物臭とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 物臭 > 物臭の意味・解説 

もの‐ぐさ【物臭/×懶】

[名・形動古くは「ものくさ」》めんどうがること。また、その性質・人や、そのさま。無精。「—をする」「—な態度


もの‐ぐさ【懶・物臭】

〔名〕 (古くは「ものくさ」)

① (形動物事をするのにめんどうがること。不精(ぶしょう)なこと。また、その性質その人、あるいは、そのさま。

とはずがたり14C前)二「物くさながら出たちて、やなぎのきぬに、くれなゐのうちき」

② 短くて、かかとのない草履(ぞうり)。足半(あしなか)。尻切れ草履ものくさ草履。〔名語記(1275)〕


もの‐くさし【懶・物臭】

〔名〕 ものぐさいこと。不精(ぶしょう)なこと。また、その人ものぐさ

御伽草子物くさ太郎室町末)「名を物くさ太郎と申す事は、国にならびなき程の物くさしなり」


もの‐ぐさ・い【懶・物臭】

〔形口〕 [文]ものぐさ・し 〔形ク〕 (古くは「ものくさし」)

① 何となくくさい。どこからともなく嫌なにおいがする。

落窪(10C後)一「女君は、程ふるままに、物くさ部屋に臥して」

② 何となく怪しい。疑わしげである。くさい。

浮世草子古今堪忍記(1708)七「端々都合あはずと見ゆるは、如何様物ぐさき仕出しと」

物事をするのがおっくうである。めんどうである。大儀だ。わずらわしい気が進まない

今鏡(1170)九「この碁ものぐさしとて立ち給にけりとかや」

病気気分がすぐれない。体の具合が悪い。

寛永刊本蒙求抄1529頃)八「体中佳時とは、ちっと物(もノ)ぐさい時に易をみると云ぞ」

(5) とるにたりない問題にならないしゃらくさい

幸若・高たち(室町末‐近世初)「今はむかふかたきのあらされは、ええ、物くさいいくさ哉」

〔他ラ四〕

形動

〔名〕




物臭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「物臭」の関連用語

物臭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



物臭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS