指呼とは?

し‐こ【指呼】

[名](スル)

指さして呼ぶこと。指さしてそれと言うこと。「指呼していわく」

呼べば答えるほどの近い距離。「道を隔て指呼の間(かん)にある」


し‐こ【指呼】

〔名〕

① (━する) 指さして呼ぶこと。呼びよせて使うこと。

明徳記(1392‐93頃か)中「あたりを払へる有様高祖韓信彭越両将の機をつかさどて、百万の兵を指呼に随へしに異ならず」

奇想凡想(1920)〈宮武外骨我輩が公に有する財産幾十万巻蔵書は指呼(シコ)の儘に机上の物と成る」〔劉子翬‐劉兼道猟詩〕

② 呼べば声が届いて答えられるほどの近い距離。指顧

浄瑠璃浦島年代記(1722)一「三万里蓬莱、指呼(シコ)の中」

生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉二「平野をはさんで指呼の間に、〈略〉杉野の家が見える」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「指呼」の関連用語

指呼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



指呼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS