サブスクリプション デメリット

サブスクリプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/07 19:35 UTC 版)

デメリット

サブスクリプション方式はサービスを「利用」するのであり、買い切り型(CDDVDブルーレイUSBメモリなどの記録媒体や、インターネットの買い切り型ダウンロード販売など)と異なり、「資産」とはならない。そのため、解約した場合に使用できなくなるだけでなく、契約中であっても提供者側の裁量や、作品の版権(著作権、ライセンス契約など)の都合でサービスの全部または一部の提供が停止され使用できなくなることもある。また、全く使わない月でも月額料金は発生してしまう[45]

消費者デメリット

消費者・利用者側から見たデメリット[43][44]

  • 利用しなくても、契約期間中は料金が発生する(ただし、買い取りの場合も同様なデメリットがある)。
  • 必要としない機能や興味のないコンテンツも含まれる場合がある(買い取りの場合も同様なデメリットがある)。
  • 解約後はサービスや商品が利用できなくなり、手元に残らない。
    • それどころか、契約期間中であっても一方的に利用できなくなるリスクがある(後述)。
    • 何らかの理由によって、自分が利用しているサービスが突然使用できなくなる。
    • その対象となる物品が何らかの利用環境を必要とする場合、条件が一方的に変更された結果利用できなくなる。
    • 特にPC/スマホ等のソフトウェア類や電子書籍などにおいて、アップデートで対応OSや必須スペックなどが変更された結果、「最新バージョンは所持しているハードウェアでは使用できなくなる」一方、「(買い切り型であれば可能である)旧バージョンの継続利用もできなくなる」ために「料金を払っているのに全く利用できなくなる」事態も起こりうる。(後述)
  • 多くのサービスを契約し、結果的に費用がかさむ場合もある。
  • トライアル期間が終了すると、自動更新で有料プランに移行することがある。場合によってはトライアルを除いた最低契約期間があったりする(試用期間が設けられた買い取りでも同様のデメリットがある)。
  • 契約は容易だが、解約するには煩雑な手続きを踏む必要もあり、注意を要する(メールなどでの手続きに応じず、郵送による手続が必要なのもある)。
    • 契約窓口はフリーダイヤル。解約窓口は有料のナビダイヤルによる「電話窓口」しかなく、ウェブサイトを介しての申し込みを受け付けないこともある(新規契約の方は通話が繋がりやすく、さらに24時間受付だったりするが)。

事業者デメリット

事業者・提供者側から見たデメリット[43][44]

  • サービス開始当初はユーザー数が少なく、即利益につながらない。
  • 定期的に新しいコンテンツを提供、追加していく必要があり、コンテンツの追加を滞るとユーザー離れを起こすおそれがある。
  • ユーザーに、すぐに解約される可能性がある
  • 最初から、ある程度のリソースやコンテンツ数が必要。
  • 導入するための、ツール・ノウハウが必要

デメリットの事例

コンテンツに何らかの問題(不祥事、著作権侵害、表現規制など)が発生した場合、当該コンテンツの改変・配信中止が行われる場合があり、ユーザーはその際の不利益を一方的に押し付けられる形になる。

  • コンピュータ用ソフトウェアの例では、Adobe Creative Cloudの過去のバージョンについては、以前は2012年以降リリースしたバージョン全てが使用できたが、2019年5月に著作権侵害が指摘されたのを機に、最新版と過去の直近1バージョンを除いて提供を停止している。
    しかし、ユーザーが敢えて旧バージョンを使い続ける理由の一つとして「PCのスペックとの兼ね合い」が指摘されており、今回の強制アップデートに伴ってユーザーが他のソフトウェアへの乗り換えも検討せざるを得ない事態に追い込まれている[46]
  • また、楽曲聴き放題や動画見放題のサブスクリプションサービスの場合でも、歌手俳優などの実演家の犯罪その他の不祥事、ならびに契約上の都合[47]により、その楽曲や動画の配信停止の措置が執られることもある。CDやDVD・ブルーレイや、買い切り型ダウンロード販売の場合、購入済みであれば自己の所有物となっているため、それにより影響を受けることはない。しかしサブスクリプションサービスの場合は、ひとたび配信停止となれば視聴は不可能となる[48][49]

  1. ^ a b c d サブスクリプション|IT用語辞典|大塚商会 - 大塚商会(2021年5月26日閲覧)
  2. ^ a b iPhoneにおけるサブスクリプションの管理方法と注意点|単品リピート通販広告研究所 - 売れるネット広告社(2021年5月26日閲覧)
  3. ^ a b c サブスクとは?概要やメリット・デメリットについて徹底解説 - クレディセゾン(2021年5月27日閲覧)
  4. ^ サブスクってなに?”. なるほど!パソコン研究室 - FMVキッズ : 富士通パソコン. 2022年10月3日閲覧。
  5. ^ a b c ミック、木村明治「Coffee Break ライセンスとサブスクリプション」『おうちで学べるデータベースのきほん』翔泳社、2015年。ISBN 9784798141336 
  6. ^ a b サブスクリプションとは - コトバンク(2021年5月26日閲覧)
  7. ^ mobox”. ブリヂストン (2022年6月28日). 2022年7月2日閲覧。
  8. ^ 脱炭素へタイヤもサブスク ブリヂストン、九州から開拓”. 日本経済新聞. 2022年7月2日閲覧。
  9. ^ “エアコンを「サブスク」で” 一部の自治体で事業始まる”. NHK (2022年6月3日). 2022年7月2日閲覧。
  10. ^ 家具サブスク「サブスクライフ」、サッポロ不動産開発が開始するシェアリングサービス「シェアコレクション」実証実験に参画”. PR TIMES (2022年6月29日). 2022年7月2日閲覧。
  11. ^ AIがスタイリストに 服のサブスク「airCloset」が最大100着を個別提案する機能を追加”. RECO ORLANDO (2022年6月13日). 2022年7月2日閲覧。
  12. ^ 【大阪開催】おむつのサブスク「手ぶら登園」保育博ウエストに出展”. PR TIMES (2022年7月1日). 2022年7月2日閲覧。
  13. ^ 星野リゾートが旅のサブスクサービス「HafH」に参画した理由”. @DIME (2022年6月6日). 2022年7月2日閲覧。
  14. ^ 【業界初】2022年7月1日から『ガイドのサブスク』開始します!”. PR TIMES (2022年7月1日). 2022年7月2日閲覧。
  15. ^ サブスク型タレントキャスティングサービス、「サブタレ」が7月4日~タクシーCM放映中!大物タレント、大物歌手、人気モデルの複数名が相場の10分の1の価格で起用可能!”. 時事通信 (2022年7月21日). 2022年8月18日閲覧。
  16. ^ ”タクシーのサブスク”スタート 高齢者のサポートに! 静岡市”. 日テレ (2022年7月1日). 2022年7月2日閲覧。
  17. ^ JR東日本のサブスク『JRE パスポート』利用回数60,000回突破!さらなるサービス拡大に向けて、2022年7月よりパンやそば、そして日本茶などの5業態・8店舗で使える新しいサブスクプランを発売”. PR TIMES (2022年7月1日). 2022年7月2日閲覧。
  18. ^ JAL、「航空サブスクサービス」の実証実験を国内全路線に拡大 前回は即日で完売”. ITmediaビジネス (2022年6月17日). 2022年7月2日閲覧。
  19. ^ 不動産にも広がる、サブスクの世界”. NHK (2022年7月1日). 2022年7月2日閲覧。
  20. ^ 住宅FC業界初、デザイン住宅を定額制で導入できるサブスク型サービスをカーサプロジェクトが開始”. PR TIMES (2022年4月26日). 2022年7月2日閲覧。
  21. ^ SVOD(Subscription Video on Demand)とは - Digital Marketing Lab(2021年5月26日閲覧)
  22. ^ サブスクとは?簡単に意味を解説!具体例も合わせて紹介”. サブスク先生. 2022年11月7日閲覧。
  23. ^ a b 関口大介、岩崎覚史『ドローンビジネス参入ガイド』翔泳社、2017年、28頁。ISBN 9784798152905 
  24. ^ Ron Miller (2015年12月15日). “Adobeの売上は記録破り―大企業でもビジネスモデルの根本的転換は可能だ”. TechCrunch. 2017年9月19日閲覧。
  25. ^ a b 横山勝 (2017年7月28日). “所有から利用へ。「サブスクリプション」型モデルでビジネスを変革!”. 電通. 2017年9月19日閲覧。
  26. ^ 「IoT活用で実店舗の顧客エンゲージメント向上」 〜データドリブンな意思決定を実現する「スポーツクラブ ルネサンス」の取り組み〜”. CNET Japan. 2017年9月19日閲覧。
  27. ^ JAL 羽田発着10路線で「定額利用」の実証実験へ 3万8000円で宿付き最大3往復!”. 乗りものニュース (2021年7月27日). 2021年7月27日閲覧。
  28. ^ 「所有する」時代の終焉--サブスクリプションエコノミーの台頭を告げる5つのトレンド”. CNET Japan. 2020年11月10日閲覧。
  29. ^ そもそも「サブスクリプション」ってなに?”. 不動産テック専門メディア SUMAVE(スマーブ). 株式会社リブセンス. 2020年12月21日閲覧。
  30. ^ 話題のサブスク。メリットとデメリット、注意点を押さえて活用しよう - 三井住友カード(2021年5月27日閲覧)
  31. ^ 日経ビジネス電子版. “「サブスク」はコロナ禍に苦しむ飲食・ホテル業界の救世主となるか”. 日経ビジネス電子版. 2021年10月10日閲覧。
  32. ^ 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞”. 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞. 2021年10月10日閲覧。
  33. ^ Apple、音楽サブスクのApple Musicでハイレゾ配信を準備中 Apple Losslessについて記載 - ITmedia(2021年05月17日配信、2021年5月27日閲覧)
  34. ^ B’z ついに33年分の全曲サブスク解禁 松本孝弘、稲葉浩志ソロ作含む計880曲 - オリコン(2021年3月22日配信、2021年5月27日閲覧)
  35. ^ 藤井風、カバー集のサブスク解禁 - 音楽ナタリー(2021年5月20日配信、2021年5月27日閲覧)
  36. ^ 株式会社インプレス (2021年9月15日). “ZARDサブスク解禁。「負けないで」「揺れる想い」など全389曲”. AV Watch. 2021年10月10日閲覧。
  37. ^ a b サブスクLIVE - LINE LIVE(2021年5月27日閲覧)
  38. ^ NHKが絶対に死守したい「受信料ビジネス」の全貌 | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース
  39. ^ a b c d e f g 「サブスクライブ」とは?英語・分野別の意味と対義語も解説 - TRANS.Biz(2020年4月30日配信、2021年5月27日閲覧)
  40. ^ a b c d e 「サブスクライブ」の意味とITでの使い方、「サブスクリプション」との違いとは? - WURK(2020年12月16日配信、2021年5月27日閲覧)
  41. ^ 「サブスクライブ」の意味と使い方|類義語・対義語、「サブスクリプション」との違いは?”. BizLog. 2021年7月6日閲覧。
  42. ^ Subscriber(サブスクライバー)|マーケテイング用語集 - TURBINE INTERACTIVE(2021年5月27日閲覧)
  43. ^ a b c d e サブスクリプションとは?仕組みやメリット・デメリットを解説 - カルモマガジン(2021年5月27日閲覧)
  44. ^ a b c d e サブスクリプションとは何?意味やメリット、事例・サービスを優しく解説!|COLOR ME - GMOペパボ(2021年5月27日閲覧)
  45. ^ 【最新版】サブスクリプションおすすめ定額制サービス120選 - みんなのサブスク”. minsub.jp (2021年1月22日). 2021年2月3日閲覧。
  46. ^ Victoria Song (2019年5月15日). “古いCreative Cloudは著作権的に問題? Adobeが警告”. GIZMODO. https://www.gizmodo.jp/2019/05/adobe-warns-using-old-creative-cloud-apps.html 2019年5月25日閲覧。 
  47. ^ tks24 (2023年11月17日). “「これだからサブスクは」安室奈美恵さんの楽曲配信、予告なく一斉停止でファンから悲鳴”. インプレス. 2023年11月18日閲覧。
  48. ^ Saori Ibuki (2019年3月17日). “「不祥事が起きる→関連作品は封印」でいいのか。電気グルーヴの「自粛」撤回求める署名、発起人の思い”. BuzzFeed. 2020年3月9日閲覧。
  49. ^ 服部良祐 (2019年7月11日). “サブスクは音楽を生かすのか、殺すのか――電気グルーヴ配信停止も波紋”. ITmedia. 2020年3月9日閲覧。


「サブスクリプション」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サブスクリプション」の関連用語

サブスクリプションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サブスクリプションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサブスクリプション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS