宮崎荊口とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > 宮崎荊口の意味・解説 

宮崎荊口・此筋・千川・文鳥

みやざきけいこう・しきん・せんせん・ぶんちょう

宮崎荊口
口像

宮崎荊口は、本名宮崎左衛門大垣藩百石扶持藩士一家蕉門に入る俳諧熱心で、此筋・千川文鳥は宮崎荊口の息子達。『奥の細道』の旅で大垣到着した芭蕉を、父子揃って出迎えた。その時気分を、「蘇生の者に会う」気分であったと芭蕉は記している。
千川にあてた句「篠の露袴に掛けし茂り哉」がある。

此筋・千川宛書簡1(元禄3年4月10日)

此筋・千川宛書簡2(元禄5年12月23日)

荊口宛書簡1(元禄6年4月29日)

荊口宛書簡2(元禄6年11月8日)

此筋・千川宛書簡3     (元禄7年9月17日)

宮崎荊口父子の代表作

 荊口

の声の下なる湯殿かな

あすと云花見の宵のくらき哉(『炭俵』)

柿寺に麥穂いやしや作どり(『炭俵』)

芋喰の腹へらしけり初時雨(『炭俵』)

藪疇や穂麥にとヾく藤の花(『續猿蓑』)

物よはき草の座とりや春の雨(『續猿蓑』)

虫の喰ふ夏菜とぼしや寺の畑(『續猿蓑』)

此筋

此中の古木はいづれ柿の花

底冷えやいつ大雪朝ぼらけ

若草や松につけたき蟻の道(『續猿蓑』)

苗札や笠縫をきの宵月夜(『續猿蓑』)

此中の古木はいづれ柿の花(『續猿蓑』)

蘭の花にひたひた水の濁り哉(『續猿蓑』)

千川

麥の穂と共にそよぐや筑波山(『炭俵』)

しら梅やたしかな家もなきあたり(『續猿蓑』)

元日や夜ぶかき衣のうら表(『續猿蓑』)

年切の老木も柿の若葉哉(『續猿蓑』)

や貌をみられて笹の影

雪の夜布子かぶれば足の先

折々時雨伊吹はぬらせども

文鳥

炭の火の針ほど残る寒さかな

じか焼や麥からくべて柳鮠(『續猿蓑』)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

宮崎荊口のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

谷 木因

向井去来

高山伝右衛門

菅沼曲水

越智越人

智月

森川許六

坪井杜国





宮崎荊口のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2017 芭蕉DB All rights reserved.

©2017 Weblio RSS