フランソワ・マリー・ド・ロレーヌとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フランソワ・マリー・ド・ロレーヌの意味・解説 

フランソワ・マリー・ド・ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/07 15:29 UTC 版)

フランソワ・マリー・ド・ロレーヌFrançois Marie de Lorraine, prince de Lillebonne, duc de Joyeuse, 1624年4月4日 - 1694年1月19日)は、フランスの貴族。リルボンヌ公およびジョワイユーズ公。エルブフ公シャルル2世とその妻でカトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボンの間の四男として生まれた[1]。母方の祖父母はアンリ4世王とガブリエル・デストレである。エルブフ公シャルル3世、アルクール伯フランソワ・ルイの弟。


  1. ^ van de Pas, Leo. “François Marie de Lorraine, Prince de Lillebonne”. Genealogics .org. 2010年3月5日閲覧。


「フランソワ・マリー・ド・ロレーヌ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

フランソワ・マリー・ド・ロレーヌのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

祖母傾国定公園

白浜海水浴場

クレッセンド

VU850N/47D

リビング

木曽川

管柱

7050形





フランソワ・マリー・ド・ロレーヌのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランソワ・マリー・ド・ロレーヌ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS