命名の儀とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 命名の儀の意味・解説 

命名の儀

読み方:めいめいのぎ

皇族生まれ7日目に行われる命名の儀式。皇族の名前とお印新生児に授けられる

命名の儀(めいめいのぎ)

誕生した皇族に名前と称号を授ける皇室の儀式

皇族誕生してから7日目に行われる命名の儀式のこと。一般の「お七夜」にあたる。浴湯(よくとう)の儀に引き続き行われ、命名の儀のあと、天皇陛下をはじめ皇族らによる祝宴催される

皇族場合誕生してから命名されるまでの間は「新宮さま」と呼ばれる。命名の儀では、天皇陛下新宮さまの名前と称号宮号とも言う)を決定し、新宮さま両親伝えられる。

今回は、国文学者漢文学者らが選んだいくつかの候補の中から、皇太子さまと雅子さまが命名候補をあらかじめ天皇陛下伝えておくという形を取るようだ。その結果伝統的形式の上に、実質的には皇太子ご夫妻意思お子さまの名前が決められることになる。

戸籍法は、天皇皇族対象としていないそのため一般戸籍簿にあたる「皇統譜」に、名前、生まれ日時および場所などを登録する

国会は、衆議院参議院ともに、天皇皇后両陛下皇太子ご夫妻お祝いの気持ちを表す「賀詞(がし)」を全会一致議決した。命名の儀で、衆議院および参議院議長は、国会を代表して賀詞奉呈する。

(2001.12.07更新


命名の儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/09 15:21 UTC 版)

命名の儀(めいめいのぎ)とは生後7日(お七夜)を迎えた皇族命名する皇室の儀式である。同時に当該皇族にはお印も与えられる。




「命名の儀」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「命名の儀」の関連用語



3
12% |||||

4
12% |||||

5
12% |||||

6
12% |||||

7
12% |||||

8
8% |||||

9
8% |||||

10
8% |||||

命名の儀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

機織り

ヘラシギ

音水水源の森

ピン・オーク

くまで

ニシキエビ

中置棚

Chester A. Arthur





命名の儀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの命名の儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS