人格主義とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 主義 > 人格主義の意味・解説 

じん かくしゅぎ [5] 【人格主義】 〔personalism〕

人格実在価値の最高原理とする考え宗教では,「人格は全自然のなかでもっとも完全なもの」と述べたトマス=アクィナス言葉にその萌芽要素見られ哲学では自律的人格絶対的尊厳認めカント倫理学などが顕著な例。

人格主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/06 05:14 UTC 版)

人格と人格主義を考察する学問として、存在論倫理学心理学教育学がある。以下は倫理学上の解説である。 人格主義(personalism, Personalismus)は人格(person, personality, Person, Persönlichkeit)を最も価値あるものとする思想である。


  1. ^ 不断の努力による向上が人格主義の特徴であるとともに、そこに非難も集中する。どこまでも向上を目指すことの意味への疑問や目指すことの漠然としていることへの疑問など。人格向上は文明人として大前提になることであり、取り立てて説とすることもない、といった批判もある。人格主義者と言われる人の中にも、これを積極的には主張しない人もいる。例えば、フランス系の人格主義者。
  2. ^ ①現にある人格(現状の人格と進行中の人格)、②あるべき人格(目標としての人格)の二つとする考えもある。その場合、前者と後者の言葉を変える手法が採られる。例えば、前者は人格(person, Person)、後者は人格性(personality, Persönlichkeit)。
  3. ^ 人格主義の成立にキリスト教が大きく貢献したことは事実である。ただ、神を前提とすることが人格主義と相容れるかは議論のあるところである。
  4. ^ マックス・シェーラーは当初新カント派であったが、その後エドムント・フッサール現象学の影響を受け、新カント主義を離脱したと言われる。しかし『倫理学における形式主義と実質的価値倫理学』の第2部においては、カントの人格主義の精神は受け継がれている。
  5. ^ その他、フランス系の人格主義者と擬せられる者としては、メーヌ・ド・ビランドニ・ド・ルージュモン、ガブリエル・マルセルなどがいる。
  6. ^ 明治時代における学的な人格主義研究の経緯を詳細に研究したものに、佐古純一郎『近代日本思想における人格観念の成立』(朝文社、1995年)がある。主としてイギリス理想主義から日本人学者への影響を追求したものに、行安茂『近代日本の思想家とイギリス理想主義』(北樹出版、2007年)がある。
  7. ^ 新渡戸は第一高等学校校長として、人格主義、理想主義を鼓吹し、多くの卒業生に影響を与えた。新渡戸の人格主義は教育学的人格主義と言える。各種新渡戸伝参照。
  8. ^ 阿部の人格主義はリップス『倫理学概論』(1899年)によっている。
  9. ^ 河合の人格主義はカントとグリーンによるところが大きい。河合は『トーマス・ヒル・グリーンの思想体系』(1930年)を書いたし、カントについてはほぼ全著作を原著で解読し、まとめる寸前に病死した。


「人格主義」の続きの解説一覧





人格主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人格主義」の関連用語

人格主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コマツナギ

PC-98XL2

十王村の水

ヒュンダイ クーペ

ビーノ

アカダイショウ

ロシェ

剪定バサミ





人格主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人格主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS