人格主義心理学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 人格主義心理学の意味・解説 

人格主義心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/29 01:50 UTC 版)

人格主義心理学は、ウィリアム・スターンの研究対象とした心理学の一つ。主知主義的にひとの人格を分析することを特徴とした。児童心理学への視野も確保して、知覚の発達段階に言及した『幼児心理学』、『児童言語』を著した。スターンは自身の基本的観点を、人格主義的-発生論的観点とよんだ。




「人格主義心理学」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

人格主義心理学に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人格主義心理学」の関連用語

人格主義心理学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカンフットボール

携帯ストラップ金具

オオバギボウシ

ホワイトスティルトン・マンゴー&ジンジャー

BMW X3

その他の樹木畑

サンジミニャーノ

ファンシータキシード





人格主義心理学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人格主義心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS