閉店商法 閉店商法の概要

閉店商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/03 06:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

閉店セールを行い閉店したはずの店が付近あるいは同じ場所で営業を再開している場合や、何年間にもわたって閉店セールを行い続けている店舗も存在する。

特に紳士服量販店は「リニューアルによる一時閉店」による閉店セールや「新装開店セール」を頻繁に行うことで知られる。なお、撤退する場合は「完全閉店セール」として区別している。

そもそも閉店にはその日の営業を終えて店を閉めることという意味と、商売をやめて店を畳むことという意味が存在し、この二つのミスリードを狙う商法[1]である。「開店商法」も同様である。

日本の消費者庁は、実際には閉店・廃業の予定がなかったり閉店する時期が確定していないにもかかわらず、「閉店セール」と称したセールを長期間行っているような場合に、一般消費者に対して閉店までの一定期間のみ特別に値引きが行われており購入価格という取引条件が著しく有利であるという誤認を与えるときには、景品表示法に定める不当表示に該当するおそれがあるとの見解を示している[1]

関連項目




「閉店商法」の続きの解説一覧



閉店商法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「閉店商法」の関連用語

閉店商法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



閉店商法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの閉店商法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS