人三化七とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 人三化七の意味・解説 

にんさん‐ばけしち【人三化け七】

人間らしい部分三分で、化け物のような部分七分である意》容貌(ようぼう)の醜いこと。


にんさん‐ばけしち【人三化七】

〔名〕 (人間らしい部分三分で、怪物のような部分七分の意) 容貌のひどく醜い人。多く女性容貌についていう。

歌舞伎梅雨小袖昔八丈髪結新三)(1873)三幕「人三化七(ニンサンバケシチ)といふ顔だ」


人三化七

読み方:にんさんばけしち

  1. 人間三分化物七分といふ義、容貎の醜き形容
  2. 人間三分化物七分の意で、醜い容貎のこと。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人三化七」の関連用語

人三化七のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人三化七のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS