パンフレット 制作工程

パンフレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 15:19 UTC 版)

制作工程

企業の要望を受け広告代理店印刷会社などが主導して個人や会社組織のグラフィックデザイナーに制作を依頼することが多い。内容に特集記事など読み物としての要素を盛り込む場合には、編集の専門会社である編集プロダクションに依頼することもある。

関連項目

外部リンク


  1. ^ UNESCO definition
  2. ^ オックスフォード英語辞典の"pamphlet" の項を見よ
  3. ^ On-line Etymology Dictionary.
  4. ^ ドイツ語、フランス語、イタリア語ではパンフレットという言葉がスキャンダラスな中傷や宗教的なプロパガンダというネガティヴな意味を持つこともしばしばだ。その国ごとのより中立な訳語として、ドイツ語であれば"Flugblatt" や"Broschüre"、フランス語であれば"Fascicule" がある。ロシア語の"памфлет"もルーマニア語の"pamflet"も、ふつうプロパガンダや風刺といった意味を含むため、ふさわしい訳語としては英語のブローシャー(brochure )にあたる"брошюра"とbroşură がある DEX online - Cautare: pamflet
  5. ^ Oakley C. Johnson, Marxism in United States History Before the Russian Revolution (1876-1917). New York: Humanities Press, 1974; pg. vii.


「パンフレット」の続きの解説一覧




パンフレットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「パンフレット」に関係したコラム

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンフレット」の関連用語

パンフレットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンフレットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンフレット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS