会社更生法とは?

かい しゃこうせいほう くわい-かうせいはふ 【会社更生法】

経営が行き詰まったが再建見込みのある株式会社について,債権者株主その他利害関係人利害調整しながら,その事業維持更生を図ることを目的として定められた法律1952年昭和27制定2002年平成14手続き迅速化合理化再建手法強化を軸に全面改正された。 → 民事再生法

会社更生法(かいしゃこうせいほう)

株式会社再建手続き定め法律

経営破たんのおそれのある企業対象に、再建前提にして利害関係者調整を図る手続き定め法律1952年制定された。

この法律目的は、経営が行き詰まっていても再建見込みのある株式会社について、債権者株主などの利害調整しつつ、事業維持更生を図ることだ。そのため、会社更生法の適用を受けた企業は、経営続けながら再建目指す

経営悪化自力では更生できない企業は、裁判所更生手続き開始申し立てる裁判所がその申し立て認めれば、財産保全命令出し破たん企業財産管理する「管財人」を選ぶ。この管財人は、旧経営陣代わり新し経営計画債務返済方法などを定めた「更生計画に従って再建手続きを進めるという手順となる。

会社更生制度は、裁判所監督のもとで、管財人事業継続しながら破たん企業再建目指すことが大きな特徴事業清算目的とする破産特別清算とは異なり破たん企業存続させるものだ。株式会社再建手続きとしては最も一般的な制度になっている

関連キーワード「民事再生法
関連キーワード「更生特例法

(2002.03.04更新


会社更生法(かいしゃこうせいほう)

株式会社破たん処理だ。経営状況が悪くて自力では更生できない場合企業裁判所に会社更生法の適用申請する。裁判所申請受理すると、更生手続きが始まる。

会社更生法は破たん処理の一種だが、これによって企業解散にいたるわけではない。この意味から再建型の破たん処理と言われる企業経営続けながら経営再建目指する。

申請受理されると、裁判所はまず財産保全命令を出す。次に裁判所管財人を選ぶ。この時点経営権は旧経営陣から管財人に移る。管財人関係者とも協議ながら、企業再建計画をたてる。企業再建は、この再建計画もとづいて進められる。

(2000.10.24更新


会社更生法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/02 15:10 UTC 版)

会社更生法(かいしゃこうせいほう)は、経営困難である株式会社について、事業の更生を目的としてなされる更生手続を定めるために制定された日本の倒産法の一つ。最終改正は2006年平成18年3月31日法律第10号)。なお、会社更生法に基づく更生手続のことを、「会社更生手続」と呼ぶことが多い。






「会社更生法」の続きの解説一覧





会社更生法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「会社更生法」の関連用語

会社更生法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デビルスティック

トラギス

橋杭図鐔

ジンチョウゲ

関寺の牛塔

インドアンタエウス

風布川

ハイラックス サーフ





会社更生法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会社更生法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS