和田照海とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 和田照海の意味・解説 

和田照海

和田照海の俳句

みどり児の眠りこけたるひろしま忌
ナウマンゾウ起こさぬやうにラムネ吹く
二の簗にいぢけてをりぬ落鰻
光陰の矢の真直に煤逃げす
六地藏縄張りに入れ鵙猛る
夢二忌や骨董市の合せ鏡
宿坊の裏は吉野の葱坊主
寒禽の日和啼きして和紙の里
山映るまで代掻いて忍野に老ゆ
巣燕に水軍城の軒赦す
百本を焼いて鰻の日を終る
神の留守汽車は谺あそびして
秋の蝶よりも遊女の低き墓
粥柱神島はみな男椀
船虫やうしほ隠しのクルス岩
草の穂を少女持ちして恋の寺
辻褄は合はせるものよ衣被
雁渡し一湖をよぎるものの水脈
 




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和田照海」の関連用語

和田照海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和田照海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会

©2022 GRAS Group, Inc.RSS