嘗糞とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 呉越春秋 > 嘗糞の意味・解説 

しょう ふん しやう- [0] 【嘗

〔「呉越春秋勾践入臣外伝」にみえる,越王勾践が呉王の糞をなめて,病がなおるだろうといったという故事から〕
人にへつらって,少しもその恥を知らないこと

嘗糞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/25 08:29 UTC 版)

嘗糞(しょうふん、サンプン、상분)とは、人間便を舐めて、そのによって診断する方法。古代中国朝鮮半島李氏朝鮮時代まで行われたともいわれる。儒教では、親に対して行う場合孝行の一種ととらえられ、説話が残されている。


[ヘルプ]


「嘗糞」の続きの解説一覧





嘗糞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「嘗糞」の関連用語

嘗糞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大津算盤

メラナイト

Gマーク

スブリンツ

南原穴堰

役牌

お祭り

マグネット式クラスプ





嘗糞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嘗糞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS