トークンエコノミー法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > トークンエコノミー法の意味・解説 

トークンエコノミー法

読み方:トークンエコノミーほう

主に、特別支援教育において、障害のある子どもに対して行う療法一つで、子どもがある望ましい行動をした際に、物品などの「ごほうびトークン)」を与えるという方法のこと。これにより、子どもがその望ましい行動をより頻繁に行うようになる心理学効果があるとされている。具体的な例として、子どもがお手伝いをした際などに、シールお菓子などを決められた個数渡すなどの事例挙げることができる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トークンエコノミー法」の関連用語

トークンエコノミー法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トークンエコノミー法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS