Bessatsu Friendとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Bessatsu Friendの意味・解説 

別冊フレンド

(Bessatsu Friend から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/18 07:05 UTC 版)

別冊フレンド』(べっさつフレンド)は、講談社が発行する日本少女向け月刊漫画雑誌1965年、『別冊少女フレンド』として創刊。1984年、『別冊フレンド』に改名。発売日は毎月13日。略称は『別フレ』。


注釈

  1. ^ 2014年11月号、2015年1月号に掲載後連載。

出典

  1. ^ a b “マンガ誌編集長が選ぶ、2020年のイチオシ作品”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年3月5日). https://natalie.mu/comic/column/416418 2021年5月8日閲覧。 
  2. ^ 別冊少女フレンド”. メディア芸術データベース. 2024年2月14日閲覧。
  3. ^ 女性コミックのご紹介”. コミック. 講談社. 2012年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月2日閲覧。
  4. ^ a b 別冊フレンド”. 講談社AD STATION. 講談社. 2021年7月2日閲覧。
  5. ^ 「もくじ」『別冊少女フレンド』1969年5月号、講談社、1969年5月1日、346頁。 
  6. ^ 「もくじ」『別冊少女フレンド』1970年6月号、講談社、1970年6月1日、370頁。 
  7. ^ 『別冊少女フレンド』1972年4月号、講談社、1972年4月1日。 裏表紙より。
  8. ^ 『別冊少女フレンド』1972年12月号、講談社、1972年12月1日。 裏表紙より。
  9. ^ 『別冊少女フレンド』1973年6月号、講談社、1973年6月1日。 裏表紙より。
  10. ^ 『別冊少女フレンド』1973年12月号、講談社、1973年12月1日。 裏表紙より。
  11. ^ 『別冊少女フレンド』1978年1月号、講談社、1978年1月1日。 裏表紙より。
  12. ^ 『別冊少女フレンド』1979年10月号、講談社、1979年10月1日。 裏表紙より。
  13. ^ 『別冊フレンド』1985年3月号、講談社、1985年3月1日。 裏表紙より。
  14. ^ 『別冊フレンド』1985年4月号、講談社、1985年4月1日。 裏表紙より。
  15. ^ 『小春びより(1)』(ひぐち にちほ)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2024年4月13日閲覧。
  16. ^ a b c d e “別フレで新連載3本、清野静流はイケメンバレー部の物語”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/49353 2023年12月3日閲覧。 
  17. ^ a b c “コワモテ関西弁男子×真面目女子の青春ストーリー「山口くんはワルくない」別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/347504 2023年6月13日閲覧。 
  18. ^ a b “かわいい系男子好きの女子高生&かわいくない?年下男子のラブコメ、別フレ新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年6月12日). https://natalie.mu/comic/news/383025 2023年6月13日閲覧。 
  19. ^ a b c “「0キス」みきもと凜の新連載が別フレで、恋を知らない女子高生と訳あり同級生”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年1月13日). https://natalie.mu/comic/news/412283 2023年6月3日閲覧。 
  20. ^ a b c “普通の女子高生が御曹司の許嫁に、「王子様には毒がある。」柚月純の新連載が別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/427991 2023年6月3日閲覧。 
  21. ^ a b “ときめきを知らない女子高生&双子姉妹のコンプレックスラブ、別フレ新連載2本”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年8月12日). https://natalie.mu/comic/news/440566 2023年6月3日閲覧。 
  22. ^ a b c 『別冊フレンド』2022年2月号、講談社、2022年2月1日。 表紙より。
  23. ^ a b “渡辺あゆ「L♡DK」の続編「L♡DK Pink」が別フレで、23歳になった葵と柊聖描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年12月27日). https://natalie.mu/comic/news/459607 2023年6月3日閲覧。 
  24. ^ a b c d 『別冊フレンド』2022年5月号、講談社、2022年5月1日。 表紙より。
  25. ^ 別冊フレンド編集部 2023年3月15日のツイート2023年6月13日閲覧。
  26. ^ 『別冊フレンド』2023年11月号、講談社、2023年11月1日。 表紙より。
  27. ^ a b 『別冊フレンド』2022年11月号、講談社、2022年11月1日。 表紙より。
  28. ^ a b c 『別冊フレンド』2023年3月号、講談社、2023年3月1日。 表紙より。
  29. ^ “天然優等生×一匹狼のヤンキー、別フレ発のBL新連載「たまらないのは恋なのか」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/532715 2023年7月13日閲覧。 
  30. ^ 『別冊フレンド』2023年9月号、講談社、2023年9月1日。 表紙より。
  31. ^ a b “学校一のイケメンとの秘密の恋&生徒×先生の禁断の恋、別フレでW新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/540851 2023年9月14日閲覧。 
  32. ^ a b c 『別冊フレンド』2024年6月号、講談社、2024年6月1日。 表紙より。
  33. ^ “天涯孤独の極貧女子高生の前に現れたのは過保護な魔王様、千里みこの別フレ新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/544901 2023年10月13日閲覧。 
  34. ^ 『別冊フレンド』2023年12月号、講談社、2023年12月1日、ASIN B0CLSJPX2M 表紙より。
  35. ^ a b “陰キャ女子×超人気アイドル、背伸びJK×ライブハウス店長の新連載2本が別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2024年4月12日). https://natalie.mu/comic/news/569210 2024年4月14日閲覧。 
  36. ^ a b c “熊岡冬夕が別フレ新連載、委員長×停学男のラブストーリー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/47785 2023年12月3日閲覧。 
  37. ^ a b c “映画「黒崎くん」キャストコメント&映画「先輩と彼女」ポスター、別フレに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年9月12日). https://natalie.mu/comic/news/159869 2023年10月2日閲覧。 
  38. ^ “組長を祖父に持つ女子高生と過保護な若頭を描く、はつはる新連載「お嬢と番犬くん」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/312087 2023年9月14日閲覧。 
  39. ^ a b “主人公はキラーT細胞!スピンオフ「はたらく細胞フレンド」が別フレで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年1月12日). https://natalie.mu/comic/news/315759 2023年9月14日閲覧。 
  40. ^ 「もくじ」『別冊少女フレンド』1974年1月号、講談社、1974年1月1日。 目次より。
  41. ^ 『別冊少女フレンド』1974年2月号、講談社、1974年2月1日。 表紙より。
  42. ^ 『別冊少女フレンド』1974年9月号、講談社、1974年9月1日。 表紙より。
  43. ^ 「もくじ」『別冊少女フレンド』1974年8月号、講談社、1974年8月1日。 目次より。
  44. ^ a b 『別冊少女フレンド』1974年11月号、講談社、1974年11月1日。 表紙より。
  45. ^ a b 「別冊少女フレンドもくじ」『別冊少女フレンド』1975年1月号、講談社、1975年1月1日、426頁。 
  46. ^ 『別冊少女フレンド』1975年1月号、講談社、1975年1月1日。 表紙より。
  47. ^ 『別冊少女フレンド』1975年4月号、講談社、1975年4月1日。 表紙より。
  48. ^ a b 『別冊少女フレンド』1982年1月号、講談社、1982年1月1日。 表紙より。
  49. ^ a b 『別冊少女フレンド』1982年10月号、講談社、1982年10月1日。 表紙より。
  50. ^ 『別冊少女フレンド』1984年11月号、講談社、1984年11月1日。 表紙より。
  51. ^ 「別冊少女フレンド 新年特大号もくじ」『別冊少女フレンド』1982年1月号、講談社、1982年1月1日、456頁。 
  52. ^ 「別冊少女フレンド4月号もくじ」『別冊少女フレンド』1982年4月号、講談社、1982年4月1日。 目次より。
  53. ^ a b 「別冊少女フレンド7月号もくじ」『別冊少女フレンド』1982年7月号、講談社、1982年7月1日。 目次より。
  54. ^ 「菜子の色 最終回」『別冊少女フレンド』1982年6月号、講談社、1982年6月1日、215頁。 
  55. ^ 『別冊少女フレンド』1982年3月号、講談社、1982年3月1日。 表紙より。
  56. ^ a b 『別冊少女フレンド』1982年12月号、講談社、1982年12月1日。 表紙より。
  57. ^ 『別冊少女フレンド』1982年11月号、講談社、1982年11月1日。 表紙より。
  58. ^ 『別冊少女フレンド』1984年2月号、講談社、1984年2月1日。 表紙より。
  59. ^ a b 『別冊フレンド』1985年1月号、講談社、1985年1月1日。 表紙より。
  60. ^ a b 『別冊フレンド』1985年5月号、講談社、1985年5月1日。 表紙より。
  61. ^ a b 『別冊少女フレンド』1983年10月号、講談社、1983年10月1日。 表紙より。
  62. ^ 『別冊少女フレンド』1983年9月号、講談社、1983年9月1日。 表紙より。
  63. ^ 『別冊少女フレンド』1984年2月号、講談社、1984年2月1日、377頁。 
  64. ^ 『別冊少女フレンド』1983年11月号、講談社、1983年11月1日。 表紙より。
  65. ^ 『別冊少女フレンド』1984年4月号、講談社、1984年4月1日、379頁。 
  66. ^ 『別冊少女フレンド』1984年3月号、講談社、1984年3月1日。 表紙より。
  67. ^ 『別冊少女フレンド』1984年7月号、講談社、1984年7月1日。 表紙より。
  68. ^ 『別冊少女フレンド』1984年5月号、講談社、1984年5月1日。 表紙より。
  69. ^ 『別冊少女フレンド』1984年8月号、講談社、1984年8月1日。 表紙より。
  70. ^ 『別冊少女フレンド』1984年10月号、講談社、1984年10月1日、213頁。 
  71. ^ 『別冊少女フレンド』1984年10月号、講談社、1984年10月1日。 表紙より。
  72. ^ 『別冊少女フレンド』1984年11月号、講談社、1984年11月1日。 表紙より。
  73. ^ 『別冊少女フレンド』1984年12月号、講談社、1984年12月1日。 表紙より。
  74. ^ 『別冊フレンド』1985年3月号、講談社、1985年3月1日。 目次より。
  75. ^ a b 『別冊フレンド』1985年10月号、講談社、1985年10月1日。 表紙より。
  76. ^ 『別冊フレンド』1985年2月号、講談社、1985年2月1日。 表紙より。
  77. ^ a b 『別冊フレンド』1985年6月号、講談社、1985年6月1日。 目次より。
  78. ^ 『別冊フレンド』1985年3月号、講談社、1985年3月1日。 表紙より。
  79. ^ 『別冊フレンド』1985年4月号、講談社、1985年4月1日。 表紙より。
  80. ^ a b 『別冊フレンド』1985年6月号、講談社、1985年6月1日。 表紙より。
  81. ^ a b 『別冊フレンド』1986年1月号、講談社、1986年1月1日。 表紙より。
  82. ^ 『別冊フレンド』1985年11月号、講談社、1985年11月1日。 表紙より。
  83. ^ a b c 『別冊フレンド』1986年7月号、講談社、1986年7月1日。 表紙より。
  84. ^ 『別冊フレンド』1986年10月号、講談社、1986年10月1日。 表紙より。
  85. ^ 『別冊フレンド』1986年8月号、講談社、1986年8月1日。 目次より。
  86. ^ a b 『別冊フレンド』1986年8月号、講談社、1986年8月1日。 表紙より。
  87. ^ 『別冊フレンド』1986年8月号、講談社、1986年9月1日。 表紙より。
  88. ^ a b “「ヤマトナデシコ七変化」15年の連載に幕、亀梨からのお祝いコメントも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年1月13日). https://natalie.mu/comic/news/136051 2023年10月13日閲覧。 
  89. ^ “ジョージ朝倉「恋文日和」TVドラマ化!溺れるナイフは完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/105580 2023年10月13日閲覧。 
  90. ^ “「隣のあたし」最終回、別フレ5・6月号には番外編が登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/64358 2023年12月3日閲覧。 
  91. ^ a b c d e “別フレで渡辺あゆ「L・DK」&南波あつこ「青夏」完結、新連載2本始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年8月12日). https://natalie.mu/comic/news/244564 2023年10月2日閲覧。 
  92. ^ a b c “別フレ4月号、上田美和が婚活に燃える女子高生描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/28983 2023年12月3日閲覧。 
  93. ^ a b c “「17」の桜井まちこ、奔放な美容師に振り回される新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/41970 2023年12月3日閲覧。 
  94. ^ “すえのぶ新連載。「ライフ」に続くドロドロ女子模様”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/22350 2023年12月3日閲覧。 
  95. ^ a b c d e “別フレで「近キョリ恋愛」みきもと凜ら、新連載2本開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/56447 2023年12月3日閲覧。 
  96. ^ “森永あい、別フレ3月号新連載。コミック刊行ラッシュも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/27691 2023年12月3日閲覧。 
  97. ^ “森永あい「キララの星」大団円で5年の連載に幕、別フレの芸能界コメディ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/138439 2023年10月13日閲覧。 
  98. ^ a b “「Dの魔王」霜月かよ子、別フレで魔女っ子コメディに挑戦”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/31783 2023年12月3日閲覧。 
  99. ^ “別フレ、居候ニートに恋する安理由香の新連載スタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/37563 2023年12月3日閲覧。 
  100. ^ “ジョージ朝倉「溺れるナイフ」ブックカバーセットを全サ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年11月13日). https://natalie.mu/comic/news/40433 2023年12月3日閲覧。 
  101. ^ a b “別フレ新連載、吉岡李々子の純愛&克間彩人の格差ラブコメ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/30438 2023年12月3日閲覧。 
  102. ^ “別フレ新連載、マンガ家志望女子にモテ男が恋のレッスン”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/38988 2023年12月3日閲覧。 
  103. ^ a b c “みやうち沙矢、別フレで新連載「おおきに関ジャニ∞!!」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年3月12日). https://natalie.mu/comic/news/46286 2023年12月3日閲覧。 
  104. ^ “別フレで新鋭が新連載、フラれてから始まる女子高生の恋”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年1月13日). https://natalie.mu/comic/news/43329 2023年12月3日閲覧。 
  105. ^ a b “別フレの付録に「彼はトモダチ」「近キョリ恋愛」番外編”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/52988 2023年12月3日閲覧。 
  106. ^ a b “南波あつこ新連載「青夏」が別フレで、リミット別冊付録も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/94970 2023年10月13日閲覧。 
  107. ^ “別フレで「Wあつこ祭り」、南波あつこと前田敦子がコラボ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/51168 2023年12月3日閲覧。 
  108. ^ “「シェリル」の小山鹿梨子が新連載、女子児童の苦難描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年8月11日). https://natalie.mu/comic/news/54662 2023年12月3日閲覧。 
  109. ^ a b “別フレ新連載は非リア充女子の青春劇、校舎うらは最終回”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/90522 2023年10月13日閲覧。 
  110. ^ “みきもと凜「きょうのキラ君」が完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年8月11日). https://natalie.mu/comic/news/123316 2023年10月13日閲覧。 
  111. ^ “別フレで「学園王子」柚月純の新連載、ハム子は5本立て”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/57963 2023年12月3日閲覧。 
  112. ^ “別フレで吉岡李々子の新連載、一挙2話掲載でスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年11月11日). https://natalie.mu/comic/news/59442 2023年12月3日閲覧。 
  113. ^ a b “別フレで上田美和らW新連載、次号「溺れるナイフ」復活”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/61179 2023年12月3日閲覧。 
  114. ^ “ジョージ朝倉「溺れるナイフ」番外編で復活、連載再開へ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年1月13日). https://natalie.mu/comic/news/62636 2023年12月3日閲覧。 
  115. ^ ““ロボ娘”がツンデレ王子にご奉仕、葉月めぐみ新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/72897 2023年12月3日閲覧。 
  116. ^ a b “女子高生のお笑い青春劇、南波あつこの読切が別フレに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/74479 2023年12月3日閲覧。 
  117. ^ “電子小説「ウソツキチョコレート」が別フレでマンガ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/78158 2023年12月3日閲覧。 
  118. ^ a b c d “別冊フレンドで上田美和&Ishikoの青春劇2作がスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年11月13日). https://natalie.mu/comic/news/79848 2023年11月4日閲覧。 
  119. ^ a b “別フレで新連載、三次マキとマキノの恋愛劇2本同時に開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/81531 2023年11月4日閲覧。 
  120. ^ a b “三次マキ「PとJK」が完結、恋愛初心者女子高生とイケメン警察官のラブストーリー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/367059 2023年6月13日閲覧。 
  121. ^ a b c “清野静流・リカチが別フレで連載開始、次号すえのぶ登場”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年1月12日). https://natalie.mu/comic/news/82993 2023年11月4日閲覧。 
  122. ^ “すえのぶけいこ新連載、マンガ家目指す少女の挑戦を描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/84784 2023年11月4日閲覧。 
  123. ^ “すえのぶけいこのマンガ家マンガ「HOPE」完結、「L・DK」柊聖ブロマイドも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/140841 2023年10月13日閲覧。 
  124. ^ “腐女子のヒロイン描くラブコメ「私がモテてどうすんだ」約5年の歴史に幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/269264 2023年10月2日閲覧。 
  125. ^ a b c d ““高嶺女子”の初恋ラブストーリー「高嶺の蘭さん」が別フレで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/240686 2023年10月2日閲覧。 
  126. ^ “別フレ新連載は春木さきが描く幼なじみの恋、舞台は沖縄”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/92740 2023年10月13日閲覧。 
  127. ^ a b “別フレは「きょうのキラ君」尽くし!描き下ろし番外編や映画フォトブックも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/220539 2023年10月2日閲覧。 
  128. ^ “警官と女子高生のラブコメ「PとJK」連載1周年!別冊付録も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/105743 2023年10月13日閲覧。 
  129. ^ “小山鹿梨子「校舎うら」中学生編収録の6巻発売、購入特典も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/111899 2023年10月13日閲覧。 
  130. ^ “いじめ描く別フレの衝撃作「校舎うら」続編の連載が決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年10月18日). https://natalie.mu/comic/news/101678 2023年10月13日閲覧。 
  131. ^ a b “「きょうのキラ君」先生クッキーをバレンタインにお届け”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月11日). https://natalie.mu/comic/news/107547 2023年10月13日閲覧。 
  132. ^ a b “見習い大工との恋描く新連載、別フレで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/126050 2023年10月13日閲覧。 
  133. ^ “「L・DK」など別フレ3作で、俺様イケメン3TOPフェア開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/118886 2023年10月13日閲覧。 
  134. ^ “別フレ「花君」Campusノートが全員もらえる”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年7月11日). https://natalie.mu/comic/news/121023 2023年11月4日閲覧。 
  135. ^ “「近キョリ恋愛」新作、猫バレッタの全プレも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年10月11日). https://natalie.mu/comic/news/128376 2023年10月13日閲覧。 
  136. ^ “別フレで「PとJK」連載再開!「青Ao-Natsu夏」は次号より休載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/162746 2023年10月2日閲覧。 
  137. ^ “ぢゅん子が花澤香菜ら出演「私がモテてどうすんだ」のアフレコレポ執筆”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年11月13日). https://natalie.mu/comic/news/131145 2023年10月13日閲覧。 
  138. ^ “「ヤマトナデシコ七変化」最終回目前!第1話と特別編再録の別冊付録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/133686 2023年10月13日閲覧。 
  139. ^ a b c d e “別フレでチビガリJKの恋描く新連載、「五ツ星プリンス」音声ドラマも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年8月11日). https://natalie.mu/comic/news/156701 2023年10月13日閲覧。 
  140. ^ a b “喧嘩腰の秀才イケメン×JKのラブコメ新連載、別フレでスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/150506 2023年10月13日閲覧。 
  141. ^ a b c “映画「MARS」藤ヶ谷太輔&窪田正孝の撮り下ろしピンナップ、別フレに”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/190654 2023年10月2日閲覧。 
  142. ^ “ピーチガール、ライフの第1話カラー扉も!別フレ50周年記念号”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/143989 2023年10月13日閲覧。 
  143. ^ “みきもと凜「午前0時、キスしに来てよ」約5年半の連載に幕、最終12巻も発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/387451 2024年2月14日閲覧。 
  144. ^ a b 『別冊フレンド』2019年5月号、講談社、2019年5月1日。 表紙より。
  145. ^ “マンガと音楽の融合プロジェクト「五ツ星プリンス」、別フレで連載開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/153722 2023年10月13日閲覧。 
  146. ^ a b “「PとJK」三次マキの新連載が別フレで、友達のいない女子高生と謎の宇宙人の物語”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/416221 2023年6月3日閲覧。 
  147. ^ “警官と女子高生の恋を描く「PとJK」1年半ぶりの新刊発売、別フレで特集も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年1月13日). https://natalie.mu/comic/news/172318 2023年10月2日閲覧。 
  148. ^ a b “別フレで無邪気な腹黒男子に振り回される新連載、映画「PとJK」ピンナップも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年12月13日). https://natalie.mu/comic/news/213061 2023年10月2日閲覧。 
  149. ^ “アイドル似の農作業男子×ドルオタ女子の新連載、別フレで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/179571 2023年10月2日閲覧。 
  150. ^ “PとJK&黒崎くんをニコラモデルが再現、別フレで南波あつこが連載再開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/194472 2023年10月2日閲覧。 
  151. ^ “別フレに「キラ君」と「私モテ」のポスター、松岡禎丞&島崎信長のボイスも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年11月11日). https://natalie.mu/comic/news/209018 2023年10月2日閲覧。 
  152. ^ “別フレ&単行本で応募「黒崎くん」の全プレはイラストカードセット”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/228610 2023年10月2日閲覧。 
  153. ^ a b 『別冊フレンド』2017年11月号、講談社、2017年11月1日。 表紙より。
  154. ^ a b c d “「青夏」南波あつこの新連載が別フレで始動、JKとクリエイターの年の差ラブ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/294999 2023年10月2日閲覧。 
  155. ^ “亀梨和也×土屋太鳳×三次マキの「PとJK」鼎談が別フレに、ピンナップも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/224402 2023年10月2日閲覧。 
  156. ^ a b “別フレでポスカ22枚セットが全プレ、「私モテ」キャストの“おはようボイス”も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/236561 2023年10月2日閲覧。 
  157. ^ a b “男子が苦手なヒロインが、いじわるイケメンと出会う新連載「ルイは恋を呼ぶ」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年1月12日). https://natalie.mu/comic/news/264929 2023年10月2日閲覧。 
  158. ^ a b 『別冊フレンド』2018年4月号、講談社、2018年4月1日。 表紙より。
  159. ^ “地味な女子と人気者男子のピュアラブストーリー「きらきら小世界」別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/248544 2023年10月2日閲覧。 
  160. ^ a b “素敵な恋に憧れる女子高生と一匹狼な男子描く「こっち見てよ、日高」別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年11月13日). https://natalie.mu/comic/news/256551 2023年10月2日閲覧。 
  161. ^ a b “「L・DK」渡辺あゆの新連載、双子の弟と入れ替わることになった女子高生が主役”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月13日). https://natalie.mu/comic/news/269283 2023年10月2日閲覧。 
  162. ^ a b c 『別冊フレンド』2019年8月号、講談社、2019年8月1日。 表紙より。
  163. ^ a b c “イケメン弁護士と女子高生のプラトニック?ラブコメ「弁護士と17歳」が別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月10日). https://natalie.mu/comic/news/343150 2023年6月3日閲覧。 
  164. ^ “ぼっち女子×強面男子の新連載「僕らが愛を叫ぶとき」別フレで、「青夏」番外編も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年7月13日). https://natalie.mu/comic/news/291171 2023年10月2日閲覧。 
  165. ^ a b 『別冊フレンド』2021年12月号、講談社、2021年12月1日。 表紙より。
  166. ^ “テンパリ女子高生×たらし大学生、ファミレスが舞台の新連載が別フレでスタート”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月12日). https://natalie.mu/comic/news/303523 2023年9月14日閲覧。 
  167. ^ a b c “「私モテ」ぢゅん子の新連載、ドルヲタ×推しメンのハイテンションラブが別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/335445 2023年6月13日閲覧。 
  168. ^ a b “ピュアな女子高生とクールなカテキョ男子、春木さき「センセイは高校生」別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/331150 2023年9月14日閲覧。 
  169. ^ a b c d “年の離れた2人の初恋を巡る物語、相川ヒロ「香月さんの恋する時間」が別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/424327 2023年6月3日閲覧。 
  170. ^ “「オオカミくんには騙されない」別フレバージョンが始動、「L・DK」番外編も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/323692 2023年9月14日閲覧。 
  171. ^ a b c “俺と寝てくんない?渡辺あゆの新連載「嵐士くんの抱きマクラ」が別フレで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年3月13日). https://natalie.mu/comic/news/371063 2023年6月13日閲覧。 
  172. ^ a b “猫好きの女子高生と秘密を抱えたマスク男子のラブコメ「猫とキス」が別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年8月11日). https://natalie.mu/comic/news/391554 2023年6月13日閲覧。 
  173. ^ 『別冊フレンド』2024年4月号、講談社、2024年4月1日。 表紙より。
  174. ^ 「阿部くんに狙われてます 第52話 これからも」『別冊フレンド』2024年3月号、講談社、2024年3月1日、499頁。 
  175. ^ a b “防大男子×制服フェチJKのほのぼのラブ「花と紺青 防大男子に恋しました。」別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月13日). https://natalie.mu/comic/news/355238 2023年6月13日閲覧。 
  176. ^ “しっかり者のギャル×天然サラリーマン「となりのオトナくん」別フレ新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年4月13日). https://natalie.mu/comic/news/375206 2023年6月13日閲覧。 
  177. ^ a b c “硝音あやの“AI彼氏”ラブコメ「オトメのオモチャ」など新連載3本が別フレで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年5月13日). https://natalie.mu/comic/news/378874 2023年6月13日閲覧。 
  178. ^ 『別冊フレンド』2023年4月号、講談社、2023年4月1日。 表紙より。
  179. ^ 『別冊フレンド』2020年8月号、講談社、2020年8月1日。 表紙より。
  180. ^ 『別冊フレンド』2023年1月号、講談社、2023年1月1日。 表紙より。
  181. ^ “クールな態度が大好きなJK×冷たいチャラ先輩の別フレ新連載「蔑む視線が最高です。」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年9月13日). https://natalie.mu/comic/news/493473 2023年6月3日閲覧。 
  182. ^ 『別冊フレンド』2023年6月号、講談社、2023年6月1日。 表紙より。
  183. ^ a b “クールな態度が大好きなJK×冷たいチャラ先輩の別フレ新連載「蔑む視線が最高です。」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年10月13日). https://natalie.mu/comic/news/400433 2023年6月13日閲覧。 
  184. ^ a b c d 『別冊フレンド』2023年7月号、講談社、2023年7月1日。 表紙より。
  185. ^ a b 『別冊フレンド』2024年2月号、講談社、2024年2月1日。 表紙より。
  186. ^ 『別冊フレンド』2022年9月号、講談社、2022年9月1日。 表紙より。
  187. ^ “美容好きの地味JKを描く新連載が別フレで、付録に東リベのクリアカード&ステッカー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年6月13日). https://natalie.mu/comic/news/481429 2023年6月3日閲覧。 
  188. ^ 『別冊フレンド』2023年2月号、講談社、2023年2月1日。 表紙より。
  189. ^ 『別冊フレンド』2023年5月号、講談社、2023年4月。 表紙より。
  190. ^ “好きな人の好きな人に告白された、3つの片思いが織り成す青春ラブストーリーが別フレで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年5月12日). https://natalie.mu/comic/news/524269 2023年6月3日閲覧。 
  191. ^ 『別冊フレンド』2023年10月号、講談社、2023年10月1日。 表紙より。
  192. ^ 「もくじ」『別冊少女フレンド』1973年12月号、講談社、1973年12月1日。 目次より。
  193. ^ 姉フレンド編集部 2017年3月1日のツイート2017年9月3日閲覧。
  194. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 姉フレンド編集部 2020年5月12日のツイート2020年6月1日閲覧。
  195. ^ 姉フレンド編集部 2021年6月3日のツイート2021年6月3日閲覧。
  196. ^ 姉フレンド編集部 2017年9月1日のツイート2017年9月3日閲覧。
  197. ^ 姉フレンド編集部 2019年7月1日のツイート2019年7月4日閲覧。
  198. ^ 姉フレンド編集部 2019年12月1日のツイート2019年12月6日閲覧。
  199. ^ 姉フレンド編集部 2021年11月4日のツイート2021年11月4日閲覧。
  200. ^ a b 姉フレンド編集部 2020年8月1日のツイート2020年8月1日閲覧。
  201. ^ 姉フレンド編集部 2021年5月3日のツイート2021年6月3日閲覧。
  202. ^ a b c 姉フレンド編集部 2021年9月2日のツイート2021年9月2日閲覧。
  203. ^ 姉フレンド編集部 2022年10月1日のツイート2022年10月2日閲覧。
  204. ^ a b 姉フレンド編集部 2017年10月1日のツイート2017年10月4日閲覧。
  205. ^ 姉フレンド編集部 2019年1月3日のツイート2019年2月2日閲覧。
  206. ^ a b 姉フレンド編集部 2021年6月1日のツイート2021年6月3日閲覧。
  207. ^ 綾城いつき 2022年6月1日のツイート2022年6月2日閲覧。
  208. ^ 姉フレンド編集部 2018年2月1日のツイート2018年2月1日閲覧。
  209. ^ a b 姉フレンド編集部 2019年11月1日のツイート2019年11月2日閲覧。
  210. ^ 姉フレンド編集部 2022年1月1日のツイート2022年1月1日閲覧。
  211. ^ ウメミヤユリ 2022年9月1日のツイート2022年9月1日閲覧。
  212. ^ ふかさわ映 2017年10月1日のツイート2017年10月4日閲覧。
  213. ^ ふかさわ映 2018年11月1日のツイート2018年11月3日閲覧。
  214. ^ 姉フレンド編集部 2020年7月1日のツイート2020年7月3日閲覧。
  215. ^ 佳菜 2021年10月1日のツイート2021年10月2日閲覧。
  216. ^ 姉フレンド編集部 2020年7月2日のツイート2020年7月3日閲覧。
  217. ^ 姉フレンド編集部 2021年8月3日のツイート2021年8月3日閲覧。
  218. ^ 姉フレンド編集部 2020年7月2日のツイート2020年7月3日閲覧。
  219. ^ 姉フレンド編集部 2021年8月1日のツイート2021年8月3日閲覧。
  220. ^ 仲月かな 2017年12月1日のツイート2017年12月5日閲覧。
  221. ^ 姉フレンド編集部 2019年3月2日のツイート2019年3月3日閲覧。
  222. ^ 仲月かな 2019年3月1日のツイート2019年3月3日閲覧。
  223. ^ 姉フレンド編集部 2020年4月1日のツイート2020年4月1日閲覧。
  224. ^ 蒼井みづ 2020年4月1日のツイート2020年4月1日閲覧。
  225. ^ 蒼井みづ 2021年6月1日のツイート2022年6月2日閲覧。
  226. ^ 姉フレンド編集部 2019年10月2日のツイート2019年10月4日閲覧。
  227. ^ 姉フレンド編集部 2020年10月1日のツイート2020年10月1日閲覧。
  228. ^ a b 姉フレンド編集部 2020年6月1日のツイート2020年6月1日閲覧。
  229. ^ a b 姉フレンド編集部 2021年1月1日のツイート2021年1月1日閲覧。
  230. ^ a b c d e f g h i j k 姉フレンド創刊!“大人のラブきゅん”を電子雑誌で、清野静流らの新作ずらり”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年12月1日). 2016年12月18日閲覧。
  231. ^ 姉フレンド編集部 2021年2月1日のツイート2021年2月2日閲覧。
  232. ^ 姉フレンド編集部 2021年11月4日のツイート2021年11月4日閲覧。
  233. ^ a b 姉フレンド編集部 2022年7月1日のツイート2022年7月1日閲覧。
  234. ^ 姉フレンド編集部 2022年12月2日のツイート2022年12月3日閲覧。
  235. ^ 藤代香澄 2019年2月1日のツイート2019年2月2日閲覧。
  236. ^ 姉フレンド編集部 2019年2月1日のツイート2019年2月2日閲覧。
  237. ^ 姉フレンド編集部 2018年3月3日のツイート2018年3月6日閲覧。
  238. ^ 姉フレンド編集部 2018年10月3日のツイート2018年10月5日閲覧。
  239. ^ 姉フレンド編集部 2021年12月1日のツイート2021年12月1日閲覧。
  240. ^ a b c d e f g h i 姉フレンド80号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年10月2日閲覧。
  241. ^ 姉フレンド編集部 2022年8月1日のツイート2022年8月1日閲覧。
  242. ^ a b 姉フレンド79号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年7月15日閲覧。
  243. ^ 間下めぐみ 2017年1月1日のツイート2017年1月2日閲覧。
  244. ^ 間下めぐみ 2018年5月2日のツイート2018年5月4日閲覧。
  245. ^ 姉フレンド編集部 2023年3月1日のツイート2023年3月1日閲覧。
  246. ^ a b c d e f g h i j 姉フレンド82号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年10月2日閲覧。
  247. ^ a b c d e f g h i 姉フレンド85号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年11月4日閲覧。
  248. ^ 姉フレンド編集部 2017年4月1日のツイート2017年9月3日閲覧。
  249. ^ 姉フレンド編集部 2019年1月1日のツイート2019年1月1日閲覧。
  250. ^ 姉フレンド編集部 2019年10月2日のツイート2019年10月4日閲覧。
  251. ^ a b 姉フレンド編集部 2021年5月1日のツイート2021年5月1日閲覧。
  252. ^ a b 姉フレンド編集部 2022年5月1日のツイート2022年5月2日閲覧。
  253. ^ 間下めぐみ 2022年5月1日のツイート2022年5月2日閲覧。
  254. ^ 丹沢ユウ 2021年10月1日のツイート2021年10月2日閲覧。
  255. ^ a b c 姉フレンド編集部 2021年3月1日のツイート2021年3月1日閲覧。
  256. ^ 姉フレンド編集部 2018年3月2日のツイート2018年3月6日閲覧。
  257. ^ a b c d e f g h i 姉フレンド84号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年11月4日閲覧。
  258. ^ a b c d e f g h 姉フレンド86号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年12月3日閲覧。
  259. ^ 姉フレンド編集部 2021年3月1日のツイート2021年3月1日閲覧。
  260. ^ 姉フレンド編集部 のツイート2023年1月1日閲覧。
  261. ^ 姉フレンド編集部 2022年3月1日のツイート2022年3月1日閲覧。
  262. ^ 曙はる 2022年5月1日のツイート2022年5月2日閲覧。
  263. ^ 姉フレンド編集部 2017年8月2日のツイート2017年12月5日閲覧。
  264. ^ 姉フレンド編集部 2020年3月1日のツイート2020年3月2日閲覧。
  265. ^ 姉フレンド編集部 2020年3月2日のツイート2020年3月2日閲覧。
  266. ^ 姉フレンド編集部 2021年10月2日のツイート2021年10月2日閲覧。
  267. ^ 姉フレンド編集部 2019年9月1日のツイート2019年9月1日閲覧。
  268. ^ 姉フレンド編集部 2021年8月3日のツイート2021年8月3日閲覧。
  269. ^ 「タイトルが刺激的…!」「攻めてるな!」 もっとドキドキしたいオトナ女子へ贈る胸キュン電子コミック誌『姉フレンド』創刊”. ダ・ヴィンチweb. KADOKAWA (2016年12月1日). 2023年9月14日閲覧。
  270. ^ a b c d e f g h i j 姉フレンド91号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2024年5月11日閲覧。
  271. ^ a b c d e f g h i 姉フレンド81号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年10月2日閲覧。
  272. ^ a b c d e f 姉フレンド83号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年10月2日閲覧。
  273. ^ a b c d e f g h i j 姉フレンド88号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2024年2月14日閲覧。
  274. ^ a b c d e f g h i j 姉フレンド90号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2024年4月14日閲覧。
  275. ^ a b c d e f g h 姉フレンド89号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2024年3月14日閲覧。
  276. ^ 姉フレンド編集部 2017年9月1日のツイート2017年9月3日閲覧。
  277. ^ a b c d e f g h 姉フレンド87号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2024年2月14日閲覧。
  278. ^ 姉フレンド編集部 2022年12月1日のツイート2022年12月1日閲覧。
  279. ^ 姉フレンド編集部 2022年9月1日のツイート2022年9月1日閲覧。
  280. ^ 姉フレンド編集部 2020年1月1日のツイート2020年1月1日閲覧。
  281. ^ 姉フレンド編集部 のツイート2022年6月2日閲覧。
  282. ^ 姉フレンド78号”. 姉フレンド|コミックプラス. 講談社. 2023年7月15日閲覧。
  283. ^ 鳥海ペドロ 2022年4月2日のツイート2022年7月1日閲覧。
  284. ^ 姉フレンド編集部 2022年4月2日のツイート2022年4月3日閲覧。
  285. ^ 姉フレンド編集部 2021年11月1日のツイート2021年11月4日閲覧。
  286. ^ ウェブ&モバイル向け増刊号「別フレデジタル」創刊”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年4月15日). 2021年7月2日閲覧。
  287. ^ a b c d “別フレの姉妹デジタル誌・別フレフロンティアが創刊”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年4月26日). https://natalie.mu/comic/news/68521 2023年12月3日閲覧。 
  288. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1979年版』
  289. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1980年版』
  290. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1981年版』
  291. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1982年版』
  292. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1983年版』
  293. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1984年版』
  294. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1985年版』
  295. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1986年版』
  296. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1987年版』
  297. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1988年版』
  298. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1989年版』
  299. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1990年版』
  300. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1991年版』
  301. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1992年版』
  302. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1993年版』
  303. ^ 『1994年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  304. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ 1994年版』
  305. ^ 『1995年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  306. ^ 『1996年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  307. ^ 『1997年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  308. ^ 『1998年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  309. ^ 『1999年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  310. ^ 『2000年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  311. ^ 『2001年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  312. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる1号あたり平均部数。



「Bessatsu Friend」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Bessatsu Friend」の関連用語

1
2% |||||

Bessatsu Friendのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Bessatsu Friendのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの別冊フレンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS