居の打ちとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > 剣道用語 > 居の打ちの意味・解説 

居の打ち、色(いろ)の打ち

フェイントをかけて打つ技で相手気の迷いを打つのである
虚の剣の使い手であるとか、色の稽古であるとかいわれるのは、いささか蔑視された表現であり、奨励すべき技ではない。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

居の打ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



居の打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2021 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典

©2021 GRAS Group, Inc.RSS