ウンム・サラールとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ウンム・サラールの意味・解説 

ウンム・サラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 21:01 UTC 版)

ウンム・サラールアラビア語: بلدية أم صلال‎、Umm SalalまたはUmm Slal)は、7つ存在するカタールの行政区画(بلدية)の一つ、ドーハの北西にあり、行政区画で唯一海に面していない。バルザーン塔英語版(バルザーン宮とも)の建つウンム・サラール・ムハンマドやウンム・サラール・アリーなどがある[1]。人口は60,509人(2010年4月)[2]。ウンム・スラール




  1. ^ نبذة تاريخية عن بلدية أم صلال”. Ministry of Municipality & Urban Planning. 2013年2月21日閲覧。
  2. ^ Population by Sex and Municipality April 2010”. Qatar Statistics Authority. 2013年2月22日閲覧。


「ウンム・サラール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウンム・サラール」の関連用語

ウンム・サラールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウンム・サラールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウンム・サラール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS