真説エロティック・ゴーストストーリーとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 真説エロティック・ゴーストストーリーの意味・解説 

真説エロティック・ゴーストストーリー

原題:Erotic Ghost Story III 聊齋三集之 燈草和尚
製作国:香港
製作年:1992
配給:イメージファクトリーアイエム
スタッフ
監督:黎繼明 ガイ・ライ
製作:周震東 チョウ・チュントン
製作総指揮:Chua Lam 蔡瀾
脚本:甲元一 コウ・ユンヤッ
撮影:Bill Wong 黄仲標 ビル・ウォン
SFX:佐川和夫 サガワカズオ
音楽:Tats Lau 劉以達 タッツ・ラウ
美術:Fong Ying 方盈
編集:張耀宗 チョン・イウチョン

呉宏雄 
スタント・コーディネーター:郭振鋒 フィリップ・クォック
キャスト(役名
陳寶蓮 チャン・ポーリン (不明
Shing Fui On 成奎安 シン・フイウォン (不明
黄徳斌  (不明
植敬■ ※■は(雨に文)  (不明
大友梨奈  (不明
丹沢亜紀  (不明
解説
中国古典題材にした怪談話を、エロティック味付けしたアクション映画シリーズ第3作だが、日本ではこの作品のみが劇場公開された(他はビデオ発売)。監督ガイ・ライ脚本コウ・ユンヤッで、SFX日本から佐川和夫参加している。出演陳寶蓮、成奎安のほか、日本AV女優大友梨奈丹沢亜紀出演している。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
乱と災害荒れ果てた唐時代中国旅の男チュウチャン・ポーリン)は、追いかけてきた許婚リュウ荒れた屋敷一夜をとろうとする。そこで出会ったのは燈大師という和尚だった。チュウは女の妖怪を描いた絵を見て興味をひかれ、和尚に頼んで絵の中の世界魔界へと旅立つ。そこで美女イーモン見入られたチュウは、彼女と結婚式挙げるまでになる。だが、式の最中魔界覇権を握る老妖怪乱入され、イーモン連れ去られる。チュウは老妖怪対決し、老妖怪奥方策略で、チュウは老妖怪退治する。奥方祝宴を開くが、チュウ奥の部屋縛られて後で奥方むりやり犯される危うくイーモン助け出されたチュウは、和尚法輪を使って現世に帰って来る。だが、老妖怪に噛まれた跡が膿み、チュウ瀕死の状態。それを救ったのは許婚リュウだった。処女だったリュウは自らの身を気絶したチュウの上捧げチョウは助かる。だが、チョウうわごとでつぶやいたのは魔界の女イーモンの名だった。好奇心に駆られたリュウ魔界へ入っていく。和尚からリュウ献身ぶりを聞かされたリュウは、和尚と共に彼女を救出するため、魔界へ入る。イーモンチョウ奥方魔の手をついに倒す。リュウたちは、イーモン連れて現世帰り着くが、魔界に行くなど無理が祟ったチョウは死んでしまい、その身替わりイーモン人間になることができた。こうしてチョウイーモンは結ばれたのだった

真説エロティック・ゴースト・ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/19 02:13 UTC 版)

真説エロティック・ゴースト・ストーリー』(原題:聊斎三集之 燈草和尚Erotic Ghost Story III)は、1992年に製作された香港映画。第1作『真説エロティック・ゴースト・ストーリー/艶魔大戦』、第2作『真説エロティック・ゴースト・ストーリー/覇王ウーチュンの逆襲』に続くシリーズ第3作である。




「真説エロティック・ゴースト・ストーリー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「真説エロティック・ゴーストストーリー」の関連用語

真説エロティック・ゴーストストーリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



真説エロティック・ゴーストストーリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真説エロティック・ゴースト・ストーリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS