鈴木清順とは?

鈴木清順

以下の映画鈴木清順関連しています。
太秦/エアプレーンレーベル
ニューウェーヴ=グルーヴコーポレーション
シネカノン=ケイブルホーグ
 
 
ムービーギャング
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


鈴木清順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/22 08:05 UTC 版)

鈴木 清順すずき せいじゅん1923年5月24日[1] - )は、日本映画監督俳優。本名は鈴木 清太郎(すずき せいたろう)[1]日活の専属監督として名を馳せ、小林旭高橋英樹宍戸錠らを主演に迎えた。『殺しの烙印』は一般映画のみならずカルト映画としても世界的な評価が高い。『ツィゴイネルワイゼン』、『陽炎座』、『夢二』の三部作では幽遠な映像美を見せた[2]。その独特の映像表現は「清順美学」と呼ばれる。




  1. ^ a b c d e f 『映像メディア作家人名事典』「鈴木 清順 すずき・せいじゅん」1991年1月
  2. ^ 「この三部作には戦後日本映画が到達したもっとも洗練された美意識と、極度にバロック的な精神の結合が見受けられる」(四方田犬彦『日本映画史110年』集英社新書 2014年p.214)。
  3. ^ 他に合格したのは、松山善三、井上和男、斎藤武市中平康、有本正、生駒千里、今井雄五郎らがいた。
  4. ^ a b 高崎俊夫 フランス映画社の復活、そして川喜多和子さんのこと 2010年11月
  5. ^ 2014/7/26~8/1上映作品 | 鈴木清順監督特集『けんかえれじい』/『東京流れ者』/『野獣の青春』/『刺青一代』 早稲田松竹
  6. ^ 戦後のキネマ旬報ベストテンで2年連続3位以上に入賞したのは、黒澤明木下恵介今井正市川崑山田洋次大島渚岡本喜八深作欣二であるが、その後一度もベストテン入りできていない監督は鈴木のみであり、他は全員が3本以上の作品をベストテン入りさせている。
  7. ^ a b 88歳・鈴木清順監督が再婚 相手は48歳年下 2011年6月27日 スポニチ


「鈴木清順」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鈴木清順」の関連用語

鈴木清順のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMA L705i

ティーボール

ピナキオル石

護衛艦「やまぐも」型

アジャスター

育成牧場

パプキン

URBANO BARONE





鈴木清順のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木清順 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS