宇宙戦隊キュウレンジャーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 宇宙戦隊キュウレンジャーの意味・解説 

宇宙戦隊キュウレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/20 07:29 UTC 版)

宇宙戦隊キュウレンジャー』(うちゅうせんたいキュウレンジャー)は、2017年2月12日よりテレビ朝日系列で放送されている特撮テレビドラマのタイトル、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 仮面ライダーエグゼイドがゲスト出演したSpace.7のみ石ノ森章太郎を併記。
  2. ^ a b Space.18では、同話数に登場した『特捜戦隊デカレンジャー』と『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』の世界とはパラレルワールドであること、かつキュウレンジャーの世界はジャークマターにほぼ支配されているため、警察や刑事という概念自体が存在しないことが言明されている。
  3. ^ プロデューサーの望月卓は、9人とした理由について「30分で描写できるギリギリの人数」であるからとし、シリーズ最多を目指したため人数自体は何人でも構わなかったとしている[5]
  4. ^ そのため、ジャークマターに怯える余り、自分勝手なことをする人間達に激しい怒りを見せた
  5. ^ その際にマシンは完全に大破した。
  6. ^ スーツの色が白へと変わり、背中にマントが追加されており、マスクの額部分はシシとオリオンが向かい合ったデザインとなっている。また、ベルトのバックル部分はリュウバックルと同様の金色の物へと変化している。
  7. ^ その際、既にサソリキュータマを所持していた。
  8. ^ エリードロンはキュウレンジャーとの「人質交換」の期限として指定した時間になる前にも「弱者には『死』あるのみ」として佐久間兄弟を殺そうとすると、「二人は大事な人質だから、キュータマを手に入れるまでは殺すな」と釘を刺されたためにその時は思いとどまっていた。
  9. ^ 担当声優の中井和哉は、「広島弁に似たどこかの星の言葉」と想定しており、厳密な広島弁としては演じていない[20]
  10. ^ Space.33でマゲラーに性格を曲げられた際には、生真面目な性格になっていた。
  11. ^ Sapce.28にて、ヘビツカイ座系の惑星に宝を盗みに訪れた際に、追っ手としてやってきたナーガに「感情が欲しい」と言われたことで、彼を利用して逃亡するために組んだことが明かされた。
  12. ^ 後述のヤギュウジュウベエを名乗った際は、「我輩…いや俺」と訂正していた。
  13. ^ そのほかに左胸の星の部分が「牛」になっていたり、セイザブラスターをジャケットで隠している。
  14. ^ 首と腰に紫のマフラーと腰巻を巻いている以外はヘビツカイシルバーと同じである。
  15. ^ 頭部の蛇の意匠が目と口が赤く染まっており、首と腰に紫のマフラーと腰巻を巻いている。また、胸の星の中には見開いた蛇の目が描かれており、そこからビームを出す。
  16. ^ Space.33でマゲラーに性格を曲げられた際には、押しが強いおばちゃん口調になっていた。
  17. ^ Space.33でマゲラーに性格を曲げられた際には、べらんめぇの江戸っ子口調になっていた。
  18. ^ Space.3では「了解」に代わる言葉を考えており、「オッキュー」という言葉を思いついている。
  19. ^ リュウバイオレットの一部の装甲が銀から金に変わり、腰にマントが追加されたような姿へ変わっている。また、ベルトのバックル部分は四角いバックルからキューバックルが金色になったリュウバックルへと変化している。
  20. ^ Space.11での「トモキュータマ捜索任務」では、小太郎はキューレットの抽選で選抜メンバーに選ばれなかった(コグマキュータマが出てこなかった)にも関わらず、ラッキー達に内緒でシシボイジャーのコックピット内に潜り込む。実際に選抜メンバーとして選ばれたラッキー・スティンガー・スパーダ・チャンプ・ショウはチキュウに降り立った後、オリオン号で待機しているはずの小太郎が勝手に付いてきていたことに気づき、彼をオリオン号に連れ戻そうとするも本人が頑なに拒否したため、やむを得ずショウは「命令違反をしない」という条件付きで小太郎の同行を許可した[ep 2]
  21. ^ 当初は彼の話が嘘ではないかと思われていたが、後に宇宙の歴史がジャークマターに改竄されていたことが明らかとなる[ep 15]
  22. ^ エリスによれば彼はドン・アルマゲの復活を見越して傷ついたツルギをアルゴ船で眠らせていたのかもしれないとのことだった。
  23. ^ トモキュータマはSpace.29ではラッキーが過去に到着した際に襲われたデスワームに食べられている。また、リュウコツキュータマは惑星キールの森の精霊・エリスに直接託しているが、過去が改変されたことでショウへと受け継がれ、エリスへと渡されている。
  24. ^ このため、救世主の伝説が語り継がれなくなってキュウレンジャーたちが消えかかるが、ショウが過去に残りその役目を引き継いだことで消滅を免れている。残った2つのキュータマ(ホ・リュウコツ)はショウがオライオンと同様に託している。
  25. ^ イカーゲンやリュウコマンダーから「タコは君だよ」と返されたことがあり、後者では「誰がタコだー!」と言い返している。
  26. ^ マーダッコのモアイダーが地球への不時着で大破したことに由来。
  27. ^ 穴に落ちたキュータマは任意のメンバーに送られる。
  28. ^ Space.31で感情をコントロールできるようになってからは任意で変化させられるようになった。
  29. ^ Space.9で他のチェンジキュータマのキューエナジーによりチェンジキュータマとなった。
  30. ^ 玩具ではリュウキュータマ(エンプティ)と呼称される。
  31. ^ Space.9でチェンジキュータマとなり球体部分の色が紫に変わった。
  32. ^ 巨大化してキュータマコクピットにもなる。
  33. ^ 巨大化してバトルオリオンシップの一部となる。
  34. ^ 縁の部分が他のキュータマと異なり金色になっている。
  35. ^ Space.26ではオリオン号に接続されたセイザブラスターで使用し、オリオン号を過去へ遡らせた。また、Space.29ではラッキーが自身のセイザブラスターで使用し、シシボイジャーと共に過去へ遡った。ただし、その際使ったトケイキュータマは過去へ到着すると同時にキューエナジーを消耗し切って消滅してしまった。
  36. ^ 球体部分が赤と青に色分けされており、縁の部分が他のキュータマと異なり金色になっている。
  37. ^ 分身体とともに連続使用することで多数の分身体(連続使用回数をn、出現する分身体の数をanとすると、an=2n-1となる)を出現させることもできる。また『超スーパーヒーロー大戦』ではシシボイジャーの分身体が出現している。
  38. ^ また、分身体それぞれがキュウボイジャーを召喚できる。
  39. ^ 縁の部分は元々他のキュータマと同じだったが、改造後には金色の顕微鏡型になっている。
  40. ^ 『from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ』第2話に登場。
  41. ^ 多量のキューエナジーを消費するため、回復にはかなりの時間を要する。
  42. ^ 当初は惑星ベラで祀られていた。
  43. ^ 当初は惑星キールで森の精霊・エリスが保管していた。
  44. ^ 333年前にアルゴ船を封印した後はオライオンが他の2つ(ホ・リュウコツ)と共に所持していたが、ラッキーが過去に到着した時に突如として現れたデスワームと闘い、その際に落としたトモキュータマをそのデスワームが飲み込みそのまま逃げられたため、現代(Space.11の時点)までデスワームの体内にあった。
  45. ^ 図柄のない透明な球体内部には船の造形物があり、縁の部分が他のキュータマと異なりブロンズ色(銅色)になっている。
  46. ^ Space.19ではヘビツカイシルバーにも効果があった。
  47. ^ ジャークマターの紋章が描かれている。
  48. ^ 図柄が蛇から禍々しい手に変化しており、縁の部分が他のキュータマと異なり紫色になっている。Space.31でナーガが感情をコントロールできるようになってからは任意で変化させられるようになった
  49. ^ ジャークマターの紋章が描かれている。
  50. ^ ダークセイザブラスターまたはセイザブラスターで使用することで必殺技・メタルオフューカスクラッシュを発動する。
  51. ^ Space.29でも光り輝く姿で現れたがすぐに消えている。
  52. ^ 書籍によっては、「ダークブラスター」と表記される[29][23]
  53. ^ Space.3でバランスがオリオン号とリンクさせたことで任意のキュータマを転送できるようになった。
  54. ^ ただし、3つのパーツ全てを使うのはキューソードのみで、キューレイピアとキューショットはグリップ部分のみを使用する。後の6つは2つのパーツ(グリップ部分とどちらかの剣先)のみを組み合わせている。
  55. ^ シシレッドやサソリオレンジが使用した場合もあった。
  56. ^ テレビ朝日公式サイトでの表記。玩具等ではリューバックルと表記。
  57. ^ ただし、キュータマコクピットには球体部分の図柄や番号が描かれていないが、Space.1では描かれている。
  58. ^ キュウレンジャーはコクピットに包み込まれるように搭乗する。
  59. ^ ただし、ショウはオリオンキュータマを見つけられなかったため起動できなかった。
  60. ^ ラプターがキューショットを操縦席の台座にセットして発射する。
  61. ^ オリオン砲の名前自体はSpace.10で出ていたが、非武装のオリオン号には存在しない。
  62. ^ 小太郎はフルネームではなく下の名前のみ。
  63. ^ 思い入れが強いといっても近親者や敵対者だけでなく、ガルのように自分にとってトラウマとなった姿の自分(乙女ガル)やラプターのように妄想の中の相手(自分に求婚するラッキー・スパーダ・ショウ・ツルギ)なども現れた。
  64. ^ ただし、ゼンマイを巻き終えるか闘って倒すことでその相手は消滅する。
  65. ^ エキドナや警備員などナーガ以外の全てのヘビツカイ座系惑星の住民も担当[34]。同時に複数名登場するシーンは合成で処理している[34]
  66. ^ Space.21のオープニングクレジットでは、「謎の男」と表記された。
  67. ^ 第12・15・17・19話では怪人態の声のみの出演。
  68. ^ 第9話では龍の声も担当(ノンクレジット)[39]
  69. ^ Space.1・2においてはオープニングテロップでは役名未表記。
  70. ^ オープニングテロップでは役名未表記。
  71. ^ a b c ノンクレジット。
  72. ^ Space.34では写真のみの出演で、ノンクレジット。
  73. ^ クレジットは第3話まで。
  74. ^ 仮歌では戦隊名は一切入っていなかったが、幡野の提案によりコーラスが加えられた[56][57]。幡野は『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の主題歌コーラスをイメージしたという[56]
  75. ^ イントロ部分では無く、専用の劇伴をBGMとして使用している。
  76. ^ ショウ・ロンポーのみ当初はキュータマの表示自体が無く、リュウコマンダー登場後のSpace.10より追加された。
  77. ^ Space.1はチャンプ・ハミィ・スパーダの3人で、Space.2でラッキーとガル、Space.3でバランスとナーガ、Space.5でラプター、Space.6でスティンガーという順に追加された。
  78. ^ 声優名の表示については従来通り、メインキャスト紹介後に一括で行われている。
  79. ^ 人間態のあるメンバーが出演していない回はそのメンバーの役名のみ(Space.1におけるスティンガーはノンテロップ)が表記され役者名が表示されない。
  80. ^ Space4,9,27,31ではインストゥルメンタル版と併用。
  81. ^ 出る色を連想できるもの(赤→トマト、緑→ピーマンなど)が表示される。
  82. ^ 6月18日は「第117回全米オープンゴルフ」の3日目の中継のため休止。
  83. ^ 7月16日は「第72回全米女子オープンゴルフ」の3日目の中継のため休止。
  84. ^ テレビ朝日系列での放送が休止の場合、更新休止
  85. ^ 東映全面協力のもとで制作されており、番組エンディングにはショウ・ロンポーの声を担当した神谷浩史や野球仮面の声を担当した関智一のほか、スーツアクターを担当したジャパンアクションエンタープライズや監督の佛田洋などもクレジットされている。

出典

  1. ^ a b c 東山紀之 テレ朝で日曜朝の顔、10月開始情報番組キャスターに”. スポーツニッポン (2017年7月3日). 2017年7月3日閲覧。
  2. ^ a b c 放送時間変更のお知らせ”. テレビ朝日 (2017年7月3日). 2017年7月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 宇宙船155 2016, pp. 68-69, 「宇宙戦隊キュウレンジャー」
  4. ^ a b c テレビ朝日公式サイト, スーパー戦隊シリーズ初!9人組ヒーロー誕生!|宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年2月10日閲覧)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東映HM55 2017, pp. 68-70, 取材・構成 山崎優「MAIN STAFF CROSS TALK KYURANGER 望月卓×毛利亘宏」
  6. ^ a b 東映公式サイト, PRE00 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年1月20日閲覧)
  7. ^ a b c d e f g 『スーパー戦隊Official Mook 21世紀 vol.0 41大スーパー戦隊集結!』 講談社2017年1月25日、7頁。ISBN 978-4-06-509511-9
  8. ^ a b c d e 東映公式サイト, 宇宙戦隊キュウレンジャー 第1話「宇宙一のスーパスター」 (2017年2月5日閲覧)
  9. ^ 東映HM55 2017, pp. 70-71.
  10. ^ a b c d e 宇宙船156 2017, pp. 62-63, 「[インタビュー]毛利亘宏
  11. ^ a b c d e f g h 東映HM55 2017, pp. 71-73, 取材・構成 鳥本真也「MAIN STAFF INTERVIEW KYURANGER 柴貴行」
  12. ^ a b c d e f g h i j HobbyJAPAN573 2017, p. 216, 「宇宙船H.S.S.」
  13. ^ 「こんなにきれいな甲冑着てるんだ〜」キュウレンジャー岐洲匠の珍コメントにキャスト全員がツッコミ ! | TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる !
  14. ^ テレビマガジン4 2017, p. 18, 「意思をもつ!ペガサスキュータマ」
  15. ^ a b てれびくん7 2017, pp. 10-12, 「シシレッドがヒカリキュータマでW超変身!!」
  16. ^ テレビマガジン10 2017, p. 56, 「全星座パワーさくれつ!」
  17. ^ HobbyJAPAN581 2017, p. 244, 「宇宙船H.S.S.」
  18. ^ 東映公式サイト, PRE04 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年2月27日閲覧)
  19. ^ a b c d e f 東映HM56 2017, pp. 39-43, 「KYURANGER CAST & STAFF TALK 岸洋佑×望月卓」
  20. ^ a b 宇宙船156 2017, pp. 64-65, 「[インタビュー]中井和哉
  21. ^ a b c d e 東映HM55 2017, pp. 6-9, 「KYURANGER CHARACTER FILE ヒーロー&アイテム編」
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 東映公式サイト, PRE01 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年1月20日閲覧)
  23. ^ a b c HobbyJAPAN580 2017, p. 220, 「宇宙船H.S.S.」
  24. ^ a b HobbyJAPAN574 2017, pp. 230-231, 「宇宙船H.S.S.」
  25. ^ HobbyJAPAN577 2017, p. 216, 「宇宙船H.S.S.」
  26. ^ てれびくん7 2017, p. 24, 「伝説の宇宙刑事ギャバン&デカレッドと地球を守れ!!」
  27. ^ a b c d e テレビ朝日公式サイト, キュータマ 2017年2月12日閲覧
  28. ^ a b 宇宙戦隊キュウレンジャーおもちゃ情報”. 2017年2月12日閲覧。
  29. ^ てれびくん9 2017, p. 39, 「宇宙戦隊キュウレンジャー」.
  30. ^ a b c d e テレビ朝日公式サイト, キュウレンオー 2017年2月12日閲覧
  31. ^ 宇宙船156 2017, pp. 54-57, 「宇宙戦隊キュウレンジャー」.
  32. ^ 東映HM55 2017, p. 22, 「KYURANGER CHARACTER FILE 巨大ロボ&メカニック編」
  33. ^ テレビマガジン7 2017, p. 28, 「3大宇宙ヒーローの超合体バトルだ!」
  34. ^ a b c 宇宙船158 2017, pp. 52-53, 「[インタビュー]山崎大輝」
  35. ^ 東映公式サイト, PRE11 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年4月28日閲覧)
  36. ^ テレビ朝日公式サイト, 12人目のキュウレンジャーは鳳凰がモチーフの俺様キャラ!! (2017年1月20日閲覧)
  37. ^ 「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」パンフレットより。
  38. ^ a b c d e 東映公式サイト, PRE03 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年1月22日閲覧)
  39. ^ a b c d 宇宙戦隊キュウレンジャー Space.10 小さな巨人、ビッグスター!”. 東映. 2017年4月11日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g Space.7 誕生日をとりもどせ!”. 宇宙戦隊キュウレンジャー. 東映. 2017年3月19日閲覧。
  41. ^ a b c 宇宙戦隊キュウレンジャー Space.24 俺は戦う盾になる!”. 東映. 2017年7月30日閲覧。
  42. ^ 東映公式サイト, PRE02 宇宙戦隊キュウレンジャー (2017年1月20日閲覧)
  43. ^ Andrias_japのツイート (830555386562228224)
  44. ^ Space.16 スティンガー、兄との再会”. 宇宙戦隊キュウレンジャー. 東映. 2017年5月21日閲覧。
  45. ^ Space.19 森の惑星キールの精霊”. 宇宙戦隊キュウレンジャー. 東映. 2017年6月13日閲覧。
  46. ^ 東映HM55 2017, pp. 69、79.
  47. ^ 東映公式サイト, 9人の究極の救世主 (2017年3月5日閲覧)
  48. ^ HH070306 2017, pp. 15, 巻頭大特集『宇宙戦隊キュウレンジャー』
  49. ^ 『スーパー戦隊Official Mook 21世紀 vol.05 魔法戦隊マジレンジャー』 講談社2017年7月10日、32頁。ISBN 978-4-06-509516-4
  50. ^ 東映公式サイト, 宇宙を救う3つのキュータマ (2017年4月16日閲覧)
  51. ^ キャラクターブック 2017, p. 59.
  52. ^ Space.17 闇のドームを照らしタイヨウ!”. 2017年5月28日閲覧。
  53. ^ Andrias_japのツイート (861482037483524097)
  54. ^ Andrias_japのツイート (908366932914487296)
  55. ^ Twitter /宇宙戦隊キュウレンジャー 【究極の見どころ①】”. 2017年2月2日閲覧。
  56. ^ a b c 東映HM55 2017, pp. 24-25, 取材・構成 トヨタトモヒサ「INTERVIEW 幡野智宏
  57. ^ a b 宇宙船156 2017, pp. 68-69, 「[インタビュー]幡野智宏
  58. ^ 東映公式サイト, 宇宙戦隊キュウレンジャー Space.12「11人の究極のオールスター」 (2017年4月30日閲覧)
  59. ^ スーパー戦隊41作目「キュウレンジャー」は宇宙×星座モチーフ!史上初9人組スタート - シネマトゥデイ
  60. ^ a b c 「from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ」 東映特撮ファンお馴染みのゲストの出演が決定&予告映像解禁!”. 東映 (2017年8月26日). 2017年8月26日閲覧。
  61. ^ a b c d 「キュウレンジャー」スティンガー単独スピンオフが発売!スーパー戦隊史上初めて”. シネマトゥデイ (2017年5月30日). 2017年5月30日閲覧。
  62. ^ 「キュウレンジャー」Vシネ主演の岸洋佑が歌唱、岐洲匠に「このレッドについていく」”. 映画ナタリー. 2017年9月18日閲覧。
  63. ^ a b 宇宙船158 2017, pp. 56-59, 「[インタビュー]岸洋佑」
  64. ^ 「キュウレンジャー」BD特典オリジナルマンガの表紙公開、キャストの朗読CDも付属 映画ナタリー 2017年8月17日
  65. ^ 3月10日(金)バラエティ番組『余計なお世話かもしれませんが・・・』にシシレッド登場! テレビ朝日公式サイト 2017年3月6日
  66. ^ 「キュウレンジャー」とのコラボも!スーパー戦隊大好き芸人「アメトーーク!」に初登場 cinemacafe.net 2017年7月12日
  67. ^ スーパー戦隊大好き芸人、『アメトーーク!』初登場 ORICON NEWS 2017年7月12日
  68. ^ スーパー戦隊大好き芸人 テレビ朝日公式サイト 2017年7月31日

参照話数

  1. ^ a b c d e f g h i 第1話。
  2. ^ a b c d e 第11話。
  3. ^ a b c d e f 第12話。
  4. ^ a b c d e f g h i j 第13話。
  5. ^ a b c 第15話。
  6. ^ a b c d 第16話。
  7. ^ a b 第17話。
  8. ^ a b c 第2話。
  9. ^ a b c 第3話。
  10. ^ a b c d e 第7話。
  11. ^ a b 第8話。
  12. ^ a b 第9話。
  13. ^ 第21話。
  14. ^ 第10話。
  15. ^ a b 第22話。
  16. ^ a b 第30話。
  17. ^ 第29話。
  18. ^ 第18話。
  19. ^ 第6話。
  20. ^ 第19話。
  21. ^ 第24話。
  22. ^ 第25話。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宇宙戦隊キュウレンジャー」の関連用語

宇宙戦隊キュウレンジャーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

吉野川源流の森

ターキッシュコーヒー

ジュエリー用ゲス

水雷球

ベニサンゴヤドカリ

富士

タルボサウルス・バタール

T-4





宇宙戦隊キュウレンジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙戦隊キュウレンジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS