副流煙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > > 副流煙の意味・解説 

ふくりゅう えん ふくりう- [3] 【副流煙】

火をつけたタバコから立ちのぼる煙。特に,喫煙者周囲にいる非喫煙者吸い込む煙のこと。
「副流煙」に似た言葉


副流煙

読み方ふくりゅうえん

たばこを吸う際に発生する煙のうち、たばこの先端燃焼部分から立ち上る煙のこと。

 たばこの煙は、喫煙者の口を通して吸い込まれるものを主流煙呼び先端点火部分から立ち上る煙を副流煙と呼びます。副流煙は主流煙よりも有害成分多く含まれていることが分かっています。主流煙フィルター通って酸性になり、いくぶん刺激少なくなっていますが、副流煙は燃焼温度が低く十分な酸素供給されないため不完全燃焼になりやすく、またフィルター通っていないため有害成分濃度が高くなります。ニコチンタールで数倍、アンモニア至って数十倍にもなるといわれています。発がん性物質も副流煙の方が多いことが分かっています。受動喫煙で主に問題にされるのはこの副流煙ですが、周囲の人が吸い込む煙には喫煙者が一旦吸い込んで吐き出した煙も含まれています。これは呼出煙と呼ばれます。


副流煙、間接喫煙

【仮名】ふくりゅうえん
原文secondhand smoke

燃焼しているタバコ製品から出ている煙と喫煙者が吐き出した煙のこと。副流煙を吸い込むことを不随意喫煙受動喫煙などと呼ぶ。「environmental tobacco smoke環境タバコ煙)」、「ets」とも呼ばれる

副流煙

火のついたたばこから立ち上る煙。喫煙者フィルター通して吸う主流煙より、間接的吸い込む副流煙のほうが有害物質多く含まれている。

受動喫煙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/09 17:09 UTC 版)

(副流煙 から転送)

受動喫煙(じゅどうきつえん、passive smoking)とは、喫煙により生じた副流煙(喫煙者が吸い込む主流煙に対してたばこの先から出る煙)、呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)を発生源とする、有害物質を含む環境たばこ煙(ETS)に曝露され、それを吸入することである。間接喫煙(かんせつきつえん)、二次喫煙(にじきつえん)、セカンドハンドスモーク(second-hand smoke)ともいう。




[ヘルプ]
  1. ^ Winickoff JP, Friebely J, Tanski SE, Sherrod C, Matt GE, Hovell MF, et al. Beliefs about the health effects of "thirdhand" smoke and home smoking bans. Pediatrics. 2009 Jan;123(1):e74-9.
  2. ^ e-ヘルスネット 健康用語辞典
  3. ^ a b 受動喫煙の測定方法 (PDF)”. 国立がん研究センターがん情報サービス. pp. 8ページ. 2010年10月14日閲覧。
  4. ^ 新たな職場における喫煙対策のためのガイドラインの策定について 厚生労働省2003年5月9日
  5. ^ 有害微小物質PM2.5の環境基準案固まる 2009年7月2日
  6. ^ a b c d 2006 Surgeon General's Report—The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke
  7. ^ World No Tobacco Day 2007 WHO 2010年9月28日閲覧。
  8. ^ 受動喫煙原因による死亡 全世界で年間60万人に ミクスonline 2011/01/31 医学誌「THE LANCET」1月8日号
  9. ^ タバコ製品の有害性に関する世界医師会声明 日本禁煙学会 2010年9月28日閲覧。
  10. ^ 厚生労働省・受動喫煙防止対策について
  11. ^ Surgeon General of the United States (1972年). “The Health Consequences of Smoking: A Report of the Surgeon General” (英語). アメリカ国立衛生研究所. pp. pp.119-150. 2010年12月15日閲覧。
  12. ^ アメリカ合衆国環境保護庁 (1992年12月). “Respiratory Health Effects of Passive Smoking: Lung Cancer and Other Disorders (PDF)” (英語). アメリカ合衆国環境保護庁. 2010年12月15日閲覧。 - 日本語の要約:受動喫煙の呼吸器系への健康影響:肺がんとその他の疾患の要約” (日本語). 厚生省のTOBACCO or HEALTH : 最新たばこ情報. 2010年12月15日閲覧。
  13. ^ たばこ・喫煙に関する日本たばこ産業株式会社の見解等 (PDF)” (日本語). 日本たばこ産業. pp. 28 (2005年11月8日). 2010年12月15日閲覧。 - The New York Times (20 July 1998) 2 pp. に掲載された判事のコメントを引用している。
  14. ^ Luckhurst, Tim (2005年11月29日). “Passive thinking is fatal” (英語). Times Online. 2010年12月13日閲覧。
  15. ^ "PROTECTION FROM EXPOSURE TO SECOND-HAND TOBACCO SMOKE Policy recommendations"、WHO、2007年6月(NPO法人日本禁煙学会による和抄訳)
  16. ^ Tobacco Industry Interference with World Health Organization's research on passive smoke and cancer.
  17. ^ WHO Report of the Committee of Experts on Tobacco Industry Documents July 2000 Tobacco Company Strategies to Undermine Tobacco Control Activities at the World Health Organization.
  18. ^ タバコ産業等から資金を受けている人を講師としない要請』、NPO法人 日本禁煙学会(2008年3月3日)
  19. ^ 厚生省保健医療局:平成10年度喫煙と健康問題に関する実態調査報告書, 1999
  20. ^ U.S. Bureau of the Census 2005; Centers for Disease Control and Prevention, National Center for Health Statistics.
  21. ^ a b 「中学生向け防煙教材マニュアル」 3 中学生向け防煙教材 <基礎知識編> 妊娠・出産・育児とたばこ (PDF)”. 東京都福祉保健局. pp. 31ページ. 2010年10月14日閲覧。
  22. ^ 大和浩、関連資料:本研究成果の新聞・インターネット等報道記事、「わが国の今後の喫煙対策と受動喫煙対策の方向性とその推進に関する研究」、p.56、pp.58-59厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業) 平成20年(2008年)度研究 総括報告書
  23. ^ 大和浩「受動喫煙」『リビング北九州』西日本リビング新聞社、2008.5.31
  24. ^ 山本哲正「ベランダ喫煙効果なし—室内での受動喫煙防げず」東京新聞第6面記者の目、2008年11月17日
  25. ^ Living with a smoker increases mortality among non-smokers. BMJ 2007;334:841.
  26. ^ [1]禁煙広報センター
  27. ^ [2]薬事日報
  28. ^ International Agency for Research on Cancer. Monographs on the Evaluation of the Carcinogenic Risk of Chemicals to Humans: Tobacco Smoking. 1986.
  29. ^ U.S. Environmental Protection Agency. Respiratory Health Effects of Passive Smoking: Lung Cancer and Other Disorders. 1992.
  30. ^ Hackshaw AK, Law MR, Wald NJ. The accumulated evidence on lung cancer and environmental tobacco smoke. BMJ 1997 Oct 18;315(7114):980-8.
  31. ^ National Cancer Institute. Health Effects of Exposure to Environmental Tobacco Smoke: The Report of the California EPA. Smoking and Tobacco Control Monograph No.10. 1999.
  32. ^ Office of the Surgeon General, U.S. Department of Health and Human Services. Women and Smoking. 2001.
  33. ^ Office of the Surgeon General, U.S. Department of Health and Human Services. The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke: A Report of the Surgeon General. 2006.
  34. ^ 国際肺癌学会「禁煙」東京宣言
  35. ^ 受動喫煙と肺ガンの関連についての声明 - 日本呼吸器学会
  36. ^ HIRAYAMA, T. Lung cancer in Japan: Effects of nutrition and passive smoking. In: Mizell, M., Correa, P. (eds). Lung Cancer: Causes and Prevention Deerfield Beach, Florida, VCH, 1984, pp. 175-195.  HIRAYAMA, T. Passive smoking: A new target of epidemiology. Journal of Experimental Clinical Medicine 10(4):287-293,1985
  37. ^ GlLLlS, CR., HOLE, D.J., HAWTHORNE, V.M., BOYLE, P. The effect of environmental tobacco smoke in two urban communities in the west of Scotland. European Journal of Respiratory Diseases 65(Suppl. 133):121-126,1934.
  38. ^ U.S. Department of Health and Human Services. The Health Consequences of Involuntary Smoking. A Report of the Surgeon General. Rockville (MD): U.S. Department of Health and Human Services, Public Health Service, Centers for Disease Control, Center for Health Promotion and Education, Office on Smoking and Health, 1986. DHHS Publication No. (CDC) 87-8398.
  39. ^ Wells AJ. Passive smoking as a cause of heart disease. Journal of the American College of Cardiology 1994;24(2):546-54. ほか
  40. ^ U.S. Department of Health and Human Services. Women and Smoking. A Report of the Surgeon General. Rockville (MD): U.S. Department of Health and Human Services, Public Health Service, Office of the Surgeon General, 2001.
  41. ^ Office of the Surgeon General, U.S. Department of Health and Human Services. The Health Consequences of Involuntary Exposure to Tobacco Smoke: A Report of the Surgeon General. 2006.
  42. ^ Otsuka R, Watanabe H, Hirata K, Tokai K, Muro T, Yoshiyama M, Takeuchi K, Yoshikawa J. Acute effects of passive smoking on the coronary circulation in healthy young adults. Journal of the American Medical Association 2001;286(4):436-41. ほか
  43. ^ 受動喫煙の死者、年間6800人=職場が半数超、禁煙化を-厚労省研究班
  44. ^ 受動喫煙 年間6800人死亡NHK9月28日 12時7分
  45. ^ 受動喫煙で死亡、年間6800人 過半数は職場で被害朝日新聞社2010年9月29日1時37分
  46. ^ WHO Framework Convention on Tobacco Control
  47. ^ 外務省ホームページたばこの規制に関する世界保健機関枠組条約
  48. ^ 厚生労働省ホームページ厚生労働省健康局長通知
  49. ^ 脱タバコ社会の実現に向けて2008年3月4日 日本学術会議
  50. ^ 「飲食店全面禁煙」通知…厚労省 都道府県などに 中央省庁対策見直しも 2010年2月26日 読売新聞
  51. ^ 毎日新聞、自民議連:「受動喫煙防止法案」骨子案 罰則付きの法整備、http://mainichi.jp/select/news/20150903k0000m010067000c.html
  52. ^ “舞台上の喫煙に賠償請求「観客の健康害した」 イスラエル”. 産経新聞. (2009年12月15日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091215/erp0912150843002-n1.htm 2010年3月12日閲覧。 
  53. ^ 「受動喫煙で健康被害」 積水ハウス社員が提訴 朝日新聞 2011年12月12日
  54. ^ Schick S, Glantz S. (2005). “Philip Morris toxicological experiments with fresh sidestream smoke: more toxic than mainstream smoke.”. Tob Control. 14 (6): 396-404. PMID 16319363. 
  55. ^ International Agency for Research on Cancer. IARC Monographs on the Evaluation of the Carcinogenic Risk of Chemicals to Humans: Tobacco Smoking. Vol. 38. Lyon (France): International Agency for Research on Cancer, 1986.
  56. ^ a b International Agency for Research on Cancer. IARC Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans: Tobacco Smoke and Involuntary Smoking. Vol. 83. Lyon (France): International Agency for Research on Cancer, 2004.
  57. ^ Anderson KE, Carmella SG, Ye M, Bliss RL, Le C, Murphy L, Hecht SS. Metabolites of a tobacco-specific lung carcinogen in nonsmoking women exposed to environmental tobacco smoke. Journal of the National Cancer Institute 2001;93(5):378–81.
  58. ^ Hecht SS, Ye M, Carmella SG, Fredrickson A, Adgate JL, Greaves IA, Church TR. Metabolites of a tobacco-specific lung carcinogen in the urine of elementary school-aged children. Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention 2001;10(11):1109–16.
  59. ^ Bennett WP, et al. Environmental tobacco smoke, genetic susceptibility, and risk of lung cancer in never-smoking women. J Natl Cancer Inst 1999 Dec 1;91(23):2009-14.
  60. ^ 日本循環器学会ホームページ日本循環器学会 禁煙宣言
  61. ^ 日本口腔外科学会ホームページ日本口腔外科学会禁煙推進宣言
  62. ^ 日本癌治療学会ホームページ日本癌治療学会 禁煙宣言
  63. ^ 日本呼吸器学会ホームページ受動喫煙と肺ガンの関連についての声明
  64. ^ 新居浜市医師会ホームページWHO事務局長声明和訳
  65. ^ 『Bulletin of theWorld Health Organization』2000年の「78(7):938-942(classic)」
  66. ^ Multicenter case-control study of exposure to environmental tobacco smoke and lung cancer in Europe
  67. ^ IARC Press Releases 7 April 2000Tobacco Industry Interference with World Health Organization's research on passive smoke and cancer
  68. ^ WHO Report of the Committee of Experts on Tobacco Industry Documents July 2000 Tobacco Company Strategies to Undermine Tobacco Control Activities at the World Health Organization
  69. ^ WHOたばこ産業文書に関する専門家委員会報告書(化学物質問題市民研究会による和訳)
  70. ^ タバコ煙と受動喫煙の発がん性に関する国際ガン研究機構モノグラフ(2004年)
  71. ^ カリフォルニア州環境保護庁:Air Resources Board
  72. ^ Steven H Woolf. Tobacco money, the BMJ, and guilt by association. BMJ 2003;327:E236
  73. ^ Environmental tobacco smoke and tobacco-related mortality in a prospective study of Californians, 1960-98. BMJ 326, 1057-1061 (2003).
  74. ^ How dangerous is passive smoking? BUPA investigative news - 27 May 2003 written by Rachel Newcombe, reporter for BUPA's Health Information Team
  75. ^ 2006年米国公衆衛生局長官年次報告(英文)
  76. ^ 2006年米国公衆衛生局長官年次報告(日本呼吸器学会による和訳)
  77. ^ ヤフーヘルスケア「受動喫煙がアルツハイマー病のリスクを増大」
  78. ^ ロイター 関連記事
  79. ^ JTホームページ JTの環境中たばこ煙に関する見解
  80. ^ フィリップ・モリス社ホームページフィリップ・モリス社の環境中たばこ煙に関する見解
  81. ^ ブリティッシュ・アメリカン・タバコ ホームページ
  82. ^ R.J. レイノルズ社ホームページ(英文)
  83. ^ United States v. Philip Morris” (英語). UCSF Library (2006年). 2010年12月15日閲覧。 - "Final Opinion" pp.1384
  84. ^ 厚生労働省「受動喫煙防止対策のあり方に関する検討会報告書」







副流煙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「副流煙」の関連用語

副流煙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エビスグサ

海燕22

9ピン

FLSTN

グランディスオオクワガタ

そり

B747

クロシェ





副流煙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2016 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
環境再生保全機構環境再生保全機構
Copyright, 2016 Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの受動喫煙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS