烈車戦隊トッキュウジャーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 烈車戦隊トッキュウジャーの意味・解説 

烈車戦隊トッキュウジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 07:21 UTC 版)

烈車戦隊トッキュウジャー』(れっしゃせんたいトッキュウジャー)は、2014年平成26年)2月16日から2015年(平成27年)2月15日までテレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00(JST) に放送された、特撮テレビドラマのタイトル、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称[2]。略称は「TQG」。




注釈

  1. ^ メインライターの小林靖子はイメージとして『銀河鉄道999』を挙げている[8]
  2. ^ エンディングや次回予告はCパート終了後に続けて放送。
  3. ^ 終着駅ではメンバー自らによる個々の名乗りの後にアナウンスされる形となっている。
  4. ^ 初披露である『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』では描写が異なっている[23]
  5. ^ この理由はのちに判明する。
  6. ^ 『トッキュウジャーVSキョウリュウジャー』では、クロックシャドーの能力によって一時的に子供に戻ったが、クロックシャドーの闇で巨大化したサラマズ究極態を倒すと大人の姿に戻った。
  7. ^ ただし、『行って帰ってきたトッキュウジャー』ではヘイ大公の力で蘇った4幹部をすでに大人になった5人が倒している。
  8. ^ ただし、直後に「-100点」と採点された際は、今までにとったことのないひどい点に意気消沈していた。
  9. ^ 父親は未登場。
  10. ^ a b 演じる志尊淳と横浜流星が空手を特技としていることから設定された[12]
  11. ^ 第44駅まではイマジネーションが強すぎるせいだと思っていた。
  12. ^ 序盤ではシュバルツに人質にされる、バクダンシャドーに爆弾を仕掛けられる、タイプシャドーに夕方までの命に設定されるといった大ピンチにたびたび陥っている。
  13. ^ 劇中では詳細は語られていないが、ミオ役の梨里杏がスタッフから聞いた設定では母親不在の父子家庭であり、母親に代わってミオが炊事洗濯も務めているため、普段からしっかりしようと考えているのだという[32]
  14. ^ 劇中では詳細は語られていないが、ヒカリ役の横浜流星がメインライターの小林靖子から受けた説明では、父親は不在で母親は水商売であるという[33]
  15. ^ その際には、状況に合わせて「私は○○、私は○○」と念じた後、「××ガール」と叫ぶ。
  16. ^ その時作ったケーキは持ち帰る際に、ウィッグシャドーの攻撃を受けて一部が崩れてしまったが、残りの部分を後にみんなで切り分けて食べている。
  17. ^ トッキュウ5号役を務めたスーツアクターの野川瑞穂は「改札でSuicaをタッチする動き」を意図していたが、カグラ役の森高愛がそれを理解せずにアフレコで入れたアドリブがそのまま採用された[35]
  18. ^ 第21駅では、変身後の姿でヘルメットをかぶっている[ep 14]
  19. ^ ただし実際の保線作業で誘導業務に使用するのは、通常は誘導灯ではなく手旗である。
  20. ^ 劇中ではシャドーライン時代のザラムの立場は明らかになっていないが、明役の長濱慎がメインライターの小林靖子から受けた説明では、ザラムとシュバルツは同期であり、共に地位を昇っていたという[36]
  21. ^ メイン監督の中澤祥次郎は、投げ捨てる理由について「ザラム時代には使っていなかったから」としている[6]。演出意図としては、捨てた後に拾うという描写を入れることでユウドウブレイカーの存在を目立たせている[6]
  22. ^ 当初はトッキュウジャーのメンバーもその思い込みの激しさについていけないこともあり、ミオに「信じるより理解する方が難しそう」、トカッチに「自由すぎる」と言われたほど
  23. ^ 「(腰にタオルを巻くトカッチとヒカリに)恥ずかしがらず堂々としろ」、「どんなに熱くても温度を下げない」、「風呂上りにはコーヒー牛乳を思いっきり飲む」など。
  24. ^ その後アプリチェンジャーにも虹野明として登録された。ただし、シャドーラインの幹部や怪人からはその後も「ザラム」と呼ばれている。
  25. ^ 各メンバーが現在何色に乗り換えているのかが表示されている。
  26. ^ キュウリは、車掌を演じる関根勤が苦手な野菜でもある。
  27. ^ ライトたちを「あなた」「○○+くん」「○○+さん」と呼ぶ車掌に対し、彼は「お前」と呼び「○○」と呼び捨てる。
  28. ^ ヒカリには「自問自答でしょ」と言われている。
  29. ^ これらの車内食は当番組のために特注で作られている[44]
  30. ^ チケットのアナウンスとは違い、命令口調である。
  31. ^ 女帝として覚醒する以前のグリッタのみトッキュウジャーとの戦闘経験がない。
  32. ^ 劇場版のナイル男爵は巨大化しているが自身の能力ではないため、小林は例外的なものとしている[13]
  33. ^ ただし、当初は「お前」を用いることが多く、グリッタにはその後も用いることもある。
  34. ^ この時期、ネロ男爵はモルク侯爵に裏切り者のザラム(明)とシュバルツの始末を命じられていたため闇集めを行っておらず、ノア夫人のみがゼットに一度背いたペナルティとして闇集めを行っていた。ノア夫人はその立場を利用し、何やかやと理屈をつけてはいたが、実際には闇が大して集まらない作戦を実行し続けていた。
  35. ^ 後ろめたい気持ちもあったようで、挙式が挙げられる中、自分専用クライナーの車庫で彼女に利用したことを詫びていた。
  36. ^ この他、ゼットとの結婚式でネロ男爵に対し牽制のために目から赤い衝撃波を放ったことがある。
  37. ^ シュバルツ配下のシャドー怪人のみ登場していないが、第16駅でシュバルツはグリッタ配下のハンマーシャドーを傘下に置いている。
  38. ^ 本編では呼称されていないが、各怪人や幹部には2文字(ゼットと闇の巨獣は3文字)のカタカナと2〜5桁の数字で表記される闇形式が設定されており、テレビ朝日公式サイトで確認できる。また、同サイトでは「シャドー怪人うんちく」という雑多な裏設定が補足されている。
  39. ^ ただし、『トッキュウジャーVSキョウリュウジャー』に登場したクロックシャドーのみ放出された闇をデーボス軍の紅蓮神官サラマズに吸収されたため巨大化できなかった。
  40. ^ トッキュウジャー各自が1個ずつ所持しており、計5個存在する[51]
  41. ^ 他のトッキュウレッシャーよりかなり大きく、レンケツバズーカ以外のものには装填できない。
  42. ^ ウチマスモードではレッドとブルーのダッシュカーを弾丸として、キリマスモードではイエロー・グリーン・ピンクのダッシュカーを手裏剣として発射している。
  43. ^ 終着駅ではトッキュウ1号が乗り換えチェンジしており、その際には「オレンジ」とコールされた。終着駅を監督した竹本昇は、明が完全にレインボーライン側になったため乗り換えられるようになったとしている[39]
  44. ^ 基本的には6人のうち1人だけだが、2人以上でも使用できる(ただし、アーマーが繋がっている)。
  45. ^ エナジーレッシャーと同じく、レンケツバズーカ以外のものには装填できない。
  46. ^ 第30駅での5号と3号のみ。また3号と5号がハイパー化したのはこの1回のみであり、それぞれ単独での変身は行われていない。
  47. ^ スーパー戦隊バトル ダイスオーEXで付けられた名称。
  48. ^ この機能を使ったのは始発駅のみである[23]
  49. ^ ただし、5号は怪力ガールになりきることで使いこなしていた。
  50. ^ この機能を使ったのは始発駅のみである。アクション監督の福沢博文は、子供が楽しそうにアリを潰すような無邪気さと残虐性を表現することを意図していたが、周囲から指摘を受け、子供が真似をしないようこの描写を用いていない[23]
  51. ^ 第2駅で烈車を呼び出した際には1号がレッドレッシャーを運転できない状態(レッドレッシャーの屋根の上でサーベルシャドーと決闘中)だったため、4号の運転するグリーンレッシャーをレッドレッシャーの前部に連結し、グリーンレッシャーがレッドレッシャーを牽引するかたちで走行している。
  52. ^ 現場に到着後、テーブルシャドーの攻撃を受けて破壊された。
  53. ^ 客車内に設置されている電光掲示板も状況に応じて表示が変化する[58]
  54. ^ a b ただし、通常は2両が分割されずに一体となった(1両に見える)状態で走行している。
  55. ^ 通常は先頭車両の上段にレッド・下段にイエローとグリーン、後部車両の上段にブルー・下段にピンクが積載されている。使用する際は、下段の3台も上段に移動する。
  56. ^ ただし消滅してもその後カーキャリアレッシャーに復帰している。
  57. ^ 第15・16駅に登場したハンマーシャドーが、第16駅にてこの技を模倣したハンマースラッシュを超トッキュウオー相手に繰り出した。
  58. ^ 特撮監督の佛田洋は、イメージソースとして『太陽の季節』の障子破りを挙げている[57]
  59. ^ 『烈車戦隊トッキュウジャー超全集』では名称をトッキュウオー(シグナルシールド武装)と表記している[60]
  60. ^ トッキュウオーになるレッド、ブルー、イエロー、グリーン、ピンクの編成とディーゼルオーになるディーゼル、タンク、カーキャリアの編成およびビルドダイオーになるビルドの編成の計3編成。
  61. ^ 1両編成のシールドとドリルも含む。
  62. ^ 胸部にレッド・ブルー・グリーン、右腕にイエロー・ディーゼル、左腕にピンク・ビルド、太股にカーキャリア・タンク、右脚にポリス・シールド、左脚にファイヤー・ドリルが搭載される。
  63. ^ 隣の駅は「天河(てんが)」と「蒭藁(まぐさ)」になっている。
  64. ^ 第11駅では「風船を持った男」とクレジットされている。
  65. ^ 始発駅ではアバンタイトルでのナレーションとして出演。第19駅では「謎の声」とクレジットされている。
  66. ^ ただし正確には約15秒程度のスーパーヒーロータイムOP(劇場版公開前後の際は流れない。第39駅からは「トッキュウじゃんけん」)とアバンタイトルが数分流れた後にOPが流れるため、毎回数分遅延している。さらに「7時30分発」のフレーズが通用するのは本放送時の同時ネット局だけであるため(山梨放送北日本放送は日曜日の朝に遅れネットしているが、この2局も含めて同時刻週遅れネットはない。スーパー戦隊シリーズ#本シリーズを放映しているネット局を参照)、遅れネットの地域やテレ朝チャンネルなどの専門チャンネル、終了後の(実質も含む)再放送ではアナウンスと放送時間に矛盾が生じている(アナウンスをカットする・タイトルコールを読み上げるなどの配慮はされていない)。
  67. ^ 4号だけは転倒しかけて持ちこたえている。
  68. ^ 例:始発駅→1号、第2駅→2号、第3駅→3号、第4駅→4号、第5駅→5号、第6駅以降は1号〜5号の順に繰り返し。
  69. ^ 第45駅まで1号〜6号の順に繰り返し、第46駅での1号をもって終了。
  70. ^ 劇場版の烈車(第6・20・42駅)についてもフォーマットは同様。主な会社で、JRグループの旅客会社は西側3社(西日本四国九州)のみ登場(このため新幹線車両は山陽・九州新幹線の3車種のみ)、大手私鉄では東京メトロ東京急行電鉄近畿日本鉄道阪神電気鉄道の車両の紹介はなく(JR東日本、東急、近鉄は他事業者へ譲渡・継承された車両の登場はあった)、準大手私鉄と地下鉄はそれぞれ1車種のみ、公営事業者は3車種、非普通鉄道車両は2車種だった。また本作品とのコラボレーション(後述)を実施した4社のうち、富山地方鉄道のみ登場はなかった。一方で、Vicomの地元である九州と四国の車両は登場頻度が高かった(第27駅での再開以降は通常編成の14回中12回に登場)。またJR車のうち国鉄時代からの車両は上記3社へ継承されたものもある(例・DD51形、DE10形(ともにJR貨物所属車として紹介))。
  71. ^ 劇場版の烈車紹介に充てた場合は、楽曲のスタッフのみ。
  72. ^ 劇場版の烈車も同様。例外として第33駅で放送された「第13回日本鉄道賞特別賞の受賞報告」のみVOL.12の映像特典として収録されている。
  73. ^ EDコーナーが省略された場合でも次回予告は通常時のフォーマットを踏襲しているが、終着駅の予告のみBGMに劇伴が使用された。
  74. ^ 3月30日は特番『烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武 春休み合体スペシャル』放送のため休止。
  75. ^ 登場した1073号機は、本放送時点ですでに廃車となっている(2013年7月のイベントで本機の廃車部品販売を実施[92])。
  76. ^ JR東海との共同保有(ノークレジット)。
  77. ^ 映像に登場いたのは(解説にあった)3ドアの7050形で、実際の7000形は4ドアである。
  78. ^ 映像では1000形(中間車は2000形。詳細は当該項目を参照)が登場した。
  79. ^ 実際にHOT7000系を保有しているのは智頭急行であるが、管理はJR西日本に委託されている。
  80. ^ 6月15日は「第114回全米オープンゴルフ」3日目中継放送のため休止。
  81. ^ a b 阪急電鉄は、阪急阪神東宝グループの中核企業の一つであり、東映のライバル映画会社東宝と深い関係がある。
  82. ^ 8月3日は『林修の今でしょ!講座 夏休み生放送スペシャル』(「1日丸ごと夏祭りデー」内)放送のため休止。また同番組には、本番組よりライト(トッキュウ1号)役の志尊淳が出演した。
  83. ^ 映像は自由席車両の8000系との併結。
  84. ^ 11月2日はJAバンクスポーツスペシャル「第46回全日本大学駅伝」中継放送のため休止。
  85. ^ 映像と解説は1000・2000番台(新800系)のもの。
  86. ^ 土佐くろしお鉄道との共同運行(ノークレジット)。
  87. ^ 1月4日は『石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅 〜新春!明けましておめで富山SP〜』(朝日放送瀬戸内海放送は別番組)放送のため休止。
  88. ^ 2月1日はISILによる日本人拘束事件関連のANN報道特別番組放送のため1週順延、連動データ放送も休止(システムの都合により通常通り8日まで。これにともない、獲得ポイントは2倍となった)。
  89. ^ ただし、後姿のみ。
  90. ^ スーパー戦隊シリーズでの女性監督登板は同作品が初めてとなる[96]

参照話数

  1. ^ 始発駅「特急烈車でいこう」
  2. ^ a b 第32駅「決意」
  3. ^ a b 第45駅「君が去ったホーム」
  4. ^ 第46駅「最後の行き先」
  5. ^ a b c 終着駅「輝いているもの」
  6. ^ 第36駅「夢は100点」
  7. ^ 第20駅「笑顔は危険」
  8. ^ a b c 第33駅「カラテ大一番」
  9. ^ 第44駅「昴ヶ浜へ」
  10. ^ a b 第19駅「出発!ビルドダイオー」
  11. ^ 第25駅「おとぎ話が飛び出して」
  12. ^ 第34駅「恋は大騒ぎ」
  13. ^ 第15駅「心の中にあるもの」
  14. ^ a b 第21駅「花嫁は逃走中」
  15. ^ a b 第43駅「開かない扉」
  16. ^ 第28駅「カッコ悪いがカッコ良い」
  17. ^ 第30駅「誕生日のお祝いは」
  18. ^ 第35駅「奪われたターミナル」
  19. ^ 第18駅「君の名を呼べば」
  20. ^ 第8駅「レインボーライン大爆破」
  21. ^ a b 第17駅「雨上がりの空に」
  22. ^ 第2駅「俺たちはここにいる」
  23. ^ a b 第31駅「ハイパーレッシャターミナル」
  24. ^ a b 第26駅「銭湯で戦闘開始」

出典

  1. ^ a b 烈車戦隊トッキュウジャー 主題歌”. 日本コロムビア. 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ a b テレビ朝日公式サイト2014年1月3日閲覧
  3. ^ テレビマガジン』2014年2月号、講談社2013年12月26日
  4. ^ a b “モチーフは電車 戦隊モノ新作は「烈車戦隊トッキュウジャー」”. 東スポWeb. (2013年12月2日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/210034/ 2013年12月8日閲覧。 
  5. ^ a b 宇宙船144 2014, pp. 68-69, 「[インタビュー]中澤祥次郎
  6. ^ a b c d e f g h 公式完全読本 2015, pp. 66-68, 取材・構成 大黒秀一「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_01 中澤祥次郎」
  7. ^ 宇宙船144 2014, p. 58.
  8. ^ a b c d e f 公式完全読本 2015, pp. 8-11, 取材・構成 大黒秀一「TOQGER Cross Talk 宇都宮孝明×小林靖子」
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 公式完全読本 2015, pp. 94-101, 取材・構成 鳥本真也「『烈車戦隊トッキュウジャー』キャラクター/メカニックデザインの世界 中野拓×阿部統」
  10. ^ a b 「「いよいよ出発進行‼ 烈車戦隊トッキュウジャー」宇都宮孝明インタビュー」、『フィギュア王』No.193、ワールドフォトプレス2014年2月24日、 33頁、 ISBN 978-4-8465-3031-02014年2月25日閲覧。
  11. ^ “「烈車戦隊トッキュウジャー」目玉は掟破りの“乗り換え変身”!レッドではなく1号の理由に関係も”. 芸能ニュースラウンジ. (2014年1月26日). http://newslounge.net/archives/112964 2014年1月29日閲覧。 
  12. ^ a b c d 宇宙船147 2014, pp. 66-67, 「[インタビュー]小林靖子
  13. ^ a b c d e 東映HM51 2015, pp. 81-83, 「TOQGER SPECIAL INTERVIEW 小林靖子」
  14. ^ “「鉄道の日」実行委員会による第13回「日本鉄道賞」の受賞者の決定について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省鉄道局鉄道サービス政策室, (2014年10月1日), http://www.mlit.go.jp/common/001056631.pdf 2014年10月16日閲覧。 
  15. ^ “新型カプセル自販機「ガシャポンカン」” (プレスリリース), バンダイ, (2014年3月3日), http://www.bandai.co.jp/press/index_201403.html 2014年3月17日閲覧。 
  16. ^ トッキュウレッシャーのあそびかた
  17. ^ 12年の時を経て超合金合体ロボが復活! 総重量800gのトッキュウオーが登場 マイナビニュース 2014年7月10日、同9月19日閲覧。
  18. ^ スーパー戦隊で史上初となる敵ロボ商品化!『トッキュウジャー』クライナーロボ マイナビニュース 2014年8月22日、同9月19日閲覧。
  19. ^ 株式会社バンダイナムコホールディングス 2015年3月期(平成27年3月期)第1四半期決算短信 補足資料”. バンダイナムコホールディングス (2014年8月5日). 2016年3月14日閲覧。
  20. ^ 株式会社バンダイナムコホールディングス 2015年3月期(平成27年3月期)決算短信 補足資料”. バンダイナムコホールディングス (2015年5月8日). 2016年3月14日閲覧。
  21. ^ トッキュウジャー「トカッチ」 由来はスーパーとかち”. 十勝毎日新聞社ニュース. 2014年4月19日閲覧。
  22. ^ 公式完全読本 2015, pp. 82、91.
  23. ^ a b c d e f 公式完全読本 2015, pp. 82-83, 取材・構成 山崎優「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_08 福沢博文」
  24. ^ a b c d e LOVE! HERO 2015年[要ページ番号]
  25. ^ テレビ朝日公式サイト, テレビ朝日版公式サイト・ライト / トッキュウ1号.
  26. ^ テレビ朝日公式サイト, テレビ朝日版公式サイト・闇の皇帝ゼット.
  27. ^ 超全集 2015, p. 53.
  28. ^ トッキュウジャー「トカッチ」 由来はスーパーとかち 2014年4月19日 十勝毎日新聞社ニュースより。
  29. ^ 公式完全読本 2015, pp. 21、67.
  30. ^ a b c d e f g h i j k l 公式完全読本 2015, pp. 46-49, 「TOQGER Suit Actor's TALK_02 高田将司×五味涼子×竹内康博×野川瑞穂×浅井宏輔」
  31. ^ a b c d e 公式完全読本 2015, pp. 72-73, 「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_03 渡辺勝也」
  32. ^ 公式完全読本 2015, pp. 22-25, 取材・構成 山崎優「TOQGER Main Cast Interview 03 梨里杏」.
  33. ^ 公式完全読本 2015, pp. 26-29, 取材 豊田朋久 構成 山田幸彦「TOQGER Main Cast Interview 04 横浜流星」.
  34. ^ 公式完全読本 2015, pp. 29、70.
  35. ^ 公式完全読本 2015, pp. 31、47.
  36. ^ 公式完全読本 2015, pp. 34-37, 取材・構成 山崎優「TOQGER Main Cast Interview 06 長濱慎」.
  37. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 第16駅『危険な臨時烈車』|東映[テレビ] 2014年6月24日閲覧。.
  38. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 第18駅|東映[テレビ].
  39. ^ a b c d 公式完全読本 2015, pp. 69-71, 取材・構成 豊田朋久「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_02 竹本昇[監督]」
  40. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao 公式完全読本 2015, pp. 102-119, 質問・構成 サマンサ五郎「『烈車戦隊トッキュウジャー』クリーチャーデザインの世界」
  41. ^ キャラクターブック1 2014, p. 60, 「関根勤as車掌 CAST INTERVIEW 08」.
  42. ^ キャラクターブック1 2014, p. 61, 「プロデューサー宇都宮孝明 STAFF INTERVIEW 01」.
  43. ^ a b c 公式完全読本 2015, pp. 74-75, 取材・構成 山田幸彦「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_04 加藤弘之」
  44. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 第14駅『迷刑事、名探偵』|東映[テレビ].
  45. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.49、辰巳出版2014年5月1日、 69頁、2014年6月22日閲覧。
  46. ^ a b 手裏剣戦隊ニンニンジャー東映公式サイト 忍びの5「宇宙忍者 UFOマル!」 トピックスより
  47. ^ 超全集 2015, p. 74.
  48. ^ 宇宙船147 2014, p. 64.
  49. ^ 超全集 2015, p. 75.
  50. ^ a b c 公式完全読本 2015, pp. 50-52, 「TOQGER Suit Actor's TALK_03 蜂須賀祐一×清家利一」
  51. ^ a b c d 超全集 2015, p. 39
  52. ^ a b c 超全集 2015, p. 38
  53. ^ テレビ朝日公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 2014年8月12日閲覧.
  54. ^ 超全集 2015, p. 55.
  55. ^ 宇宙船144 2014, p. 60.
  56. ^ a b c d e f g 宇宙船150 2015
  57. ^ a b c d e f g h i j k 公式完全読本 2015, pp. 86-89, 取材・構成 鴬谷五郎「TOQGER VFX TALK_01 佛田洋」
  58. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 第8駅『レインボーライン大爆破』|東映[テレビ] 2014年4月6日閲覧.
  59. ^ a b テレビ朝日公式サイト, トッキュウオー 2016年3月9日
  60. ^ 超全集 2015, p. 97, 「放映リスト」.
  61. ^ 超全集 2015, p. 68.
  62. ^ 超全集 2015, p. 70.
  63. ^ 伊豆急ロケ通信 2015-2 (PDF) 伊豆急ロケーションサービス、2015年2月17日閲覧。
  64. ^ a b c d 芸能ニュースラウンジ D2&テニミュ俳優・志尊淳 スーパー戦隊『烈車戦隊トッキュウジャー』1号出演発表”. Mobile Media Production (2014年1月1日). 2014年1月3日閲覧。
  65. ^ 重大発表”. SHISON JUN OFFICIAL BLOG (2014年1月1日). 2014年1月4日閲覧。
  66. ^ トッキュウジャー。”. 平牧仁の今日のジンクス (2014年1月1日). 2014年1月4日閲覧。
  67. ^ あけましておめでとうございます!!”. 梨里杏 (2014年1月1日). 2014年1月3日閲覧。
  68. ^ 1月1日”. 横浜流星 オフィシャルブログ (2014年1月1日). 2014年1月4日閲覧。
  69. ^ 森高愛 公式プロフィール”. TEN CARAT (2014年1月1日). 2014年1月4日閲覧。
  70. ^ 長濱慎オフィシャルブログ「春夏秋冬」”. 雨上がりの空に (2014年6月22日). 2014年6月22日閲覧。
  71. ^ a b 東映公式サイト & 2014年5月4日閲覧, 第12話『虹の定期券』
  72. ^ a b c 初の列車モチーフ『烈車戦隊トッキュウジャー』お披露目 関根勤、38年ぶり戦隊シリーズ出演”. Oricon Style (2014年1月26日). 2014年1月26日閲覧。
  73. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 第2駅『俺たちはここにいる』|東映[テレビ] 2014年2月16日閲覧.
  74. ^ a b c d “梨里杏 二十歳は烈車戦隊トッキュウジャーに捧げたい! 現場で志尊淳に困ってる!?”. 芸能ニュースラウンジ (モバイルメディアプロダクション). (2014年1月26日). http://newslounge.net/archives/112891 2014年1月26日閲覧。 
  75. ^ k_sato_fjcの2014年3月15日のツイート2017年9月15日閲覧。
  76. ^ http://profile.ameba.jp/super-kazuki-3/
  77. ^ 宮負潤(パワー・ライズ公式サイト内のプロフィール)”. パワー・ライズ. 2017年9月15日閲覧。
  78. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 78-79, 取材 大黒秀一 構成 編集部「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_06 大和屋暁[脚本]」.
  79. ^ a b c d e f g h i 東映ヒーローMAX VOL.48 2014年[要ページ番号]
  80. ^ 公式完全読本 2015, pp. 44-45, 「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_01 押川善文」.
  81. ^ 取材・構成 山田幸彦「東映ヒーロー仮面俳優列伝 VOL.17 高田将司」、『東映ヒーローMAX』VOLUME 55(2017 WINTER)、辰巳出版2017年3月10日、 74-79頁、 ISBN 978-4-7778-1831-0、 雑誌コード:66118-18。
  82. ^ a b c d 公式完全読本 2015, pp. 56-57, 「TOQGER Suit Actor's TALK_05 中田裕士」
  83. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー東映公式サイト、第3駅「思いこんだら命がけ」 メイキングより.
  84. ^ フィギュア王 VOL.197 2014年[要ページ番号]
  85. ^ a b c d 公式完全読本 2015, pp. 53-55, 「TOQGER Suit Actor's TALK_04 岡元次郎×日下秀昭」
  86. ^ 東映ヒーローMAX VOL.49 2014年[要ページ番号]
  87. ^ 公式完全読本 2015, p. 15, 取材・構成 豊田朋久「TOQGER Main Cast Interview 01 志尊淳」.
  88. ^ キャラクターブック1 2014, p. 77.
  89. ^ a b c d e f ハイパーホビー』2014年2月号、徳間書店2013年12月28日
  90. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー東映公式サイト、第5駅『消えた線路の向こうがわ』 トピックスより.
  91. ^ 東映エージェンシー『烈車戦隊トッキュウジャー』では、下記をご協力頂ける鉄道事業者様を募集しております。」、スーパー戦隊ネット、2014年3月24日閲覧。
  92. ^ JR貨物 輪西工場公開イベント in 室蘭 (PDF)”. 日本貨物鉄道 (2013年7月11日). 2016年7月27日閲覧。
  93. ^ “「烈車戦隊トッキュウジャー」が第13回 日本鉄道賞 特別賞を受賞!” (プレスリリース), 東映公式サイト, (2014年10月15日), http://www.toei.co.jp/release/tv/1204372_963.html 2014年10月19日閲覧。 
  94. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ46 だいけっとう!アイとなみだのいちげき|東映[テレビ] 2014年1月19日閲覧。
  95. ^ 東映ビデオ:「帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー」特集
  96. ^ 東映公式サイト, 烈車戦隊トッキュウジャー 第27駅『新たな力を』|東映[テレビ].
  97. ^ 北総鉄道、『烈車戦隊トッキュウジャー』番組撮影が縁で記念乗車券を発売!”. マイナビニュース (2014年2月10日). 2014年10月22日閲覧。
  98. ^ 鉄道戦隊ヒーローと鉄道4社局がコラボ!合同スタンプラリー実施 東京都交通局 2014年7月8日、同8月28日閲覧。
  99. ^ 京急線にトッキュウジャー列車 スタンプラリー開催中 朝日新聞 2014年8月11日、同8月28日閲覧。
  100. ^ 『トッキュウジャー』ラッピング列車に関根勤が感激「まさにレインボーライン」 マイナビニュース 2014年7月14日、同8月28日閲覧。
  101. ^ 「烈車戦隊トッキュウジャー」をデザインした特急サザンを運行 南海電気鉄道 2014年9月18日
  102. ^ 南海10000系に「烈車戦隊トッキュウジャー」ラッピング railf.jp(交友社) 2014年10月6日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

烈車戦隊トッキュウジャーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「烈車戦隊トッキュウジャー」の関連用語

烈車戦隊トッキュウジャーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タチイバラ

FOMA F905i

竜が丘俳人墓地

くまで

越前和紙

920SH

絹扇

ブラックフェース





烈車戦隊トッキュウジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの烈車戦隊トッキュウジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS