レ・ミゼラブルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > レ・ミゼラブルの意味・解説 

レ ミゼラブル 【Les Misérables】

ユゴー長編小説1862年刊。一片パンを盗んだ罪で投獄され,世間対す憎悪燃え出獄したジャン=バルジャンが,ミリエル司教教えによって改心し,世の不幸な人のために尽くす。邦訳黒岩涙香訳「噫無情(ああむじよう)」がある。

レ・ミゼラブル

原題:Les Miserables
製作国:イタリア フランス
製作年:1957
配給:中央映画
スタッフ
監督:Jean Paul le Chanois ジャン・ポール・ル・シャノワ
原作:Victor Hugo ヴィクトル・ユーゴー
脚色:Rene Barjavel ルネ・バルジャヴェル

Jean Paul le Chanois ジャン・ポール・ル・シャノワ
撮影:Jacques Natteau ジャック・ナトー
音楽:Georges Van Parys ジョルジュ・ヴァン・パリス
美術:Serge Pimenoff セルジュ・ピメノフ
キャスト(役名
Jean Gabin ジャン・ギャバン (Jean Valjean
Daniele Delorme ダニエル・ドロルム (Fantine)
Bernard Blier ベルナール・ブリエ (Javert)
Serge Reggiani セルジュ・レジアニ (Enjolras)
Andre Bourvil アンドレ・ブールビル (Thenardier)
Silvia Monfort シルヴィア・モンフォール (Eponine)
Giani Esposito ジャンニ・エスポジト (Marius
Beatrice Altariba ベアトリス・アルタリバ (Cosette
Jimmy Urbain ジミー・ウルバン (Gavroche)
解説
ヴィクトル・ユーゴー原作を「みどりの学園」のジャン・ポール・ル・シャノワ監督映画化した作品脚色ルネ・バルジャヴェルとル・シャノワの共同撮影ジャック・ナトーが受けもっている音楽ジョルジュ・ヴァン・パリス出演するのは「可愛い悪魔」のジャン・ギャバン、「殺意の瞬間(1956)」のダニエル・ドロルムベルナール・ブリエフェルナン・ルドウセルジュ・レジアニアンドレ・ブールビルシルヴィア・モンフォールベアトリス・アルタリバジャンニ・エスポジトジミー・ウルバン等。テクニカラー・テクニラマ。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ジャン・バルジャンジャン・ギャバン)はツーロンの獄で重労働に従った。一片パン盗み、五年の刑を言渡されたのだ。が、脱獄で刑が重くなり、十九年がそこで過ぎた。--出獄後、職を求めて流れ歩いた。デイニュで、司教ミリエルは彼を暖く迎えいれた。朝、彼の姿はなく、銀の食器もなかった。彼は憲兵に捕えられてきた。司教銀器さしあげたのだと、ジャン弁解保証した。司教二本銀の燭台彼に与えた。彼は自分行為を恥じた。--数年後、モンルイユにマドレーヌという大工場主が現れた。慈善家で、人望集め市長にさせられた。新任刑事ジャベール(ベルナール・ブリエ)は彼にどこか見覚えがあった。荷馬車の下から馭者を彼が強い力助けだしたとき、ジャベールはツーロンジャン思いだした。看守息子だったのだ。ジャンには、煙突掃除少年から銀貨強奪した罪で終身懲役待っている。彼は市長告発した。が、ジャンはすでに捕えられていた。昔の仲間証言もあった。マドレーヌ氏は身辺整理し、その法廷名乗りでた。自分に似ていたため無実の罪を着た男を助けだすために。しかし、ジャン脱獄したのだ。なぜなら、ファンティーヌ(ダニエル・ドロルム)という娼婦と、その死に際固い約束あったから。彼女の幼い娘コゼットを、欲ばりの宿屋亭主テナルディエ(アンドレ・ブールビル)から引取るのだ。彼はそれを果すと、ジャベールの追跡逃れパリ修道院コゼット隠れ住んだ。一八三二年、王党派共和派対立で、パリの街は不穏だった。ジャン成長したコゼットベアトリス・アルタリバ)と街でパンを盗んだ少女群衆から救ったが、その父はテナルディエだった。コゼットは気づかなかった。その隣室には、コゼット毎日公園でみかける青年マリウスジャンニ・エスポジト)が住んでいた。テナルディエはワーテルローの戦い夜盗を働いたとき、マリウスの父を助けことがあるマリウスはアンジョラ(セルジュ・レジアニ)の指揮する革命派の蜂起に加わった。相愛コゼットを残して。ジャンコゼットの心を知り、マリウスを救おうとバリケードに行った。そこには警部ジャベールが捕えられていた。身柄をあずかったジャンは彼を逃してやった。戦いののち、バリケード落ちた。アンジョラは死んだ。ジャンは傷で失神したマリウス背負い、下水道をつたって逃げた。出口で、ジャベール一味が待っていた。ジャンマリウスをその祖父の家まで運び、それから縛につこうとした。外のジャベールの姿が消えていた。彼は河へ身を投げた。マリウスコゼット結婚した。ジャンマリウス自分過去告げた。マリウス彼に姿を消してくれと頼んだ。後になってマリウス命の恩人ジャンであることを知った。彼はコゼットをつれ、ジャンを訪ね、ゆるしを乞うた。が、そのときすでにジャン病いにおかされていた。彼は二人祝福すると、大往生をとげた。その枕頭には、あの二本燭台がかざられてあった。

レ・ミゼラブル

原題:
製作国:日本
製作年:1950
配給:東映
スタッフ
監督:伊藤大輔 イトウダイスケ
製作:マキノ光雄 マキノミツオ
脚本:棚田吾郎 タナダゴロウ

舟橋和郎 フナハシカズオ
構成:八木保太郎 ヤギヤスタロウ
企画:坪井与 ツボイアタエ

西原孝 ニシハラタカシ

岡田寿之 オカダカズユキ
撮影:石本秀雄 イシモトヒデオ
音楽:伊福部昭 イフクベアキラ
美術:小池一美 コイケカズミ
キャスト(役名
早川雪洲 ハヤカワセッシュウ (岩吉ジャン・バルジャン))
薄田研二 ススキダケンジ (熊谷(ジャベル))
東野英治郎 トウノエイジロウ (長吉(テナルディエ))
岸輝子 キシテルコ (お六(テナルディエの妻))
早川富士子 ハヤカワフジコ (小雪コゼット))
小夜福子 サヨフクコ (お絹(ファンティーヌ))
浪路はるか ナミジハルカ (お新(エポニーヌ))
原保美 ハラヤスミ (山内マリウス))
小沢栄 オザワサカエ (安藤(アンジョーラ))
沼田曜一 ヌマタヨウイチ (村上
三雅島夫  (吉三(ブルーヴェ))
青山杉作 アオヤマスギサク (神保(ジルノルマン))
東山千栄子 ヒガシヤマチエコ (お咲(トウサン))
村瀬幸子 ムラセサチコ (婆や(サンプリス))
北林谷栄 キタバヤシタニエ (女監督(ヴィクトリニヤ))
F・シュバリエ  (ミリエル司教
M・L・トルーヌ  (バテイヌ老嬢
解説
早川雪洲帰朝第二回目の作品として東横企画し、マキノ光雄が製作を担当している。ヴィクトル・ユーゴー不滅大作「レ・ミゼラブル」に取材してこれを日本化し、その構成には、「きけわだつみの声(1950)」や「軍艦すでに煙なし」の構成を受け持った八木保太郎当り脚本は、「きけわだつみの声(1950)」の舟橋和郎、それに棚田吾郎協力している。監督は、洲の第一作品遙かなり母の国」を監督した伊藤大輔が再びメガホン取っている。撮影は「われ幻の魚を見たり」の石本秀雄音楽伊福部昭俳優陣は洲の他には、コゼットの役に早川雪洲愛嬢早川富士子初出演し、その他小夜福子原保美を除く他は、殆ど新劇界のヴェテランでかためている。他にフランス映画輸出組合F・シュバリエ氏、フレンチ・ミッションのM・L・トルーヌ嬢などの特別出演がある。第一部第二部の前後篇からなっている。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
第一部〕一の飯を盗んだために十九年間牢獄生活を送らなければならなかった岩吉は、大政奉還大赦令により出獄したが、世間彼に冷たかった。そして危く再び悪に走ろうとしたときミリエル司教は、彼に暖い手をのべ、無限の神の愛を教えた。天刑病として人々忌み嫌われている男を救ったことから、岩吉は、改良絣の織機操作伝授され、事業徳行以って知られる福岡県第三区長松野栄一として更生したのも暫くのことで、自分の前名岩吉の名を負って重罪裁判にかけられる男のいるのを知ると、苦悶したが、ミリエル司教教え思い出して自ら名乗り出て罪に服することになった。しかし唯一の心がかりは、転落の女お絹と、彼女に救ってやると約束したその娘小雪のことであった。折しも護送船が難破したのに紛れ脱出小雪無頼漢長吉の手から救い出して、何処へともなく姿を消して行った。月日流れた。〔第二部〕その間に、徳川幕府打倒に立った西郷隆盛が、自ら作った明治政府への不満から反旗をひるがえし、薩摩志士続々上京東京の巷も物情騒然たるものがあった。こうした中にも岩吉強く生き抜き藤崎万作と名乗って、富裕な生活を営んでいた。小雪美しく成長して、志士山内恋仲であった。岩吉はそれを知るといい知れない淋しさに襲われた。その上福岡以来彼の身を追っている法律権化のような熊谷警部の手が再び身辺に迫って来た。無頼の長吉一家は、彼に執拗につきまとって、その娘のお新は、山内横恋慕をしかけるのであった。捕手に追われて山内が傷ついて倒れ、これを介抱する小雪必死有り様見て岩吉は若い二人愛情負け、その山内助けようとして流れ弾に当った。そのとき彼は追って来た熊谷をも許した。熊谷は、初め岩吉偉大な人格触れ人間愛と法との板ばさみになり、そのどちらをも取り得ない自分を恥じて自決した。小雪山内とのささやかな結婚の日、鳴り響く教会鐘の音聞きながら岩吉全てを失って後初めて得た神の光を仰ぎながら静かにその生涯を閉じた。

レ・ミゼラブル

原題:Les Miserables
製作国:フランス
製作年:1996
配給:ワーナー・ブラザーズ映画配給
スタッフ
監督:Claude Lelouch クロード・ルルーシュ
製作:Claude Lelouch クロード・ルルーシュ
脚本:Claude Lelouch クロード・ルルーシュ
撮影:Claude Lelouch クロード・ルルーシュ
音楽:Francis Lai フランシス・レイ

Philppe Servain フィリップ・セルバン

Erik Berchot エリック・ベルショー

Didier Barbelivien ディディエ・バルブリビアン

Michel Legrand ミシェル・ルグラン
美術:Jacques Bufnoir ジャック・ビュフノワール
編集:Helene de Luze エレーヌ・ド・リューズ
衣装(デザイン):Dominique Borg ドミニク・ボルグ
録音:Harald Maury 
字幕:松浦美奈 マツウラミナ
その他:Philippe Pavans de Ceccatty フィリップ・パヴァンス・ド・セカッティ

Berto ベルト
特別出演:Jean Marais ジャン・マレー

Jean Marais ジャン・マレー

Micheline Presle ミシュリーヌ・プレール

Darry Cowl ダリー・カウル

Daniel Toscan du Plantier ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ
キャスト(役名
Jean Paul Belmondo ジャン・ポール・ベルモンド (Henri Fortin(pere et fils))
Jean Paul Belmondo ジャン・ポール・ベルモンド (Jean Veljean)
Michael Boujenah ミシェル・ブジュナー (Andre Ziman
Alessandra Martines アレッサンドラ・マルチネス (Elise Ziman
Annie Girardot アニー・ジラルド (Thenardiere fermiere)
Clementine Celari クレマンティーヌ・セラリエ (Catherine
Clementine Celari クレマンティーヌ・セラリエ (Fantine)
Philippe Leotard フィリップ・レオタール (Thenardier fermier)
Rufus リュフュ (Thenardier 1830
Rufus リュフュ (Thenardier 1900
Rufus リュフュ (Thenardier fils 1944)
Nicole Croisille ニコール・クロアジール (Thenardiere 1830
Nicole Croisille ニコール・クロアジール (Thenardiere 1900
Ticky Holgado ティッキー・オルガド (“Addition”)
William Leymergie ウィリアム・レイメルジー (“Tour Eiffel”)
Philippe Khorsand  (L'inspecteur)
Philippe Khorsand  (Javert)
Salome(Salome Lelouch) サロメ (Salome Ziman
解説
ヴィクトル・ユゴー不朽の名作『レ・ミゼラブル』に想を得て激動の20世紀生き抜く人々の姿を描く大作メロドラマ監督・製作・脚本は「男と女」「愛と哀しみのボレロ」などのメロドラマ名手クロード・ルルーシュいわゆる撮影担当者クレジットはなく、照明監督としてフィリップ・パヴァンス・ド・セカッティが、ロケーション・ユニット・カメラマンとしてベルトクレジットされている。音楽は「男と女」「白い恋人たち」などルルーシュとは名コンビで知られるフランシス・レイ、「シェルブールの雨傘」「プレタポルテ」などの巨匠ミシェル・ルグランという二大巨頭に加えフランシス・レイ作曲主題歌「レ・ミゼラブルの歌」を歌うのはパトリシア・カース主演は「勝手にしやがれ」など、ヌーヴェルヴァーグ以降フランス映画最大スタージャン=ポール・ベルモンドで、「ライオンと呼ばれた男」に次いでルルーシュと組んだ。本作ではジャン・ヴァルジャンの現代版ともいうべき主人公とその父、さらに劇中劇として語られるユーゴー原作のジャン・ヴァルジャンの三役扮する共演は「赤ちゃんに乾杯」のミシェル・ブジュナーバレリーナ出身のアレサンドラ・マルティンヌほか。さらに「魅せられて」のジャン・マレー、「修道女」のミシュリーヌ・プレール、名脇役コメディアンダリー・カウルといった往年のスターベルモンド息子ポール・ベルモンドら、ゲスト出演陣も豪華95年ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞受賞
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1899年大晦日深夜醜聞巻き込まれた伯爵ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ)が逃亡中に自殺した。逃亡助け運転手のアンリ・フォルタン(ジャン=ピエール・ベルモンド)が状況証拠から伯爵殺害嫌疑を受け、有罪になる。フォルタンの妻カトリーヌクレマンティーヌ・セラリエ)と幼い息子アンリノルマンディー海岸にある居酒屋でなんとか職を得る。彼女は吝嗇で残酷な主人ギヨーム(ルフュ)にこき使われながら夫の再審のため懸命に金を稼ぎギヨームの手引きで売春までするが、アンリ脱獄失敗して命を落とす彼女は夫の後を負って自殺し、息子アンリだけが遺される。1918年成長したアンリボクシングチャンピオンになり、養父ギヨームから独立した。彼はその後1931年までチャンピオン地位守り引退してトラック運送屋になった。同じ1931年バレリーナエリーズ(アレサンドラ・マルティネス)は弁護士の卵アンドレ・ジマン(ミシェル・ブジューナー)と結婚した。1939年第2次世界大戦パリドイツ占領下になり、ユダヤ人ジマン夫妻ノルマンディー引っ越す。その運送屋がアンリ・フォルタン(ベルモンド二役)だった。ノルマンディーも安全でないと知った夫妻は、アンリスイス国境まで運んでくれるよう頼む。道中文盲アンリセーヌ川古本屋ダリー・カウル)から買った『レ・ミゼラブル』を読んでくれるようアンドレに頼む。力持ちの彼は、まるでジャン・ヴァルジャンだとよく人に言われていたのだ。前科者ジャン・ヴァルジャン(ベルモンド三役)が田舎司教ジャン・マレー)の慈愛触れ人間らしさ取り戻す物語を聞いたこの日から、アンリ・フォルタンは小説のヴァルジャンのように、自分でなく人間愛のために生きていくことを決意する。アンリジマンの娘サロメサロメ)をカトリック寄宿学校預ける。修道院長ミシュリーヌ・プレール)はサロメユダヤ人見抜きつつも彼女を庇護する。アンリお蔭で国境にたどり着いたジマン夫妻だが、逃がし屋独軍通じており、亡命ユダヤ人たちは虐殺される。アンドレ重傷を負うが、近所農家夫婦もの(アニー・ジラルドフィリップ・レオタール)に匿われる。一方捕虜になったエリーズ独軍慰安婦になることを拒否し、ドイツ強制収容所へ。アンリペタン派の刑事(フィリップ・コルサン)に捕らえられ拷問にあうが、同じ房にいた強盗団(ティッキー・オルガドほか)に助けられ脱走強盗団はゲシュタポから情報得て空襲警報中の邸宅盗みに入るのが仕事アンリ助けられた義理から嫌々ながら手を貸す。そこへ連合軍上陸作戦の噂が入り一同はさっそくレジスタンス鞍替えする。ノルマンディーにあるギヨーム居酒屋は、今では息子(ルフュ=三役)が経営しているが、その海岸こそ連合軍の上陸地点だった。一同居酒屋に着いた翌朝作戦始まりアンリ居酒屋裏手にあるトーチカ爆破して英雄になる。やがてパリ解放され、仲間別れアンリは、ギヨームの店で働いていた青年マリウスと共にパリ郊外リゾート風のレストランを買う。ジマン夫妻未だ行方不明で、アンリサロメ引き取る。実はアンドレはまだ地下に籠もったままだった。匿ってくれた夫婦の妻の方が彼に恋し嫉妬しながらも妻から離れられない夫が、ドイツ軍勝利という嘘を吹き込んで彼を引き止めていたのだ。アンリ福祉などに力を尽くし地域尊敬集め市長から自分後任にと頼まれる。強制収容所生き残ったエリーズ・ジマンが戻りサロメ親子再会を果たす。だがそこへアンリ昔の仲間が匿ってくれと言って現れ、彼らを追ってかつてアンリ拷問した元ペタン派の刑事もやって来る。アンリは血に飢え昔の仲間が許せず、最後に逮捕協力すらするが、逮捕される。刑事アンリ裁判にかければ自分の対独協力も白日のもとに晒される悟り、いったんはアンリを殺そうとするが、アンリ善良さに自らを恥じて自殺する。しかしアンリ刑事殺し濡れ衣まで着せられそうになった。そのころスイス国境山中ではアンドレ・ジマンを匿っていた夫婦がついに殺し合いアンドレ初め戦争が終わっていたことを知る。アンリ留守中にその店を支えエリーズと、それにサロメ再会したアンドレは、一家大恩アンリ弁護引き受ける。無罪をかち取って数年後市長になったアンリ美しく成長したサロメマリウス結婚式執り行うのだった

レ・ミゼラブル

原題:Les Miserables
製作国:アメリカ
製作年:1997
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
スタッフ
監督:Bille August ビレ・アウグスト
製作:Sarah Radclyffe サラ・ラドクリフ

James Gorman ジェームズ・ゴーマン
原作:Victor Hugo ヴィクトル・ユーゴー
脚本:Rafael Yglesias ラファエル・イグレシアス
撮影:Jorgen Persson イェルゲン・ペーション
音楽:Basil Poledouris バジル・ポールデュリス
美術:Anna Asp アンナ・アスプ
編集:Janus Billeskov Jansen 
衣装(デザイン):Gabriella Pescucci ガブリエラ・ペスクッチ
字幕:戸田奈津子 トダナツコ
キャスト(役名
Liam Neeson リーアム・ニーソン (Valjean
Geoffrey Rush ジェフリー・ラッシュ (Javert)
Uma Thurman ユマ・サーマン (Fantine)
Claire Danes クレア・デインズ (Cosette
Hans Matheson ハンス・マセソン (Marius
Reine Brynolfsson レイ・ブリノフソン (Captain Beauvais
Peter Vaughan ピーター・ボーガン (Bishop
解説
ジャン・バルジャン波乱万丈人生を描いた大河ロマンビクトル・ユーゴー名作ああ無情』の映画化監督は「ペレ」「愛と精霊の家」の名匠ビレ・アウグスト脚本は「死と乙女」のラファエル・イグレシアス。製作は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のサラ・ラドクリフと、「山猫は眠らない」のジェームズ・ゴーマン撮影イェルゲン・ぺーション、編集のヤヌス・ビレスコフ=ヤンセン美術アンナ・アスプアウグスト作品常連衣裳は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のガブリエラ・ペスクッチ出演は「マイケル・コリンズ」のリーアム・ニーソン、「シャイン」のジョフリー・ラッシュ、「ガタカ」のユマ・サーマン、「レインメーカー」のクレア・デーンズほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1812年フランス仮出獄したジャン・バルジャンリーアム・ニーソン)は老司教(ピーター・ボーン)のところから銀食器盗み警察に捕まるが、この出来事でバルジャンの心は変化する。9年後。バルジャンは市長になっていた。そこへかつて彼に鞭をふるったジャベール警部ジェフリー・ラッシュ)が赴任してきた。その頃、職を追われたファンテーヌ(ユマ・サーマン)は娼婦となったが、いさかい逮捕されてしまう。事情を知ったバルジャンは病身の彼女を手厚く看護する。同じ頃、バルジャン逮捕知らせを耳にした彼は、自分本物のバルジャンだと名乗り出る。再び追われる身となった彼は死の淵のファンテーヌに娘を引き取ることを誓う。彼女の娘コゼット連れ出しパリ潜入し、修道院庭師として働くことになった。10年後、二人俗世界居を構える。そこでコゼットクレア・デーンズ)は青年革命家リーダーマリユスハンス・マセソン)と愛し合うようになる。市街戦起こりマリユスらに囚われたジャベールをバルジャンは解放する。だが今度負傷したマリユス背負ったバルジャンをジャベールが逮捕する。死を決意したバルジャンが目にしたものは、自ら川に身を投げるジャベールであった。

レ・ミゼラブル

原題:Les Miserables(1917)
製作国:アメリカ
製作年:1917
配給:
スタッフ
監督:Frank Lloyd フランク・ロイド
原作:Victor Hugo ヴィクトル・ユーゴー
キャスト(役名
William Farnum ウィリアム・ファーナム (Jean Valjean
Hardee Kirkland ハーディー・カークランド (Javert)
Edward Elkas  (Thenardier)
Kittens Reichert  (Cosette
Jewel Carmen ジウエル・カーメン (Cosette (Grown up))
解説
仏の文豪ヴィクトル・ユーゴー氏が国外追放されて居る時、1858年より1862年迄の5年間を瞑想思索とに費して完成したのがこのレ・ミゼラブル(惨めなる人々)である。熱烈なる共和党員なる父よ生れ追放令を受けた老将軍と還俗した老牧師との家庭教育を受け、詩人としてはロマンティック運動の主将であり、政客としては民主派であり、主義よりも寧ろ熱情の人であった彼ユーゴー脳裏に、最も鮮かに浮んだ所のものは実に社会の底に呻吟する惨めな人々の姿であり、彼等作り出し社会缺陥であり、彼等が漂う時運流れであた。『法律風習とによってある永劫社会的処罰存在し、斯くして人為的地獄文明のさなかに拵え聖なる運命を此世の不運によって紛糾せしむる間は、また賤民一階級による男の退歩飢餓による女の墜落闇黒による子供萎縮、それら3つの時代の問題解決されない間は、また、ある方面に於て、社会的窒息が可能である間は、また、言葉換え言えば、そしてなお一層広い見地りすれば地上無智悲惨とがある間は、かかる物語は恐らく無盆であるまい』と作者は言っている。この人道的大作品を映画劇化したフォックス会社の『レ・ミゼラブル』が1917年発売されてから、吾人深くその輸入待った最近日活社が巨額を投じて購入近く公開する運びとなったのは深く喜ばしく思う所である。殊に『惨めなる且つ偉大なる男』ジャン・ヴァルジャンに扮した性格俳優第一人者ウィリアム・ファーナム氏の真に精錬された技芸全篇見られるに於ておやである。氏の対的はコゼット扮する可憐なジウエル・カーメン嬢。監督最近ゴールドウィンに於る近作十三号室』や『白銀の群』が紹介されたフランク・ロイド氏である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
赤貧洗うが如き百姓のジャン・ヴァルジャンは、餓に迫った姉を助けたいの一念から、せっぱ詰って一片パンを盗んだ為、捕えられて5年の刑に処せられる入獄後彼は自分の罪が重過ぎるとの念が絶えず、人を憎み世を呪って度々脱獄を計ったために悠々19年春秋獄裡に過して、放免されたのは1815年10月の事であった。刑餘の人よと世間の者から対手にされず、幾日諸処彷徨した後ディーニュの町へ辿りつき、ミリエル僧正の許に一夜の宿求める。そこで、さしもに兇悪だったジャン・ヴァルジャンも、崇高な僧正人格に打たれ、改悟してモントルーイ・スチュール・メイルの町へ行きマドレーヌ称して新しい清い生活に入る。次第富祐にもなり人々からも尊敬されはては、たっての勧め市長就任し、工場を営む傍ら慈善事業を怠らなかった。彼はある時我が工場女工一人ファンティーヌが聞く憐れ事情から渝落の路に入ろうとして捕縛されたのを救って病院に入れてやる。哀れの女は今はの際に今テナルディーエの許に預けてある、我が子コゼット世話呉々も頼んで世を去った。頃しもあらぬ男がジャン・ヴァルジャンとして裁判されるのを聞いて彼は敢然我こそ真のジャンと名乗って出る。職務の外に目のない冷酷無情巡査部長ジャヴェルはかねて市長をジャン・ヴァルジャンと疑っていたが、かくと聞くと早速市長逮捕に向かった。しかしジャンはファンティーヌとの約束があるので跡を晦まし逃亡する。そしてテナルディーエの許で虐待されている少女コゼットをとり返しパリへ帰って世を忍びつ平和な生活に入って10年歳月は夢と流れた。花の様に美しく天使様に気高いコゼットは、温い人情を持った事のないジャン・ヴァルジャンに、如何に慰め喜び与えた事であろう革命志士貴族の子なるマリユスコゼット恋仲となるが、彼の祖父が許さぬので絶望余り革命に加わって、頃しも1832年大革命起るや、彼は銃を執って戦った。密偵として革命軍中入込んだヂャヴェルは捕えられ銃殺されんとした時、人もあろうにジャン・ヴァルジャンに救い出される。マリユス重傷を受けて倒れたが、ジャンは彼を救けて苦心の末彼が祖父の家へ担ぎ込んだ。途中で出逢ったジャヴェル先刻の彼が義気感じて彼を見逃した。やがて傷の癒えたマリユスと、コゼットとの華燭の典は挙げられる。我が任務が了りしと思ってかジャン・ヴァルジャンはやがて崇高にして而も少なかりし彼の一生を終えて浄き長き眠りに入った。

レ・ミゼラブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/11 16:00 UTC 版)

レ・ミゼラブル』(Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴー1862年に執筆したロマン主義フランス文学大河小説。原題 Les Misérables は、「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する。




[ヘルプ]
  1. ^ 約2フラン、この時代は1フラン=20スー(鹿島茂著『「レ・ミゼラブル」』百六景より)
  2. ^ 当時と現在では物品により物価が異なるが、仮に食費基準で1フラン=2,000として現在の価格に換算すると、20万円。
  3. ^ 脚注2.と同様に換算すると、300万円。
  4. ^ プティ・ピクピュス通り62番地にある常時聖体崇拝を基本思想とするベルナール派修道院。修道院がなくなった後、パリ改造によりリヨン駅になったとされる。なお、プティ・ピクピュス通りという地名はユーゴーの創った架空の地名である。
  5. ^ 脚注2.と同じように計算すると11万4000円。
  6. ^ 脚注2.と同じように計算すると、約12億円。
  7. ^ 1823年までは宿屋があり、マリユスが父の遺言に従って宿屋を訪ねた1827年には宿屋は破産していた。
  8. ^ ロピタル大通り (Paris-l'Hôpital) 50番・52番地にある巨大なあばら家。生活苦にあえぐ者ばかりが住まう。管理人はビュルゴン婆さん (mame Burgon)。ヴァルジャンとコゼットが一時住んでいた頃の管理人の老婆の後を継いだ。
  9. ^ 脚注2.と同様に換算すると、4,000万円。
  10. ^ 脚注2.と同様に換算すると、月2万円。
  11. ^ “Gamin”。ユーゴーの著作『クロード・クー』で初めて登場した、浮浪少年を意味するユーゴーの造語。
  12. ^ 脚注2.と同様に換算すると、月16万円
  13. ^ 脚注2.と同様に換算すると6000円。
  14. ^ 鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』(文春文庫)など
  15. ^ Mould, Michael, The Routledge Dictionary of Cultural References in Modern French, Taylor & Francis, 2011, p.112.; . Berg, William, Imagery and Ideology: Fiction and Painting in Nineteenth-Century France, Associated University Presse, 2007, p.106.


「レ・ミゼラブル」の続きの解説一覧





レ・ミゼラブルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

レ・ミゼラブルに関連した本

レ・ミゼラブルに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レ・ミゼラブル」の関連用語

レ・ミゼラブルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




レ・ミゼラブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレ・ミゼラブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS