デジモンアドベンチャー_triとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > デジモンアドベンチャー_triの意味・解説 

デジモンアドベンチャー tri.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 15:13 UTC 版)

デジモンアドベンチャー tri.』(デジモンアドベンチャー トライ、DIGIMON ADVENTURE tri.)は、デジモンシリーズOVA作品[5]と劇場版作品[6]デジモンアドベンチャーシリーズの続編。全6章で、2015年から2018年まで、3週間限定劇場上映・劇場限定版Blu-ray発売・有料配信の同時展開が行われていた。




  1. ^ a b 2015.12.07『デジモンアドベンチャー tri.』第2章「決意」2016年3月12日(土)より上映開始! | デジモンアドベンチャー tri.
  2. ^ a b キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.70
  3. ^ a b キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.50
  4. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.52
  5. ^ デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」”. 東映アニメーション. 2016年12月29日閲覧。
  6. ^ デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」”. 東映アニメーション作品ラインナップ. 2019年4月1日閲覧。
  7. ^ “―デジモンアドベンチャー15th Anniversary Project―8月1日お台場イベントで新ニュースを続々発表!「デジモンアドベンチャー新シリーズ」製作決定!!!”. 東映アニメーション株式会社. http://corp.toei-anim.co.jp/press/2014/08/15th_anniversary_project81.php 
  8. ^ 元ソースより
  9. ^ a b c d “デジモン:新作劇場版のキャラビジュアル公開 “選ばれし子どもたち”が大人に”. まんたんウエブ. (2018年12月22日). https://mantan-web.jp/article/20181222dog00m200001000c.html 2018年12月31日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “「デジモン」新たな劇場版が製作決定 シリーズ初代プロデューサーの関弘美氏がスーパーバイザー”. アニメハック. (2018年7月31日). https://anime.eiga.com/news/106824/ 2018年12月31日閲覧。 
  11. ^ アルマジモン役の浦和めぐみは『02』では伊織と2役だったが、『LAST EVOLUTION 絆』ではアルマジモンのみとなった。
  12. ^ 西島大吾役だった浪川大輔はヤマトを演じることになる。
  13. ^ ニャロモンに退化したのは今作が初。
  14. ^ デジモンアドベンチャー tri. SPECIAL:第二章「決意」キャストコメント
  15. ^ 第3章で初めて声付きで登場。
  16. ^ 本編では空役の水谷優子が担当していたが、レギュラー声優陣の交代によって重松が担当した。
  17. ^ 体調不良のため、2009年リリースの『Butter-fly 〜Strong Version〜』に収録されている『Seven 〜10th MEMORIAL Version〜』のものを再使用。
  18. ^ 東映アニメーション創立60周年特集栄光の60年!勝利の方程式は、アニメ専門チャンネルアニマックスで2016年7月30日(土曜日)18:00 - 31日(日曜日)23:00にかけて放送された超長時間特別番組。


「デジモンアドベンチャー tri.」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デジモンアドベンチャー_tri」の関連用語

デジモンアドベンチャー_triのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デジモンアドベンチャー_triのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデジモンアドベンチャー tri. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS