櫓透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 櫓透図鐔の意味・解説 

櫓透図鐔

ろすかしつば
江戸時代初期
丸形蔭透土手耳
縦;85.8ミリ横;85.2ミリ
鍛えの強い鉄地をほぼ真丸形造りこみ、管耳式の土手耳を廻らして表面を素石目地に仕立上げ陰に表現された透し土手耳有り様武骨で、まさに戦国時代生き武将がいざと言うときの備えとして考え求め実用道具頑強な作である。
櫓透図鐔





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「櫓透図鐔」の関連用語

櫓透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三引両紋図鐔

松樹図鐔

琴柱透図鐔

花喰鳥図大小目貫

白鳥図小柄

輪違松毬菊文図鐔

千匹猿透図鐔

草図小柄





櫓透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2016 Weblio RSS