派手婚とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 派手婚の意味・解説 

ハデ婚

読み方:はでこん
別表記:はで婚、派手婚

派手な結婚。金がかかっていて豪奢結婚式披露宴様子

派手婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/28 05:08 UTC 版)

派手婚(はでこん)とは社会において行われている結婚式の形態を意味する言葉である。派手婚とされるような結婚式というのは、式典披露宴に多額の費用をかけたようなもののことである。派手婚の反意語としては地味婚というものが存在している[1]。社会において行われている結婚式というのは、その時々の社会情勢を映し出しているとのことであり、1980年代後半からのバブル経済の時代に多く行われていた結婚式というのは派手婚とされるものであった。そのような結婚式の披露宴というのは一大イベントであり、式場も豪華であり、その絢爛さを競い合うというものであった。そのような時代の派手婚の費用というのは500万円以上は当たり前であり、1000万円を超えるという例も珍しくなかったとのこと。だがバブル崩壊してからの1990年代後半以降は派手婚というのは敬遠されるようになり、地味婚とされる豪華な装飾ではない披露宴や、ナシ婚と呼ばれる披露宴が無しの結婚式や入籍のみという形の結婚も増えた[2]




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「派手婚」の関連用語

派手婚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



派手婚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの派手婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS