ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANETとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANETの意味・解説 

ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET

原題:
製作国:日本
製作年:2002
配給:松竹
スタッフ
監督:北浦嗣巳 キタウラツグミ
製作:迫本淳一 サコモトジュンイチ

東聡 アズマサトシ

角田良平 

児玉守弘 コダマモリヒロ

門川博美 カドカワヒロミ

天野彊二郎 アマノヤジロウ

河井常吉 カワイ

濱田純一 ハマダジュンイチ
製作総指揮:円谷一夫 ツブラヤカズオ
プロデューサー:吉田剛 

佐藤明宏 サトウアキヒロ

河野聡 カワノサトシ

間瀬泰宏 マセヤスヒロ

丸谷嘉彦 マルヤヨシヒコ

水尾芳正 ミズオ

鵜沢道彦 ウザワミチヒコ

小松崎孝一 コマツザキコウイチ
脚本:長谷川圭一 ハセガワケイイチ

川上英幸 カワカミヒデユキ
企画:満田■ ※■は(禾偏に斉) ミツダセイ

宮島秀司 ミヤジマヒデジ

竹内淳 タケウチアツシ

川城和実 カワシロカズミ

谷徳彦 タニトクヒコ

梅本史郎 ウメモトシロウ

高田洋一 タカダヨウイチ

塩谷雅彦 シオヤマサヒコ

竹田正信 タケダマサノブ
撮影:大岡新一 オオオカシンイチ
キャラクター・デザイン:杉浦千里 スギウラセンリ

酉澤安施 トリサワヤスシ

丸山浩 マルヤマヒロシ
音楽:矢野立美 
音楽プロデューサー:玉川静 
歌:Project DMM プロジェクトディーエムエム
美術:大澤哲三 オオサワテツゾウ
編集:松木朗 
衣装(デザイン):高知尾博幸 タカチオヒロユキ
録音:浦田和治 ウラタカズハル
スクリプター:山内薫 ヤマウチカオル
スチール:斉藤純二 
ナレーション:石坂浩二 イシザカコウジ
その他:北浦嗣巳 キタウラツグミ

高野宏一 タカノコウイチ

渋谷浩康 シブヤヒロヤス

小山信行 コヤマノブユキ

江藤直行 エトウナオユキ

小林敬宜 コバヤシマサノブ

鈴木清 スズキキヨシ

山田季朗 ヤマダトシアキ

石矢博 イシヤヒロシ

伊藤克己 

小暮恵子 コグレケイコ

額田美紀 ヌカタミキ

木本秀一 

岩田貞幸 イワタサダユキ

ビジュアルエフェクト ビジュアルエフェクト

ビジョンユニバース ビジョンユニバース

LUDENS CG & SYSTEM CREATION ルーデンスシージーアンドシステムクリエーション

POLYSON PICTURES 

D.A.A.C. ディーエーエーシー

STUDIO美峰 スタジオビホウ

AVANT アヴァント

ジェイ・ディー・グルーブ ジェイ・ディー・グルーブ

オガワモデリング オガワモデリング

チームコスモス2 チームコスモスツー

CGIプロデュース シージーアイプロデュース

渡部健司 ワタベケンジ

杉澤康一 スギサワ

日本エフェクトセンター ニホンエフェクトセンター

今野康之 

車邦秀 クルマクニヒデ

根岸泉 
助監督:佐野智樹 サノトモキ
照明:高野和男 タカノカズオ
水中撮影:市野龍一 イチノリュウイチ

五島正 ゴシマタダシ
キャスト(役名
杉浦太陽 スギウラタイヨウ (春野ムサシ
斉藤麻衣 サイトウマイ (シャウ
西村美保 ニシムラミホ (川瀬マリ )
松尾政寿 マツオマサトシ (ジーン
風見しんご カザミシンゴ (キド隊長
斉藤りさ サイトウリサ (ヒュウガ隊員
加瀬尊朗 カセタケロウ (カノウ隊員
中村浩二 ナカムラコウジ (マカベ隊員
林泰文 ハヤシヤスフミ (ツトム)
木之元亮 キノモトリョウ (キノザキ副代表)
嶋田久作 シマダキュウサク (イヌガイ司令官
大滝明利 オオタキアキトシ (ヒジカタ副司令 )
高樹澪 タカギミオ (アカギ審議官
赤井英和 アカイヒデカズ (春野勇次郎
嶋大輔 シマダイスケ (ヒウラ隊長
坂上香織 サカガミカオリ (シノブ副隊長 )
市瀬秀和 イチノセヒデカズ (フブキ隊員
須藤公一  (ドイガキ隊員 )
鈴木繭菓 スズキマユコ (アヤノ隊員 )
新田亮 ニッタリョウ (ショージ )
松原剛志 マツバラタケシ (ミツル )
ロウィーナ・オゴ ロウィーナ・オゴ  (リタ )
くぼかんじ クボカンジ (北九州少年
杉本彩 スギモトアヤ (女性リポーター
夏川さな恵 ナツカワサナエ (ブルーエリアの少年・少女たち)
大類ゆき  (ブルーエリアの少年・少女たち)
三浦斗夢 ミウラトム (ブルーエリアの少年・少女たち)
田上尚樹 タノウエナオキ (ブルーエリアの少年・少女たち)
野田吉行 ノダヨシユキ (ブルーエリアの少年・少女たち)
山本淳也 ヤマモトジュンヤ (ブルーエリアの少年・少女たち)
富山拓 トヤマタク (ブルーエリアの少年・少女たち)
高田雄介 タカダユウスケ (ブルーエリアの少年・少女たち)
長谷川恵司 ハセガワ (ウルトラマンコスモス・ルナモード)
長谷川恵司 ハセガワ (ウルトラマンコスモス・エクリプスモード)
長谷川恵司 ハセガワ (ウルトラマンコスモス・スペースコロナモード)
荻野英範 オギノヒデノリ (ウルトラマンジャスティス
荻野英範 オギノヒデノリ (ウルトラマンコスモス・スケルトンコロナモード)
山本諭 ヤマモトサトシ (怪獣兵器スコーピス
岩崎晋弥 イワサキシンヤ (怪獣兵器スコーピス
田辺信彦 タナベノブヒコ (異形生命体サンドロス
斉藤陽佐 サイトウヨウサ (海底怪獣レイジャ
小山裕香 コヤマユウカ (女性オペレーターの声 )
稲田徹 イナダトオル (ウルトラマンコスモスの声)
龍谷修武 リュウタニオサム (ウルトラマンジャスティスの声)
最上莉奈 モガミリナ (チャイルドバルタンの声 )
郷里大輔 ゴウリダイスケ (異形生命体サンドロスの声 )
解説
テレビ・シリーズその後世界舞台に、ウルトラマンコスモス活躍を描いた特撮ヒーローもの。監督は、本作が初監督作となる北浦嗣巳脚本は、「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」の長谷川圭一と『ウルトラマンダイナ 帰ってきたハネジロー』の川上英幸共同撮影を「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」の大岡新一担当している。主演は「ウォーターボーイズ」の杉浦太陽
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
少年時代からの夢を叶え、アストロノーツ宇宙飛行士)になったムサシ幼なじみ結婚式出席するためにサイパン訪れた彼は、そこでギャシー星人シャウジーン出会う。彼らは、海底に築いたブルーエリアで、怪獣兵器スコーピスに滅ぼされた故郷の自然を再生させるための生命を創り出す装置開発していたのだ。そんな中スコーピス大群地球飛来サイパンを、日本破壊始めた。防衛軍、更に海底怪獣レイジャギャシー星人応戦するも歯が立たない。その時地球を守るべく、ムサシが再びコスモスとひとつになった! 必殺技ダイアモンドクラッシュでスコーピスを倒すコスモス。しかし、スコーピスを操る異形生命体サンドロス出現し、コスモス苦戦を強いられてしまう。とそこへ、伝説巨人ウルトラマンジャスティス登場。ふたりの伝説巨人は力を合わせサンドロスを倒すことに成功する。そして、装置完成させたシャウたちも、自分たちの星へ帰って行くのだった

ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/15 11:05 UTC 版)

ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』(ウルトラマンコスモスツー ザ・ブループラネット)は、2002年8月3日に全国松竹系映画館にて公開された円谷プロダクション製作の特撮映画




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 『ウルトラマン画報 下巻』では「時空間」と記述している[12]

出典

  1. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社2003年、 140頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 宇宙船YB 2003, p. 157
  3. ^ a b c テレビマガジン特別編集 2003, p. 105
  4. ^ a b c テレビマガジン特別編集 2003, pp. 14-17, 「秩序をもたらす巨人」
  5. ^ hayataro1217のツイート (821302243580252160)
  6. ^ a b c 超全集 2003, pp. 20-21, 「ウルトラマンコスモス スペースコロナモード」
  7. ^ a b c d e f g コスモスイズム 2003, pp. 100-101, 「うなれ!コスモス超技の数々!」
  8. ^ a b c d e f g 超全集 2003, pp. 121-123, 「ウルトラマンコスモス完全攻略1 ウルトラマンコスモス全技図鑑」
  9. ^ コスモスイズム 2003, pp. 98-99, 「ウルトラマンコスモス 技と能力」
  10. ^ 超全集 2003, p. 19, 「ウルトラマンコスモス スケルトンコロナモード」.
  11. ^ a b c d e f g h 宇宙船YB 2003, p. 131, 「ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET」
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 画報 下巻 2003, p. 193, 「ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET」
  13. ^ a b 川上英幸 (2015年8月8日). “ウルトラマンジャスティス”. 川上英幸のブログ. 2017年6月15日閲覧。
  14. ^ 「監督おかひでき×特技監督三池崇史対談」『ウルトラマンサーガ超全集』 構成 間宮尚彦・乗浜彩乃、小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2012年4月23日、57頁。ISBN 978-4-09-105137-0
  15. ^ a b c d e f g 超全集 2003, p. 74, 「宇宙人・宇宙怪獣」
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 303-304
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p テレビマガジン特別編集 2003, p. 71, 「MONSTERS」
  18. ^ a b c d e f g h i j k l コスモスイズム 2003, pp. 14-112, 「コスモス怪獣大百科」
  19. ^ a b c d e f g 超全集 2003, p. 57, 「地球怪獣」


「ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANETのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドウシンタケ

アカモク

バール

MIDIプラグ

ワッフル

内裏雛

V形 搬送装置

しめ鎚





ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANETのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS