後腹膜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 腹膜 > 後腹膜の意味・解説 

こうふく まく [3] 【後腹膜】

腹膜腔の背側で膜腔の後壁との間の腔。膵臓腎臓腸の一部などが存在

後腹膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/24 04:07 UTC 版)

後腹膜(こうふくまく)とは、解剖学的に腹膜の外側のことを指す用語である[1]腹腔より背中側に存在し、膵臓腎臓大動脈などが含まれる[2]


  1. ^ 後腹膜の肉腫”. 国立がん研究センター. 2018年1月4日閲覧。
  2. ^ 後腹膜”. コトバンク. 2018年1月4日閲覧。
  3. ^ 和泉秀樹ほか (2010-1-6). “後腹膜脂肪肉腫の1例”. 日本消化器病学会雑誌 (日本消化器病学会) 107 (9). doi:10.11405/nisshoshi.107.1505. 


「後腹膜」の続きの解説一覧





後腹膜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「後腹膜」の関連用語

後腹膜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

齋藤仁志

74式戦車

ゴールドラスター

フンボルトペンギン

直火式エスプレッソ

松か井の水

KTM 85 SX

ツケ





後腹膜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後腹膜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS