金に糸目をつけないとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 金に糸目をつけないの意味・解説 

金に糸目を付けない

読み方:かねにいとめをつけない
別表記:金に糸目をつけない、金に糸目をつけぬ金に糸目を付けぬ

惜しみなくいくらでも金を使うことを意味する語。糸目とは、凧の表面数本付けて揚がり具合姿勢制御するための糸、あるいはその糸を括るために空ける穴のことである。糸目付いていない凧が制御不能になり、風に任せて飛んでいってしまうことと、出費抑えないことを掛けた表現である。

金(かね)に糸目(いとめ)を付(つ)け◦ない

読み方:かねにいとめをつけない

糸目をつけない凧(たこ)は制御できないところから惜しがらないでどんどん金を使う。「手に入れるためには—◦ない」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

金に糸目をつけないのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金に糸目をつけないのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS