全米オープン (ゴルフ) 今後の開催予定地

全米オープン (ゴルフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 22:51 UTC 版)

今後の開催予定地

回数 コース 開催地 日程 開催実績
2023年 123回 ロサンゼルス・カントリークラブ カリフォルニア州ロサンゼルス 6月15-18日 初開催
2024年 124回 パインハーストリゾート・コースNO.2 ノースカロライナ州パインハースト 6月13-16日 1999年、2005年、2014年
2025年 125回 オークモントカントリークラブ (10) ペンシルベニア州オークモント 6月12-15日 1927, 1935, 1953, 1962, 1973, 1983, 1994, 2007, 2016
2026年 126回 シネコックヒルズゴルフクラブ (6) ニューヨーク州サウサンプトン  6月18-21日 1896, 1986, 1995, 2004, 2018
2027年 127回 ペブルビーチゴルフリンクス (7) カリフォルニア州,ペブルビーチ 6月17-20日 1972, 1982, 1992, 2000, 2010, 2019

パインハーストNO.2は2029・2035・2041・2047年も開催が決定している[7]

記録

1968年リー・トレビノ(69–68–69–69, par 70)
1970年トニー・ジャックリン(71-70-70-70, par 72)
1993年リー・ジャンセン(67-67-69-69, par 70)
1994年カーティス・ストレンジ(70-70-70-70, par 71, 4位)
2011年ローリー・マキロイ(65-66-68-69, par 71)、ロバート・ギャリガス(70-70-68-70, 3位T)
2017年ブルックス・ケプカ(67-70-68-67, par 72)、チャーリー・ホフマン(70-70-68-71, 8位)、ブラント・スネデカー(70-69-70-71, 9位T)
2019年ゲーリー・ウッドランド(68-65-69-69, par 71)、ブルックス・ケプカ(69-69-68-68, 2位)、ジョン・ラーム(69-70-70-68, 3位T)
  • 18ホールの最高スコア:63、ジョニー・ミラー(1973年最終日)、ジャック・ニクラス(1980年初日)、トム・ワイスコフ(同)、ビジェイ・シン(2003年2日目)、ジャスティン・トーマス(2017年3日目)
  • 最多開催コース:オークモント・カントリークラブ(9回、1927, 1935, 1953, 1962, 1973, 1983, 1994, 2007、2016)

放送

日本

日本に於ける放映権については、先ず1977年にTBS(現・TBSテレビ)が買い取るも、翌1978年からはNHKに、更に1997年からはテレビ朝日に、それぞれ譲渡されていった[8]

テレビ中継時に限り『グッド!モーニング』(『おはよう朝日です』〈朝日放送テレビ〉等地域ローカル情報番組も含む)は日本時間で金曜(初日)・月曜(最終日)が休止[注 2]となり、土曜の『週刊ニュースリーダー』(『おはよう朝日土曜日です』〈朝日放送テレビ〉等地域ローカル情報番組を含む)、日曜の『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送テレビ・メ〜テレ共同制作)、朝日放送テレビ制作日曜朝8時30分枠のアニメ(現在は『プリキュアシリーズ』)も休止になった。ただ、西海岸開催時には『スーパーヒーロータイム』(日曜日)、『モーニングショー』(最終日のみ)などが休止、『サンデーLIVE!!・第3部』(日曜日)、『ワイド!スクランブル・第1部』(最終日のみ)も短縮放送[注 3]になった。

また、2008年までの最終日では『スーパーモーニング』を当時ネットしていた山梨放送北日本放送福井放送高知放送四国放送(以上日本テレビ系列)・山陰放送宮崎放送(以上TBS系列)でも日本時間8:00から放送していたが、2009年は上記の局での放送が取り止め、『スーパーモーニング』が始まるまでの8:00 - 8:30の間は各局個別で単発番組を設定することになった(ただし、8:30以降も中継が続く場合、2009年当時スパモニを系列外ネットしていた全5局(いずれも日本テレビ系列)はその時間から中継を同時ネット予定だったが、実際は未放送)。

2009年は、大会1日目が雨天中止順延になり、2008年大会のプレーオフの模様の再放送をメインに放送。2日目に1日目の模様を3日目に2日目の模様をそれぞれを放送、本来の最終日である4日目は3日目の模様と最終日の冒頭の模様を放送した。このため全選手が最終ホールまで到達できないと判断、8:26.30で中継を打ち切った。急遽5日目を4:55 - 6:30の予定で大会最終日の模様として放送することにし、そこで優勝者が決定。

2005年以前まで土曜の午後に「予選ハイライト」・日曜の「サンデープレゼント」枠で「3日目ハイライト」・月曜のネオバラエティ枠で「最終日ハイライト」を放送したが、2006年以降の放送はなし。

また、ゴルフネットワークでも現地の日中に当たる日本時間深夜から翌日早朝(もしくは未明・早朝から昼)にかけて生放送される。

なお、2001年2008年のように月曜日の18ホールプレーオフにもつれた場合、ゴルフネットワークとテレビ朝日は深夜の番組を一部中止し、生中継で試合終了まで放送する。

しかし、2016年以降の放映権を巡り、テレビ朝日とUSGAとの契約が難航していた。テレビ朝日での放映ができない場合は、TBSテレビやNHKで放送の可能性があるとされたが[9]、同年5月24日、テレビ朝日において2016年大会を放送することが決定した。しかし同時期にUEFA EURO 2016の中継も放送するため、予選ラウンドは後半部分を放送せず、木曜深夜から金曜未明、金曜深夜から土曜未明での放送となったため主力選手のプレー生中継ができなかった。また、1日目は3度の雨による中断&現地日没によるサスペンスデッドでプレーができないまま1日目が終わった選手やホールアウトできない選手も多くいた[注 4]。3日目は先述のUEFA EURO 2016の生中継優先の関係で、中継終了後の6:10 - 8:00までの放送だった。最終日は月曜2:40 - 8:30まで6時間近くの生中継で対応していたが、中継が8:30までに収まらず、後続番組『羽鳥慎一モーニングショー短縮版』(8:30 - 9:55)内で継続中継を9:18.03まで行った[注 5]

2017年大会の最終日は当初月曜2:40 - 5:50の予定だったが、2:40 - 4:55はローカルセールスでの放送となり、4:55に一部系列局向けの飛び乗りポイントを設けたうえ、終了時間を9:30に繰り下げて放送した。

2018年大会は1日目の放送を6月15日の2:40 - 4:55、2日目は6月16日の2:25 - 8:00、3日目は6月17日2:35 - 8:30、最終日は6月18日の2:20 - 7:30で放送されたが、最終日は時間内に終了できず7:41まで11分延長し、放送した。

2019年大会は1日目の放送を6月14日の2:20 - 4:55、2日目は6月15日の2:20 - 8:00、3日目は「サンデーLIVE!!」を30分早終了後6月16日8:00 - 11:00で放送。最終日は6月17日3:55 - 10:30に放送した[注 6]

2020年大会は新型コロナウィルスの影響で107年ぶりの9月開催となったが、1日目の放送を9月18日の3:06 - 4:55、2日目は9月19日の2:50 - 8:00、3日目は9月20日の2:00 - 8:00、最終日は9月21日の2:00 - 7:00で放送された。コメンタリー陣を以下に記す。

だが、2021年大会については、新型コロナウイルスの影響が長期化しているため、テレビ朝日とUSGAとの契約がまとまらず、地上波からの中継が消滅する見通しになった[10]。その後、DAZNでの生配信が行われることになった[11]

2022年大会も地上波からの放送は行わない。ネット配信を『DAZN』と新たに『ABEMA』も追加されることになった。

2000年代の一時期、ココリコ遠藤章造が応援団長を起用し、「全米シニア」「全米女子」と共に最終日ハイライトも多数のタレントを出演してのバラエティ形式の路線を行ってきたが、この形式は「全米OP」しか行われず、翌年、元に戻った[注 8]

なお、BS朝日では全米オープンの中継は行っていない。

日本以外

  • アメリカでは1954年から1965年までNBC、1966年から1994年までABCで放送されていたが、1995年から2014年まではNBCで中継されていた。(予選ラウンドは午後3時から午後5時(ET)までの2時間生中継し、それ以外の時間はESPNで生中継)2006年までフォーマットが緑を基調にした表示だったが、2007年から2010年までは白とオレンジを基調にしたフォーマットに大幅に変更した。プレーオフになった際も序盤はESPNで、それ以降をNBCで放送していた。ただし2011年から2014年まではゴルフ・チャンネルのフォーマットを使用して放送されていた。
  • 2015年から2026年まではUSGAの放送権契約を持つFOXスポーツとFS1で放送。しかし2020年6月29日契約破棄。残りの契約期間をNBCで放送される予定。
  • ラジオではESPNラジオとシリウスXM PGAツアーラジオで放送されている。

注釈

  1. ^ ただし、2011年と2017年の優勝スコアは16アンダー、2000年の優勝スコアも12アンダーなので、オーバースコアばかりとはいえず、近年のホール長距離化に合わせて難易度は変化している。
  2. ^ 2020年は金曜通常放送、月曜短縮放送。
  3. ^ 2012年までは、日曜に西海岸開催時は昼前の報道番組枠(『サンデープロジェクト』、『報道ステーション SUNDAY』が該当)が11:00からの短縮放送になっていた(ちなみに2010年は9:00から試合が中継されたため『サンデー・フロントライン』は休止)。2015年は日曜に西海岸開催時は11:00までの放送となり、『美女たちの日曜日』を休止とし、『サンデースクランブル・第1部』を予定より45分早い11:00から拡大して放送していた(サンスクをネットしない一部のネット局は別番組で対応)。なお、『ワイドスクランブル・第1部』は2014年4月より10:30からの放送開始となり、2015年6月22日は中継の関係で系列としてのフルネット局全局で11:15開始にそろえられ、クロスネット局では継続放送の有無にかかわらず臨時非ネットとなった。
  4. ^ なお、松山は2日目に予選ラウンドを36ホール分処理したが、決勝ラウンドに進めず予選敗退してしまった。
  5. ^ この日の『羽鳥慎一モーニングショー』は番組内で試合中継を行う・行わないにかかわらず、予めテレビ朝日フルネット24局でのみの放送としていた。通常時これを系列外同時ネットしている日本テレビ系列2局(山梨放送・福井放送)では予め、テレビ朝日で2015年3月1日に「スペシャルサンデー」枠で放送された単発特番に差し替えを決めていた。
  6. ^ このため「羽鳥慎一モーニングショー」をテレビ朝日系列外に同時ネットしている山梨放送と福井放送はそれぞれ自主編成を行った
  7. ^ 決勝ラウンドのみ。
  8. ^ 過去に『ワールドプロレスリング』も1987年4月から半年間、「ギブUPまで待てない!!ワールドプロレスリング」として多数のタレントを出演しての公開バラエティ番組路線になったものの評判が悪く元に戻る格好になった。

出典

  1. ^ “U.S. Open abandons 18 holes for 2-hole playoff”. ESPN. AP通信. (2018年2月26日). http://www.espn.com/golf/story/_/id/22586395/us-open-abandons-18-holes-2-hole-playoff 
  2. ^ 2015-16 PGA TOUR Medical Extensions”. PGA Tour. 2016年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 112th U.S. Open Championship application form”. USGA. 2013年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月11日閲覧。
  4. ^ U.S. Open – Exemption List”. USGA. 2015年2月24日閲覧。
  5. ^ “U.S. Junior, Mid-Amateur Champs to Receive U.S. Open, Women's Open Exemptions” (プレスリリース), USGA, (2017年10月5日), http://www.usga.org/articles/2017/10/junior--mid-amateur-champions-to-receive-u-s--open--womens-open-.html 2017年10月13日閲覧。 
  6. ^ 2014 U.S. Open Entry Form”. USGA. 2014年3月25日閲覧。
  7. ^ Gray, Will (2020年9月9日). “USGA adding new facility, making Pinehurst 'anchor U.S. Open site'”. Golf Channel. 2020年9月9日閲覧。
  8. ^ メディア研究部 東山一郎「放送のオーラル・ヒストリー:放送の国際化の現場②「スポーツ放送国際化」の舞台裏」『放送研究と調査』第63巻第10号、NHK放送文化研究所、2013年10月、 NAID 110009625388《2014年4月14日閲覧》
  9. ^ “松山の快挙見られない?「全米オープン中継」消滅危機”. 東京スポーツ(東スポWeb). (2016年4月13日). オリジナルの2017年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170606224322/http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/golf/529621/ 2017年6月7日閲覧。 
  10. ^ 全米オープン地上波中継消滅危機 長年テレ朝系中継もコロナ禍で交渉まとまらず…松山英樹、石川遼ら出場”. スポーツ報知 (2021年6月2日). 2021年6月2日閲覧。
  11. ^ 松山英樹の雄姿を見られる DAZNが全米OP4日間の初の生配信実施を発表”. スポーツ報知 (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。


「全米オープン (ゴルフ)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

全米オープン (ゴルフ)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全米オープン (ゴルフ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全米オープン (ゴルフ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS