小松政夫とは?

小松 政夫

小松政夫の画像 小松政夫の画像
芸名小松 政夫
芸名フリガナこまつ まさお
性別男性
生年月日1942/1/10
干支午年
血液型A
出身福岡県
身長165 cm
体重63 kg
URLhttp://fine-stage.net/talent/小松-政夫/
ブログURLhttp://blog.oricon.co.jp/kigekijin/
デビュー年1964
靴のサイズ24.5 cm
プロフィール植木等付人経て日本テレビ系列の「シャボン玉ホリデー」でデビュー。1960年代 クレージーキャッツとの共演など、テレビ歌謡バラエティ全盛時で活躍1970年代 軽演劇出身伊東四朗との掛け合いによるコントバラエティ中心とした笑い1980年代 タモリや団しん也、イッセー尾形など、ピン芸人達との交流つちかったサブカルチャー要素が入った、一風洒落た感じ笑いお茶の間を賑わせた。1990年代以降は、数多くドラマや映画に出演俳優としての才能発揮2011年6月20日 社団法人 日本喜劇人協会10代目会長選出される。72歳になった2014年芸能生活50周年迎え、「小松政夫一座」を旗揚げ日本を代表する喜劇人として舞台テレビドラマ、映画に出演活躍続けている。
デビュー作日本テレビシャボン玉ホリディー』
代表作品1NHK連続テレビ小説 走らんか
代表作品2TBS江戸を斬る
代表作品3日本テレビハケンの品格
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

小松政夫

以下の映画小松政夫関連しています。
ムービーブラザース配給 
オンリー・ハーツ=スープレックス
オンリーハーツ=スープレックス
 


小松政夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/26 14:21 UTC 版)

小松 政夫(こまつ まさお、1942年[1]1月10日 - )は、日本コメディアンタレント俳優社団法人日本喜劇人協会会長(第10代)。本名、松崎 雅臣(まつざき まさおみ)。




  1. ^ a b NHKアーカイブス”. 2012年3月3日閲覧。
  2. ^ 朝日新聞『人生の贈りもの』より
  3. ^ a b 同社の商品「塩豆大福」のCMに起用された際、字幕で紹介された。以来、「塩豆大福」のCMに出演する。2009年1月の時点では字幕表示は消えたが、ロケの休憩中にほおばり続けるというものである。
  4. ^ a b NHK 『ラジオビタミン「ときめきインタビュー」』 本人談
  5. ^ 青島幸男 『わかっちゃいるけど… シャボン玉の頃 』(1988年9月、文藝春秋ISBN 4163426205
  6. ^ 日刊ゲンダイ 2012年12月28日付
  7. ^ 小松は、普段は植木のことを「オヤジさん」と呼んでいたが、この番組では「植木さん」と呼称した。
  8. ^ 2009年の博多祇園山笠で、NHK生中継に出演した際の本人談
  9. ^ 日本喜劇人協会の新会長に小松政夫さん” (2011年6月20日). 2011年6月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月20日閲覧。
  10. ^ 「ガ〜ッチャマン〜」の台詞を言う際には、両手の親指と人指し指で輪を作り、手を逆さに顔にマスクの様に被せて云う。


「小松政夫」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

小松政夫に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小松政夫」の関連用語

小松政夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

福士幹朗

平野聡子

菊池要

金田美香

長崎佑美

風見梨佳

中井麻美子

龍





小松政夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2015 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小松政夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS