ふりてとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 古本用語 > ふりての意味・解説 

振手(ふりて)

振り市(せり市)において、車座に座る買手前に出品された本の書名内容特徴などを的確に伝え買値発声を促し、本人が適当と思われる値でせり落とす。相当な権限を持った人。公平かつ商品流通相場幅広い知識をもち、進行することを原則としているが、たまにはコネしがらみなどで、裁量狂いが生じることも無いではない。


ふりて

  1. 市場品物場内出して値をきめる者。振り人(手)。〔業〕

分類 業/商人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ふりて」の関連用語

ふりてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ふりてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2020
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS