的確に捉え特徴顕著表現手法で展開している。地鉄は沈んだ錆色美しく表面微細石目仕上げ渋く落ち着き強弱のある毛彫各々実際場面思い浮かべる要素となっている。金の象嵌要所にのみ配されて効果的
洛中洛外図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洛中洛外図鐔」の関連用語

洛中洛外図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

古鐔

葵葉透図鐔

月下釜洗図鐔

桐紋二引両透図鍔

杜若紅葉図鐔

龍田川図鐔

対鶴図鐔

獅子図小柄





洛中洛外図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS