くちべらしとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > くちべらしの意味・解説 

くち‐べらし【口減らし】

[名](スル)家計負担軽くするために、子供奉公出したり養子にやったりして、養うべき家族人数を減らすこと。


くち‐べらし【口減】

〔名〕 (「口」は口の数、すなわち人数の意) 人数を減らすこと。特に、生活費助けるために、家族の中の何人かを他に奉公出したり、養子にやったりすること。

美濃浪人(1966)〈司馬遼太郎〉「口べらしのために遠縁にあたる酒造業若原屋にもらわれたが」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「くちべらし」の関連用語

くちべらしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



くちべらしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS