朧銀とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 合金 > 朧銀の意味・解説 

おぼろぎん [3] 【朧銀】

ろうぎん(朧銀)
表面梨子地(なしじ)にして,光沢消した銀。

ろう ぎん [0] 【朧銀】


朧銀(おぼろぎん)

江戸時代後期流行した金工作品の素材一種の量が四ないし三に対して銀を約一加えたことにより四分一とも呼ばれ、素材の色が春霞に浮かぶ朧月思わせる独特の銀緑灰色呈すところからこの呼称がある。と銀の正確な混合比率は定まっておらず、銀の量によって色合いが微妙に変化し、金工作品の色金として多く用途が持たれた。最も表面変質し易い素材であるところから取扱には特に注意が必要である。

四分一 (合金)

(朧銀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/19 04:56 UTC 版)

四分一(しぶいち)とは金属工芸で使われてきた日本古来の色金(いろがね)のひとつで合金である。合金における銀の比率が四分の一である事から名付けられた。 煮色仕上げで美しい銀灰色を示すことから朧銀(ろうぎん、おぼろぎん)とも呼ばれる。 朧銀には他に銀の表面に梨地(なしぢ)をつけ光沢を消したものも含まれる[1]。 


  1. ^ kotobankー大辞林 「ろうぎん朧銀」 閲覧2012-9-1
  2. ^ GeoCities 「四分一」 閲覧2012-9-1
  3. ^ 大阪府立産業技術総合研究所 「科学者でない人のための金属のはなし」 閲覧2012-9-1
  4. ^ 金の比率は銀と銅を混ぜた後に1%の割で追加したものである


「四分一 (合金)」の続きの解説一覧





朧銀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「朧銀」の関連用語

朧銀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トラフザメ

技術開発・試験衛星

ケリ

山水図鍔

30000形

妹背

C1266

キハ8500系





朧銀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四分一 (合金) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS