ユーフォロジーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ユーフォロジーの意味・解説 

ユーフォロジー

別表記:ufology

UFO未確認飛行物体)に対す研究UFO学UFOに、学問を意味する「logy」を組み合わせた語。

UFO研究

(ユーフォロジー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/23 15:41 UTC 版)

UFO研究(ユーフォーけんきゅう、UFO学ユーフォロジー、Ufology)とは、未確認飛行物体(UFO)の数々の報告とその証拠について研究する人々の様々な成果を指すための表現である。この場合、未確認飛行物体とは本来の意味での航空軍事用語ではなく、主として地球を訪問する宇宙人の乗り物(エイリアン・クラフト)と一般的に推定されている正体不明の飛行物体という意味であり、超常現象用語である。本項目ではそのような意味で説明される。


  1. ^ “英国防省:UFO係、半世紀の歴史に幕 「経費の無駄」”. 毎日新聞. (2013年6月22日). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/rG9uc 2013年6月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h SARL France News Digest フランスニュースダイジェスト社 (2007年4月13日). “ついに政府が認めたUFOの存在?! from France” (日本語). 2011年4月5日閲覧。
  3. ^ 呉智英(監修)『オカルト徹底批判』 朝日新聞社 1994年5月15日)
  4. ^ ビル・コールマン『米空軍「UFO機密ファイル」の全貌』グリーアンアロー出版社,1990, ISBN 4766331176
  5. ^ a b c d e f g h i デビッド・マイケル・ジェイコブス英語版 『全米UFO論争史』星雲社,2006, ISBN 4434083732
    原書: The UFO Controversy in America.,1975
  6. ^ ティモシー・グッド『トップシークレット』二見書房
  7. ^ ビル・コールマン『米空軍「UFO機密ファイル」の全貌』グリーアンアロー出版社
  8. ^ 『全米UFO論争史』星雲社
  1. ^ このニュースのフランス語版のタイトルはあくまで「28% d'ovnis PROPORTION DES OBSERVATIONS D'OBJETS - QUALIFIES NON IDENTIFIES」等でありフランス語版の記事タイトルを訳すと「目撃された物体のうち28%がovnis -正体不明」である(「Le Monde」紙他。)。つまり、あくまで「正体不明(複数形)」としていて、記事内容も冷静・控え目である。それに比べて日本語のweb記事のタイトルは(執筆者の資質のせいか)「ついに政府が認めたUFOの存在?! from France」となっており、記事内容もスポーツ新聞風の書き方になっている。正確な基本情報だけを知りたい場合は元のフランス語版を読むほうが良い。CNESの発表はOVNIの情報であり、OVNIが一体何なのか?ということについては憶測や断定はしていない。CNESの発表は、OVNIを研究する人々のために、飛行物体の目撃報告を、①人工衛星などと具体的に立証できる現象、②(ありきたりの)説明がつく現象、③信ぴょう性が低い、④いずれでもなく未確認、と分類した場合に、どういう割合になっているか、ということを、脚色をふくめないように、そのままに提供しているのである。
  2. ^ PDF版




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユーフォロジー」の関連用語

ユーフォロジーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユーフォロジーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのUFO研究 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS