セーラー服 百合族とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > セーラー服 百合族の意味・解説 

セーラー服 百合族

原題:
製作国:日本
製作年:1983
配給:
スタッフ
監督:那須博之 ナスヒロユキ
プロデューサー:細越省吾 
脚本:斎藤博 サイトウヒロシ
企画:山田耕大 ヤマダコウタ
撮影:前田米造 マエダヨネゾウ
音楽演奏:ピンナップス 
歌:ピンナップス 
選曲:佐藤富士男 サトウフジオ
編集:山田真司 ヤマダシンジ
録音:伊藤晴康 イトウハルヤス
スチール:井本俊康 
助監督:瀬川正仁 セガワマサヒト
照明:矢部一男 ヤベカズオ
キャスト(役名
山本奈津子 ヤマモトナツコ (美和子)
小田かおる オダカオル (なおみ)
倉吉朝子 クラヨシアサコ (良江)
江崎和代 エザキカズヨ (秀子)
水上功治 ミズカミコウジ (一平
矢田秀明 ヤダヒデアキ (公夫)
益富信孝 マストミノブタカ (太郎
章文栄 ショウブンエイ (女生徒
小野沢結美  (女生徒B)
伊藤さなえ イトウサナエ (女生徒C)
解説
レズビアン・セックスに耽ける女子高校生の姿を描く。脚本斎藤博監督は「ワイセツ家族 母と娘」の那須博之撮影は「悪魔の人質」の前田米造それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
高校クラスメイト美和子となおみは仲良しレズビアンだ。美和子はバージンだが、両刀使いのなおみには一平というボーイフレンドがいる。ある日生理のないなおみは、妊娠したと思い一平詰め寄る取り合ってくれない。そんな二人美和子は嫉妬の眼で見つめていた。暫くして生理のあったなおみは一平仲直り二人から帰っていいよと言われ、寂しそうに帰る美和子は、東大一直線ガリ勉の公夫と出会った美和子に好意を持つ公夫は、彼女をピーピングルームに連れて行くと、カメラで淫写を始め最後に局部見せほしいと迫るが、肝心なところで彼女は出ていってしまう。ある晩、美和子は団地に住む良江に呼びとめられる。良江に愛撫された美和子は、なおみとでさえ感じたことのない快感打ち震えた。翌日美和子はなおみの嫉妬心を煽ろうと、良江とのクライマックスを話すが、彼女は冷笑するたけだ。そこで、美和子は一平部屋に行くと、全裸になってベッド入り、彼が帰宅すると、抱いてと叫んだ。一平美和子にむしゃぶりつき、そこへなおみがやってきて大騒ぎとなる。数日後、なおみは美和子に一平との関係を追及していると、いつの間にかヘン気分になってしまい、お互いにキスを降らせ、指技で股間応戦合い同時に果ててしまう。ある日スナック閉店し、一平となおみが帰ろうとすると、窓から美和子の股間アップが写された写真投げ込まれた。公夫の仕業で、彼は美和子に冷たくされた腹いせに、その写真学校中にバラまくという。公夫の美和子への切ない恋心同情した一平となおみは、二人ホテルで合わそうと画策し、美和子はなんとかバージン喪失した。しかし、初体験にもの足りなさを感じ美和子は部屋になおみを呼ぶ。どうしても、男とのセックス満ち足りない二人は、全裸になって愛撫合い、なおみは美和子の股間人形挿入する。美和子となおみの歓喜果てしなく続くのだった

セーラー服 百合族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/14 02:25 UTC 版)

セーラー服 百合族』は、1983年に製作された日本映画。DVD題は、『制服 百合族』。




「セーラー服 百合族」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セーラー服 百合族」の関連用語

セーラー服 百合族のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セーラー服 百合族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセーラー服 百合族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS