ファイナンシャル・プランナー 業務制約

ファイナンシャル・プランナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 00:32 UTC 版)

業務制約

FPとしての相談業務は個人の資産に対する見直しやライフプランニングの提案という観点から、時に各士業の職域ボーダー線に近い立ち位置で業務を行うことが多く、FPとしての職分を弁えた行動を取ることが求められる。例えば、一般論を踏み越えた個別事情の法律相談は弁護士、税務相談は有償無償を問わず税理士の独占業務であり、一般論以上の法律・税務相談は弁護士法税理士法に抵触するので一歩踏み込んだ対応を行う事ができない。

逆説的に、これら接近する各業法の制約がFPの業務の制約であり、より内容の濃いコンサルティングへと繋げるためには各士業者とのコネクションを確立するなどの業務遂行上の工夫が求められる。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


  1. ^ 職業能力評価推進給付金の対象となる職業能力検定について(厚生労働省、能発第417号、2001年10月1日)
  2. ^ 職業能力評価推進給付金の対象となる職業能力検定について、能発第1121002号、2002年11月21日
  3. ^ 試験の正式名称は、技能検定のファイナンシャル・プランニング職種であり、金財・協会が実施し、等級区分は1級・2級・3級(1級実技および2級・3級は金財・協会が並行して実施)。一般に「ファイナンシャル・プランニング技能検定」と呼ばれるが正式な名称ではない。
  4. ^ “FPの倫理・関連法規”. http://fp-jouhou.com/goukakunou/fp.kiso/fprinri.html 2017年1月10日閲覧。 


「ファイナンシャル・プランナー」の続きの解説一覧




ファイナンシャル・プランナーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ファイナンシャル・プランナー」の関連用語

ファイナンシャル・プランナーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ファイナンシャル・プランナーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイナンシャル・プランナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS