ペンシルベニア州 人口動勢

ペンシルベニア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 05:10 UTC 版)

人口動勢

人口推移
人口
1790434,373
1800602,36538.7%
1810810,09134.5%
18201,049,45829.5%
18301,348,23328.5%
18401,724,03327.9%
18502,311,78634.1%
18602,906,21525.7%
18703,521,95121.2%
18804,282,89121.6%
18905,258,11322.8%
19006,302,11519.9%
19107,665,11121.6%
19208,720,01713.8%
19309,631,35010.5%
19409,900,1802.8%
195010,498,0126.0%
196011,319,3667.8%
197011,793,9094.2%
198011,863,8950.6%
199011,881,6430.1%
200012,281,0543.4%
201012,702,3793.4%
202013,002,7002.4%
Source: 1910–2010[40]
1790年から2000年の州人口推移
ペンシルベニア州の人口密度図

2020年国勢調査時点で、ペンシルベニア州の人口は13,002,700人で、2010年国勢調査からは2.4%増加した[41]

人口の中で74.5%はペンシルベニア州生まれ、18.4%は国内他州の生まれ、1.5%はプエルトリコ、アメリカ合衆国領島嶼部あるいは国外でアメリカ人の親から生まれた者、5.6%は外国生まれである[42]。 1970年代から1980年代、ペンシルベニア州人口はゆるやかに増加した。1990年代から2000年代に入ると、他の州(移住民)から多くの人々がペンシルベニア州に移動し始めた。

年齢層で見ると5歳未満が5.9%、18歳未満が23.8%、65歳以上が15.6%となっている。2005年時点で高齢者人口比率は50州の中の第3位だった[43]。女性が人口の51.7%を占めている[44]。2005年時点で貧困線以下の住民比率は11.9%だった[43]

ペンシルベニア州の人口重心ペリー郡のダンキャノン・ボロとなっている[45]

人種及び祖先

2010年国勢調査に拠れば、ペンシルベニア州の人種による人口構成は次のようになっている[46]

2011年時点で1歳未満の州民の32.1%は少数民族の子供である[47]

州内のヒスパニック系人口は、2000年から2010年の間に82.6%増加し、国内でも最大級の増加率となっている[48]。主にアメリカ合衆国領であるプエルトリコからの移民が多いが、他にもドミニカ共和国メキシコなど中南米諸国からの移民や、ニューヨーク州やニュージャージー州など国内他州から、より安全で生活費が適度な環境を求めるヒスパニック系移住者が増えている。ヒスパニック系人口はアレンタウン、ランカスター、レディング、ヘイゼルトン、およびフィラデルフィア周辺で多く、その比率は20%以上となっている。2010年時点で、フィラデルフィア市から半径150マイル (240 km) 以内に85%が、またフィラデルフィア市内に約20%が住んでいる推計されている。

アジア系移民も約60%増加しており、特にインド系ベトナム系中国系の移民が多い。またニューヨーク州からフィラデルフィア市に移住するアジア系住民も多い。アジア系人口の絶対数で、フィラデルフィアは国内最大級の都市になっている。アフリカ系アメリカ人人口は13%成長した。白人は0.7%減少したが、この傾向は反転しつつある[49]

外国生まれの構成では、アジア系36.0%、ヨーロッパ系35.9%、ラテンアメリカ系30.6%、アフリカ系5%、北アメリカ系3.1%、オセアニア系0.4%となっている。

2006年から2008年の調査で、ペンシルベニア州で申告された祖先による構成比は、以下の通りだった[50]

ドイツ系祖先のペンシルベニア州民は、フィラデルフィア以外のこの州の多くの地域に住んでいる。ペンシルベニア州北東部はニューヨーク州境付近にイギリス系祖先の住民が暮らしており、スクラントン地域内に多くのポーランド系アメリカ人が住んでいる。フィラデルフィアは黒人の大多数が暮らしていて、少数の黒人住民がピッツバーグ及びハリスバーグに住んでいる。また、近代文明的生活を行わないアーミッシュと呼ばれるドイツ・スイス系の人々が住んでいる。

ペンシルベニア・ダッチ

ペンシルベニア・ダッチと呼ばれる人々と言語がある。この「ダッチ」はオランダ人ではなく「ドイツ人」あるいは「チュートン」を意味している。ドイツ人はドイツ語で「ドイッツェ」であり、これが英語で「ダッチ」に変わったと見なされている[52]ペンシルベニアドイツ語は、西中部ドイツ語方言を受け継いでいる。アーミッシュメノナイトの社会では第一言語として話されているが、幾つかの言葉が英語化した以外、日常語として絶滅に近くなっている。

宗教

ペンシルベニア州の州の住民の宗教宗派別構成比は次のようになっている[53]

当初の植民地の中で、ロードアイランドとペンシルベニアのみが信教の自由を謳っており、その結果今日まで宗教的な多様性が続いている。

2000年時点で、州民の約69%は何らかの宗教組織に属していると推計された。ペンシルベニア州立大学の宗教データ・アーカイブ協会に拠れば、58%が115の宗教会派に属していた[54]。ペンシルベニア州にはアーミッシュが多いが、オハイオ州ホームズ郡に世界最大のアーミッシュ人口がいる[55]。ペンシルベニア植民地の設立時にはクエーカー教徒が多く活躍したが、現在では少数派となっている。

2012年ギャラップ調査では、州民の40%は大変信仰心篤く、28%は中庸であり、32%は無宗教であるとなっていた[56]


  1. ^ Pennsylvania Indian tribes”. Accessgenealogy.com. 2010年7月31日閲覧。
  2. ^ Paullin, Charles O, Edited by John K. Wright (19932). Atlas of the Historical Geography of the United States. New York, New York and Washington, D.C.:: Carnegie Institution of Washington and American Geographical Society. pp. Plate 42 
  3. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 10: 17–23 
  4. ^ Van Zandt, Franklin K. (1976). Boundaries of the United States and the Several States; Geological Survey Professional Paper 909.. Washington, D.C.: Government Printing Office. pp. 74; 92 
  5. ^ Van Zandt, Franklin K. (1976). Boundaries of the United States and the Several States; Geological Survey Professional Paper 909.. Washington, D.C.: Government Printing Office. p. 74 
  6. ^ Munroe, John A. (1978). Colonial Delaware: A History.. Millwood, New York: KTO Press. pp. 9–12 
  7. ^ Munroe, John A. (1978). Colonial Delaware: A History.. Millwood, New York: KTO Press. p. 16 
  8. ^ McCormick, Richard P. (1964). New Jersey from Colony to State, 1609—1789. New Jersey Historical Series, Volume 1.. Princeton, New Jersey: D. Van Nostrand Company. p. 12 
  9. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 4: 278–280 
  10. ^ Van Zandt, Franklin K. (1976). Boundaries of the United States and the Several States; Geological Survey Professional Paper 909.. Washington, D.C.: Government Printing Office. p. 79 
  11. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 6: 375–377 
  12. ^ Farnham, Mary Frances; Compiler. (1901–1902). Farnham Papers (1603–1688). Volumes 7 and 8 of Documentary History of the State of Maine.. Portland, Maine: Collections of the Maine Historical Society, 2nd Series.. pp. Vol. 7: 311, 314 
  13. ^ Parry, Clive (Editor) (1969–1981). Consolidated Treaty Series; 231 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Volume 10: 231 
  14. ^ Fernow, B., Editor (1853–1887). Documents Relative to the Colonial History of the State of New York;Volumes 12–15.. Albany, New York. pp. Vol 12:507–508 
  15. ^ Parry, Clive (Editor) (1969–1981). Consolidated Treaty Series; 231 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Vol. 13: 136. 
  16. ^ Fernow, B., Editor (1853–1887). Documents Relative to the Colonial History of the State of New York;Volumes 12–15.. Albany, New York. pp. Vol 12:515 
  17. ^ Armstrong, Edward; Editor (1860). Record of the Court at Upland, in Pennsylvania, 1676 to 1681. Memoirs of the Historical Society of Pennsylvania Volume 7. pp. 119, 198 
  18. ^ Measuring Worth”. Measuring Worth. 2010年7月31日閲覧。
  19. ^ Pennsylvania Society of Colonial Governors, ed (1916). “Samuel Carpenter”. Pennsylvania Society of Colonial Governors, Volume 1. pp. 180–181. https://books.google.co.jp/books?id=4rQBAAAAMAAJ&redir_esc=y&hl=ja 
  20. ^ Charter for the Province of Pennsylvania-1681. This charter, granted by Charles II (England) to William Penn, constituted him and his heirs proprietors of the province, which, in honor of his father, Admiral William Penn, (whose cash advances and services were thus requited,) was called Pennsylvania. To perfect his title, William Penn purchased, on 1682-08-24, a quit-claim from the Duke of York to the lands west of the Delaware River embraced in his patent of 1664
  21. ^ a b Quakers and the political process”. Pym.org (2006年3月28日). 2008年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  22. ^ . http://www.britannia.com/celtic/wales/facts/facts1.html 
  23. ^ Armstrong, Edward; Editor (1860). Record of the Court at Upland, in Pennsylvania, 1676 to 1681. Memoirs of the Historical Society of Pennsylvania Volume 7. p. 196 
  24. ^ Swindler, William F., Editor (1973–1979). Sources and Documents of United States Constitutions. 10 Volumes. Dobbs Ferry, New York: Oceana Publications. pp. Volume 8:243 
  25. ^ David Yount (2007). "How the Quakers invented America". Rowman & Littlefield. p.82. ISBN 0-7425-5833-9
  26. ^ Sydney G. Fisher (2009). "The Quaker Colonies". Echo Library. p.13 ISBN 1-4068-5110-8
  27. ^ Hamilton, Alexander and Syrett, Harold C. The Papers of Alexander Hamilton. 1963, page 240.
  28. ^ Library of Congress timeline 1764–1765”. Memory.loc.gov. 2010年7月31日閲覧。
  29. ^ Dickinson Letters”. 18thcenturyreadingroom.blogspot.com. 2010年7月31日閲覧。
  30. ^ Library of Congress timeline 1773–1774”. Memory.loc.gov. 2010年7月31日閲覧。
  31. ^ Library of Congress: Primary documents – The Declaration of Independence”. Loc.gov (2010年7月20日). 2010年7月31日閲覧。
  32. ^ Nine Capitals of the United States”. Senate.gov (2009年3月26日). 2010年7月31日閲覧。
  33. ^ Pennsylvania ratifies the Constitution of 1787”. Memory.loc.gov. 2010年7月31日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h Pennsylvania's Capitals”. Legis.state.pa.us. 2000年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  35. ^ History of John Harris”. Mrs. Carlyle C. Browne (descendant of Sarah Ann Harris, fifth daughter of Alfred Bingham Harris, and granddaughter of Elisha John Harris of the Mansion, Harrisburg PA, USA) (2001年). 2011年2月14日閲覧。
  36. ^ James Buchanan White House biography”. Whitehouse.gov. 2010年7月31日閲覧。
  37. ^ Pennsylvania geography”. Netstate.com. 2010年7月31日閲覧。
  38. ^ 2006 Statistical Abstract: Geography & Environment: Land and Land Use(2006年10月12日時点のアーカイブ
  39. ^ Pennsylvania Time Zone”. Timetemperature.com. 2010年7月31日閲覧。
  40. ^ Resident Population Data. “Resident Population Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2012年12月22日閲覧。
  41. ^ a b c d e QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  42. ^ American FactFinder – Results
  43. ^ a b c Pennsylvania Facts 2007 (PDF)”. Pennsylvania State Data Center Penn State Harrisburg (2007年). 2010年1月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年12月5日閲覧。
  44. ^ FactFinder: Census 2000 Demographic Profile Highlights, Factfinder.census.gov
  45. ^ Population and Population Centers by State – 2000”. United States Census Bureau. 2008年12月3日閲覧。
  46. ^ Pennsylvania QuickFacts from the US Census Bureau”. Quickfacts.census.gov. 2012年6月15日閲覧。
  47. ^ "Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio: Statistical Snapshot". The Plain Dealer. June 3, 2012.
  48. ^ Annual Estimates of the Population”. 2013年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  49. ^ 2010 Census Data. “2010 Census Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2011年7月7日閲覧。
  50. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “American Community Survey 3-Year Estimates”. Factfinder.census.gov. 2010年7月31日閲覧。
  51. ^ Puerto Ricans in Pennsylvania”. 2011年11月8日閲覧。
  52. ^ Definition of "dutch"”. Dictionary.reference.com. 2010年7月31日閲覧。
  53. ^ Religion and Politics 2011: Pennsylvania”. U.S. Religious Landscape Study. The Pew Forum on Religion & Public Life (2011年). 2011年1月15日閲覧。
  54. ^ The Arda”. The Arda. 2010年7月31日閲覧。
  55. ^ Webb Design Inc.. “Amish Country | Ohio | Visitor Information”. Visitamishcountry.com. 2010年7月31日閲覧。
  56. ^ Gallup. “Mississippi Is Most Religious U.S. State”. Gallup, Inc.. 2012年9月23日閲覧。
  57. ^ a b c The Pennsylvania Manual, p. 6-3.
  58. ^ a b c d e f Pennsylvania Manual, p. 6-5.
  59. ^ The Pennsylvania Manual, p. 6-46.
  60. ^ Table 16. Population of the 100 Largest Urban Places: 1930. U.S. Bureau of the Census. 1998年6月15日.
  61. ^ a b The Pennsylvania Manual, p. 6-6.
  62. ^ The Pennsylvania Manual, p. 6-22.
  63. ^ Title 302, Pennsylvania Code, Section 23.1–101.
  64. ^ Presidential General Election Results Comparison – Pennsylvania”. Dave Leip's Atlas of United States Presidential Elections (2005年). 2007年7月7日閲覧。
  65. ^ Voter Registration Statistics – Current Voter Registration Statistics (Microsoft Excel)”. Pennsylvania Division of Voter Registration. 2010年7月7日閲覧。
  66. ^ a b Jenkins Law Library. “23 Pennsylvania Law Weekly 324 (March 27, 2000)”. Jenkinslaw.org. 2010年1月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  67. ^ 1968
  68. ^ Commonwealth of PA - Election Results 2012 Archived 2013年1月19日, at the Wayback Machine.
  69. ^ Pennsylvania State Archives”. Phmc.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  70. ^ Pennsylvania Senators”. Legis.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  71. ^ Pennsylvania House of Representatives”. Legis.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  72. ^ a b c d e f Judicial districts”. Aopc.org. 2010年7月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  73. ^ The facts on Pennsylvania's Tax Climate”. Tax Foundation. 2012年8月22日閲覧。
  74. ^ Shale tax comes up dry for 3d year”. Articles.philly.com (2011年7月3日). 2011年9月19日閲覧。
  75. ^ Gov Rendell says all of Pennsylvania's transit agencies will get I-80 toll $s”. TOLLROADSnews (2010年1月6日). 2012年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  76. ^ Revenue Department Releases August Collections (09/01/2006)
  77. ^ Personal Income Tax”. Portal.state.pa.us. 2010年7月31日閲覧。
  78. ^ a b GDP by State”. Greyhill Advisors. 2011年9月16日閲覧。
  79. ^ a b c “Fortune 500”. CNN. (2007年4月30日). http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune500/2007/states/PA.html 2010年7月31日閲覧。 
  80. ^ Department of Numbers”. 2012年5月27日閲覧。
  81. ^ Barnes, Tom; Rotstein, Gary (2009年2月4日). “Rendell wants legal video poker”. Post-gazette.com. http://www.post-gazette.com/pg/09035/946691-85.stm 2010年7月31日閲覧。 
  82. ^ a b "Pennsylvania Department of Transportation Fact Book", p. 7.
  83. ^ "2010 Public Transportation Fact Book", p. 8.
  84. ^ a b c d "Pennsylvania Department of Transportation Fact Book", p. 10.
  85. ^ Waterborne Commerce Statistics Center, p. 5-4.
  86. ^ Santoni, Matthew (2010年9月14日). “Corps shuts Highland Park lock for two weeks of repairs”. Pittsburgh Tribune-Review (Trib Total Media). オリジナルの2012年9月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120908040557/http://www.pittsburghlive.com/x/pittsburghtrib/business/s_699345.html 2010年9月14日閲覧。 
  87. ^ [1] 'Pennsylvania Department of Education (PDE). Retrieved on December 4, 2009.'
  88. ^ [2] 'National Center for Education Statistics (NCES). Retrieved on December 4, 2009.'
  89. ^ 'NCES.'
  90. ^ 'Pennsylvania Department of Education: Home Education and Private Tutoring. Retrieved on December 4, 2009.'
  91. ^ The Dickinson Story. Dickinson College. 2020年4月18日閲覧.
  92. ^ Pennsylvania State University, Dickinson Law. National Jurist. 2020年4月20日閲覧.
  93. ^ History of the School”. pafa.org. 2011年4月8日閲覧。
  94. ^ About – University of the Sciences”. usciences.edu. 2011年4月8日閲覧。
  95. ^ Best Colleges 2020: National Universities Rankings. U.S. News & World Report. 2019年. 2020年2月20日閲覧.
  96. ^ Best Colleges 2020: National Liberal Arts Colleges Rankings. U.S. News & World Report. 2019年. 2020年2月20日閲覧.
  97. ^ Houdini Harry Houdini attractions magic Scranton Poconos Pocono birthday party show seance School Assembly Programs birthday”. Houdini.org. 2010年7月31日閲覧。
  98. ^ Pa. knack for snacks a Farm Show feature – Pittsburgh Tribune-Review”. Pittsburghlive.com (2008年1月11日). 2009年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  99. ^ Directions to Asher’s – About Asher's”. Ashers.com. 2012年11月7日閲覧。
  100. ^ http://news.google.com/newspapers?id=hsQfAAAAIBAJ&sjid=i9gEAAAAIBAJ&pg=1978,4428241&dq=asher%27s-chocolates&hl=en
  101. ^ Company History: Auntie Anne's Pretzels”. Auntie Anne's. 2009年2月6日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペンシルベニア州」の関連用語

ペンシルベニア州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ペンシルベニア州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペンシルベニア州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS