東武ワールドスクウェアとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > テーマパーク > 日本のテーマパーク > 東武ワールドスクウェアの意味・解説 

東武ワールドスクウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/15 06:30 UTC 版)

東武ワールドスクウェア 世界建築博物館(とうぶワールドスクウェア せかいけんちくはくぶつかん、Tobu World Square)は、栃木県日光市鬼怒川温泉にある世界各国の遺跡や建築物を再現した日本ミニチュアパークである。




  1. ^ 東武ワールドスクウェア株式会社の求人情報(お役立ちハローワークの求人情報)
  2. ^ a b c 「スカイツリートレイン」を期間限定で運転します! (PDF) - 東武鉄道 2010年4月16日
  3. ^ 田中(2004)、20ページ。
  4. ^ レジャーランド&レクパーク総覧2007(綜合ユニコム)。
  5. ^ 東武ワールドスクウェア、開園15周年に合わせ販促(日本経済新聞2008年2月22日
  6. ^ 2010年度決算説明会 (PDF, 23ページ) - 東武鉄道 2011年5月12日
  7. ^ 『トップ 戦略を聞く ミニ建築堅調20周年読売新聞東京本社栃木版 2012年12月28日
  8. ^ 『ワールドスクウェア、来園1500万人達成』下野新聞 2013年8月15日
  9. ^ 東武ワールドスクウェア昭文社・MAPPLE観光ガイド)。この他の東武鉄道に関する「102」の語呂合わせには10月2日(東武の日)及び、かつて運営していた会員制情報サービス「102@Club」(いちまるにあっとくらぶ)等が存在する。
  10. ^ a b 下野新聞1999年4月25日
  11. ^ a b c d 会社の沿革 平成11年〜(東武鉄道)
  12. ^ ヴァルディサーカス(Wayback Machine)
  13. ^ 東武鉄道・TWS,、8ページ、140-141ページ。
  14. ^ 日本経済新聞・栃木地方版、2000年4月21日
  15. ^ キャラクター紹介/トムWayback Machine
  16. ^ キャラクター紹介/マイム(Wayback Machine)
  17. ^ a b c 会社の沿革 平成元年〜10年(東武鉄道)
  18. ^ 日経流通新聞、1999年9月28日
  19. ^ 『東武グループ、「再構築プラン」を策定、財務体質の強化図る』ニッキン 2002年2月1日
  20. ^ 『東武鉄道 ワールドスクウェアと東武動物公園を子会社に譲渡』日刊建設工業新聞 2002年3月28日
  21. ^ 『東武鉄道、東武動物公園の固定資産譲渡』日本工業新聞2002年5月31日
  22. ^ 『ワールドスクウェア 子会社に譲渡 東武鉄道がコスト削減』下野新聞 2002年4月5日朝刊
  23. ^ a b 米国同時多発テロ義援金報告
  24. ^ a b 1200本の「花の女王」が咲き誇る シャクナゲパーク オープン!
  25. ^ 経営会社は東武鉄道グループ
  26. ^ 東京人』(都市出版)2009年5月号 特集「世界の建築大集合! 東武ワールドスクウェア」59ページ。
  27. ^ 東武鉄道・TWS、143ページ。
  28. ^ 東武鉄道・TWS、142ページ。
  29. ^ a b 営業日・営業時間(2000年8月現在)(Wayback Machine)
  30. ^ 田中(2004)、18ページ。
  31. ^ 営業日・営業時間(2001年12月現在)(Wayback Machine)
  32. ^ この電車は南栗橋止まりのため東武鬼怒川線へ乗り入れることは無い。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東武ワールドスクウェア」の関連用語

東武ワールドスクウェアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西洋靭草

ザルツブルク

PC-9821RvII26

ニホンコウノトリ

あさかぜ

BMW 6 シリーズ・クーペ

大浅柄山水源の森

搾乳





東武ワールドスクウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東武ワールドスクウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS