アフタータッチとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 機器 > 音響機器 > 電子楽器 > アフタータッチの意味・解説 

アフタータッチ [after touch]

鍵盤をいったん弾き、さらに押し込むことによって送信されるMIDI情報

アフタータッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/14 08:16 UTC 版)

アフタータッチAfter-Touch )とは、シンセサイザーなどの電子鍵盤楽器において、一度鍵盤を押下した後、更に押し込むことで音量増加やモジュレーションの効果を付加する機能を指す。キープレッシャー(ポリフォニックキープレッシャー)とチャンネルプレッシャーがあり、アフタータッチに対応した鍵盤楽器のみこれらのデータを出力することができる。




「アフタータッチ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アフタータッチ」の関連用語

アフタータッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アフタータッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアフタータッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS